B’z本人がPleasure 2018 “HINOTORI”のセトリについてファンクラブ会報誌で語った内容とは?


きしん
こんにちは、ウィルときしんのきしんです

私はB’z Partyに所属しています。

B’z PartryはB’zのファンクラブで、その特典として年に4回会報誌の「be with!」が届きます。

(ビーウィズってダジャレか!)

一昨日2018年4月21日に届いた最新号は2018年3月号でvolume117です。

今回は、その中でも今注目の、LIVE-GYM Pleasure 2018 “HINOTORI”のセトリについてインタビューをされている内容があったのでご共有しちゃいます!




Pleasure 2018 “HINOTORI”についてこれまでの考察

HINOTORIについては、このブログでも何度も取り上げていますので、まずこちらを読んで頂けるとありがたいです。

・B’zファンの私が真面目に予想したセトリ予想

B'z HINOTORIのセトリ全日程まとめ LIVE-GYM Pleasure 2018(7月7日 – 9月22日)

2018.02.06

 

・タイトル「HINOTORI」の意味とは?

B'z Pleasure 2018 -HINOTORI- タイトル「ヒノトリ」の意味とは?

2018.04.10

 

・絶対やる曲「Pleasure ~人生の快楽~」について

Pleasure 2018 ~人生の快楽~ B'zで唯一歌う度に歌詞が変わる曲の「HINOTORI版」公開!

2017.10.12

 

会報誌でB’zの2人がPleasureツアーについて語った内容とは

B’zの会報誌では、冒頭にいつも最近あった色々なイベントなどについてのインタビューがあるのですが、今回はLIVE DINOSAURの裏話インタビューから始まり、Pleasureツアーの話に移りました。

原文そのままでどうぞ!

ー”LIVE DINOSAUR”終了と同時に、B’z LIVE-GYM Pleasure 2018開催決定のニュースが発表となります。どういった内容になりそうでしょうか。

松本:Pleasureと言っているくらいだからね。ファンの皆さんの要望を十分に考慮して、セットリストを組みたいと思います。

稲葉:ファンの皆さんがアンケートで曲を書いてくださるじゃないですか。あれはライブで聴きたい曲でしょ?「ずっと聴いてないから聴きたい」という曲もあるだろうし、「”ultra soul”はどうせやるだろうから書かない」みたいなところもあるだろうし(笑)人によっては「絶対”ultra soul”が聴きたい!」という人もいっぱいいるじゃない?でもファンクラブの人だから、「最近聴いていない曲を聴きたい」というのが多いのかな?

ーそういう方も多いと思います。

稲葉:Pleasureとなると、外せない曲もすごくいっぱいあるからね。曲数も多くなるから、セットリストを考えるのもなかなか大変ですね(笑)

出典:「be with」2018年3月号 volume117 B’z Party公式サイト

 

いやあ、ついついここを何度も読み返してしまいましたよね!!

ファンクラブのアンケートが重要!

まず、稲葉さんが触れている「ファンクラブの人のライブで聴きたい曲アンケート」についてですが、それはこちらの記事でご紹介しました!

皆さん、このランキング、超重要ですよ!!

B'zファン投票人気曲アンケート結果 ランキングTOP50

2018.01.25

私も何か投票したランキングです。たしか”光芒”かな?

このランク上位から、数曲やることは間違いないですね。

 

”ultra soul”の扱いには手を焼いてる?

稲葉さんの発言で、”ultra soul”にはすごく気を遣ってるのが分かりますよね。

いつもやってる曲、「またやるの?」と言われる曲、でも盛り上がること間違いなしの曲、そしてB’zのことをあまり知らない人でも楽しめる曲、”ultra soul”はそんな曲なんですよね。

だから結局定番曲で、毎回必ずやるんです。

この発言を見ている限り、やはり”ultra soul”はやりそうですね。

こういった類の曲に”イチブトゼンブ”もあるので、それもやるかと思います。

B'z「ultra soul(ウルトラソウル)」歌詞の意味

2018.04.30

 

外せない曲がいっぱいあるらしい

稲葉さんが最後に「外せない曲もいっぱいあるからね」と語っています。

確かにそうですよね。

詳しくはこちらの記事で書きましたが、例えばこんな曲は必ずやりそうです。

B'z Pleasure 2018 HINOTORIで必ずやりそうな曲
  1. ultra soul
  2. イチブトゼンブ
  3. juice
  4. RUN
  5. Pleasure ~人生の快楽~
  6. Brotherhood

B'z HINOTORIのセトリ全日程まとめ LIVE-GYM Pleasure 2018(7月7日 – 9月22日)

2018.02.06

”ultra soul”と”イチブトゼンブ”については上記で書いたとおりですが、”juice”は曲中で必ずコールアンドレスポンスをやるので、盛り上げるための定番曲になっています。

また、”RUN”、”Pleasure”、”Brotherhood”はファンへの感謝を語った必須の曲です。

セトリがだいたい22~26曲くらいなのですが、これでもう6曲ですから、セトリの25%くらいは占めていることになります。

確かに、この中で松本さんが仰るように「ファンの皆さんの要望を十分に考慮して」セトリ考えるのは大変ですね。

 

LIVE DINOSAURから影響もありそう

すでにアンケートから導入された曲も

LIVE DINOSAURの裏話のところで、興味深い発言があったので引用したいと思います。

ー初期の楽曲である”孤独のRunaway”や”赤い河”は、今回どういった経緯でセットリストに入ったのでしょうか?

