【ドラゴンボール超 最終回 / ネタバレ & 感想】奇跡の決着!さらば悟空!また会う日まで!!

「ドラゴンボール超」第131話より。(c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

ウィル
ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

本日3月25日ドラゴンボール超が最終回を終えました。

今回は、最終話「奇跡の決着! さらば悟空! また会う日まで!!」を見た感想と気になる次回作情報をまとめます。





ドラゴール超 最終回の内容

フリーザとの格闘。

17号もエネルギー弾で援護。

ここで、タイトルコール。

悟空登場。

悟空とフリーザのコラボ。

そして、力の闘いは終了。(夢中になって、撮り忘れてた。)

気になる優勝は…

17号!!

イケメンな願いを叶えて、これにて力の闘いはすべて終了。

フリーザ様も帰還。

そして、エンディング。

                          

ネット上の反応

最終回が終了して、ネット上では様々な声が集まっています。

最後の悟空とベジータのポーズがいい

こちらのポージングです。

実はこのポーズ、ベジータが初めて地球に来訪して悟空と対峙した時のポーズと同じなんです。

17号が素敵すぎる

力の大会の優勝者は17号に決まりましたが、その願いが素敵すぎました。

元々、17号が大会で優勝した時に願おうとしていたのは「家族で旅行に出かける」というもの。

「宇宙の存亡をかけた大会の商品が家族旅行!?」というとんでもない設定ではありましたが、結果的に「17号素敵!」な結果に終わりました。

悟空とフリーザの共闘に感動

ラストは悟空とフリーザの共闘でジレンを倒しました。

悟空とフリーザの共闘には感動しますね。

最後に瞬間移動で登場するシーンも、セル編の最後のシーンと被ってなおよかったですね。

テレビシリーズの続編を切望する声

最終回を終えて続編を切望する声が集まっています。

https://twitter.com/hikikomorigoku/status/977704326280826880

気になる次回作は

3月25日の第131話をもって宇宙の命運をかけた「宇宙サバイバル編」が終了した訳ですが、気になる次回作情報はありませんでした。

ただ、映画「ドラゴンボール超」の公開が2018年12月14日(金)に決定しています。

アニメのエンディングも映画スペシャル版のエンディングになっていました。

映画予告編はこちら↓

 

ただ、12月の映画公開後にアニメの続編は放送されるかもしれません。

2017年11月のスペインでのインタビューにて「まだまだ続きます」と話しています。

3月25日をもってアニメ放送は一時終了となるものの、今後の新スト―リー解禁には期待が持てます。

孫悟空役の声を演じる野沢雅子さんも次回作への意欲十分の姿勢を見せています。

最初から最後まで、ずーっと引き付けられて、最後は達成感を感じる、そんな作品になっています。『やった!』『観た!』って思ってもらって、みんなから『また会おうな!』っていう声がもう、聞こえてきているんです」

「いったんちょっとTVアニメはお休みですが、12月には映画もありますし、その余韻が冷めやらぬうちに、またTVが始まることをわたしは希望しています。悟空は変わらず、修行を続けていくと思っているんです。まだまだ『ドラゴンボール』の世界は、ずーっと終わりませんから!」

出典:シネマトゥデイ「ドラゴンボール超」いよいよ最終回!野沢雅子、感無量も次に意欲

 

なお、4月1日からの日曜9時枠は「ゲゲゲの鬼太郎」がスタートします。

孫悟空役の野沢雅子さんが目玉のおやじ役を引き継ぐ形となりました。

ドラゴンボール超の続編は、ゲゲゲの鬼太郎の後に日曜9時に復活するのか、はたまた別の時間帯での放送になるのかは分かりません。

ひとまず映画最新作がどういう内容になるのかに期待したいと思います。

https://twitter.com/8_4_4_/status/977708087384489984

ウィル

【Twitterも、随時更新中】

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@趣味ブロガー