【新卒研修が茶番にしか見えなかった話】新入社員研修の9割がムダだと思う理由


ウィル
ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。
新入社員研修って、つまらないですよね。

会社が高いお金を払って教育してくれているんだと言われても、それだけのお金があるなら僕たちの給料を上げて下さいと思わず言いたくなってしまいます。

アクセンチュアみたいに、新入社員に一律30万円を入社インセンティブとして払ってくれる位の大判振る舞いをしてもらいたい位です。

今回は、新入社員研修の9割がムダである理由をお伝えします。


20代の働き方を学ぶなら、この一冊!

① 頼まれたことは、必ずやりきる
② 50点で構わないから早く出せ
③ つまらない仕事はない

仕事のやり方が変わると、見える世界も変わる。

ライフネット生命保険創業者・岩瀬大輔氏の名著。入社1年目の働き方のヒントがここに。




新入社員研修の9割がムダである理由

【1】現場社員が講義をしない

新入社員研修の9割がムダであるほとんどの理由が、研修を現場社員が担当しないことにあります。

仕事をする上で大切なことは、ケースバイケースで状況に応じた判断をすることです。

職場が違えば仕事をする人も、仕事をする上でのルールも、何もかもが様変わりします。

そんな現場ならではの経験があるのは、実際に現場で仕事をしている社員だけです。

ところが、新卒社員研修では現場経験のまったくない人事の内勤社員が研修を担当します。

現場社員は現場の仕事に忙しいからでしょうが、内勤の社員さんが語ることはそのほとんどが机上の空論です。

理想論としてはいっちょ前かもしれませんが、大体が的外れな理想に過ぎません。

しかも、彼らの司会進行は驚くべきほどにスムーズさに欠けています。

【2】仮想のワークばかりで実務が伴わない

新卒社員研修の内容のほとんどが机上の空論でしかありません。

仮想のワークばかりをするので、現実味がまったくないんですね。

社内メールの書き方や名刺交換、ロジカルシンキング、チームワークなどワーク形式で勉強するのもいいかもしれませんが、研修を受ける当人としてはどうせワークでしょという気持ちになってしまいます。

おまけに、ワークのシチュエーション設定も変にはしょられていたり、細部にまで及んでいなかったりして、途中で困惑してしまうものも多いです。

 

【3】そもそもの目的が会社の都合のよい人材を作るため

多くの新入社員の方々は気付いていないかもしれませんが、会社が新入社員研修と銘打って新卒社員に多額の投資をするのは、なにも私たち1人1人の能力向上のためではありません。

会社は、会社にとって都合のよい労働力を育てるために研修をするのです。

それは、会社への忠誠心であったり、上司に逆らわない従順さであったり、労働条件に疑問を感じない素直さであったり、言われた仕事をただやる実直さであります。

会社にとって都合のよい労働力を手にすることで、会社の上層部が非常に儲かります。

研修では大義名分のようなものが度々出てきますが、これは会社の不条理を正当化するための問答です。

会社は私たち1人1人の能力開発にまったく興味がないのです。

よー分からんフレームワークがたくさん出てくる

考え方のフレームワークとして、5W2Hは有名です。

5W2Hとは
Who(誰が)、What(何を)、When(いつ)、Where(どこで)、Why(どうして)、How(どのように)、How many(どれだけ)の7つの観点を考慮すれば、考え方に抜け漏れがなくなるというフレームワーク。

フレームワークを学ぶことはいいことではありますが、そこが目的になってしまっては本末転倒だなと思います。

以下、よく意味のわからなかったフレームワークです。

How思考

どのようにするかに力点が置かれている思考。

なんでも教えてスタイルの人が陥りがちな思考パターンな気がしますね。

〇〇はどのようにしたらいいですか?

▲▲を実現するためにはどうすればいいですか?

いや、そういう重要なことはちゃんと自分の頭使って考えないとダメじゃないかなぁと思います。

How思考で課題に対する答えを聞いたとしても、それはただ教えてもらっただけの答えでしかないので、同じような壁が立ちはだかった時にまったく同じ苦労をすることになります。

正しい道を示してくれる師がいればいいですが、いなかったら死です。

それに、師の言っていることがいつも正しいとは限りません。自分の問題はやっぱり自分で調べて、自分で試して突破していくしかないような気がします。

 

What思考

何をするかに力点が置かれている思考。

やるべきことが分かっているので、後はやるだけと物事をシンプルに考えることができる。

 

Why思考

自分がやるべきことが分かっている時に、なぜやらなければならないのかを問う思考パターンです。

やらなければならない理由を自問自答することで、やるべきことの方向性が明確になります。

 

言わんとしていることはわかるのですが、あえて時間をさきまくって講義をする意味はよくわかりませんでした。

なぜ高い研修費を払うのか

君たちは、ダメな人間だ

もっと勉強しないとダメ

君たちは会社がなければ生きていけない

こんな感じで、社員を洗脳するためのように見えました。

皆さんも会社からの洗脳にはお気をつけください。

最後に



新卒研修が茶番にしか見えなかった話をお伝えしました。

いかがだったでしょうか。

20代の働き方を学ぶなら、この一冊!

① 頼まれたことは、必ずやりきる
② 50点で構わないから早く出せ
③ つまらない仕事はない

仕事のやり方が変わると、見える世界も変わる。

ライフネット生命保険創業者・岩瀬大輔氏の名著。入社1年目の働き方のヒントがここに。

ウィル

【Twitterも、随時更新中】

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@趣味ブロガー