松本:これはファンクラブで調査してもらったアンケートのリストの中から、今回の流れに合うものをと思って選びました!

ーイントロが聞こえると客席からも歓声が上がっており、ファンの方々も喜ばれていたと思います。”赤い河”はB’z LIVE-GYM ’94 -The 9th Blues- <PART2>で演奏して以来、23年ぶりということおで、初めてライブで聴いた方も多かったと思います。久しぶりに演奏してみていかがでしたか?

松本:シンプルでいい曲だなと思いましたね。バンドの演奏もすごいシンプルなんです。簡単だけど難しいことを、淡々とやるという感じで。わりと平坦に、盛り上がらずにずっと演奏していくというのが、逆にいいなと思いました。

ー楽曲を聴き直したり、連勝をしたりしているときには、当時のことを思い出されたりしましたか?

松本:”赤い河”といえば、やっぱり -The 9th Blues-ツアーを思い出すよね。長かったしね。

ーイントロの壮大なストリングスの音色と映像がとてもマッチしていましたが、セットリストに組み込んだ時点であのような映像を入れることを考えていたのでしょうか?

松本:イントロが1分半以上あるじゃない?そこをどうしようかなと思っていて、例えば、もう少し短くしてすぐバンドで始まるとかも考えてはいたんだけど、演出の方でも曲に合わせて映像を考えてくれていたので、ああいう形になりました。

出典:「be with」2018年3月号 volume117 B’z Party公式サイト

 

またアンケートの話が出ました!!

B'zファン投票人気曲アンケート結果 ランキングTOP50

2018.01.25

会話中に出てくる”赤い河”はこのランキングで18位、”孤独のRunaway”は14位でした!

必ずしも上位の1~3位などをやるわけではなく、適宜流れに合わせてやっているということですね。

”赤い河”をもう一回やったりしないかな…

“赤い河”収録アルバムはこちらです。

 

 

”Still Alive”の盛り上がりに注目

LIVE DINOSAURで演奏された”Still Alive”についてはこんな話もありました。

ー本編ラストの”Still Alive”の盛り上がりはすごいですね。この曲はいろいろなことが融合されて「とても運のある曲」だと仰っていましたが、今回のライブでも実感されていましたか?

松本:そうだね、最新の曲であれだけ盛り上がって終われるというのはすばらしいよね!稲葉君が先頭切ってやった訳ではないのに、フェスに出た頃から「ハイ!ハイ!」って、みんな自発的にやってくれたじゃないですか?あれがもう”Still Alive”のときの盛り上がり方みたいに既になっているもんね。ああいうのは、すごく嬉しいよね。

出典:「be with」2018年3月号 volume117 B’z Party公式サイト

いやあ、確かにStill Alive、盛り上がりましたね。

これはPleasureツアーでの演奏もありそうです。

 

またアンケート開催!「Pleasureに欠かせないB’zナンバーアンケート」

今回の会報で、またアンケートの予告がされていました。

その名も「Pleasureに欠かせないB’zナンバーアンケート」

内容はこちらです。

・Pleasureツアー開催決定! Pleasureに欠かせないB’zナンバーアンケート

Pleasureツアーとはアルバムツアーとは異なり、これまでのリリースされた楽曲の中からセットリストが構成され、ヒットソングの数々も選曲される、今のB’zの集大成ともいえるツアーです。2013年以来、5年ぶりとなるB’z LVE-GYM  Pleasure 2018の開催が発表され、早くも演奏曲に思いを巡らせている方も多いのではないでしょうか。何が演奏されるのか、あれこれと考えるだけでもワクワクしてきますよね?そこで、B’z PARTY会員限定でアンケートを実施したいと思います。今号のインタビューの中でも触れられていましたが、あえて応募しなくても…ではなく、今回のポイントは”Pleasureに欠かせない”です。
みんなで盛り上がりたい鉄板曲、これを外すわけにはいかない定番曲…など、1位の楽曲を当てるくらいの勢いで(笑)、皆さんにとっての”Pleasureに欠かせないB’zナンバー”をご応募ください。
集計結果は松本さんと稲葉さんに、どーんとお見せしたいと思っています。是非ご協力をお願いします!!

応募期間:2018年4月9日(月)~4月30日(月)正午
ファンクラブサイトにあるバナーからご応募ください。

※お一人様3曲まで応募可能です。
※バージョン表記がある楽曲はオリジナルとしての集計となります。
※未発表曲やカバー曲は集計の対象外となります。

出典:「be with」2018年3月号 volume117 B’z Party公式サイト

 

なななんと、またアンケート(笑)

ユーザーの声に耳を傾けてくれてありがたいものです。

私は”ultra soul”、”Pleasure ~人生の快楽~”、”RUN”と、ど定番中のど定番を投票しました。

これはやるでしょうね。

このアンケート企画はきっと稲葉さんの発言から生まれたんだと思います。

先ほどの”ultra soul”のくだりで、「やってほしい曲」と「やらなきゃ違和感がある曲」は違うという主旨の発言をされていましたもんね。

いやあ、また楽しみです!

→集計結果が発表されました!

B'z アンケート「Pleasureに欠かせないB'zナンバー」集計結果ランキングTOP50

2018.07.12

 

最後になりますが、LIVE-GYMに参加する方はよければこちらもお読みください!

【ヒノトリ用】B'zのライブが初めての初心者向け本人確認など注意事項・楽しみ方

2018.04.02
きしん
よければTwitternoteも見て下さい!