B’zの曲を「知らなくてはいけない順」に並べてみた~初心者向けランキング

こんにちは、B’z Bro.のきしんです。

初心者の方に説明すると、Bro.というのはB’zファンの総称です。

今日はそんな常識も知らない初心者の方を対象に、B’zの曲を有名順、つまりは「知らなくてはいけない順」に並べてみたいと思います。

 

もしB’zのことをよく知らない方でしたら、まずはこちらをお読みください。

改めてB'zは何がすごいのか紹介~初心者にも分かります

2018.01.29

 

”続きを読む”

ランキングの作成にあたって

考慮したのは、売上やライブでの演奏回数、カラオケでのリクエストランキングなどを総合的に考えることです。

まず、売上については、こちらの記事を見てみてください。

B'zの全盛期はいつだったか~シングル売上を業界全体と比較~

2018.02.17

しかし、これには近年のCD売上不況が考慮されていません。

 

ライブでの演奏回数はこちらをご覧ください。

B'z楽曲 ライブ演奏回数ランキング

2018.02.11

しかし、ライブでは盛り上がる曲がメインに組まれやすいですし、最近の曲はランクインしづらくなります。

 

そして、カラオケのリクエストランキングはこちらをご覧ください。

B’zの人気曲ランキング-カラオケ・歌詞検索|JOYSOUND.com

しかし、これには「歌えるか歌えないか」という問題が付いてきます。

B’zの場合には特にこれが重要な問題です。

 

そこで、結局私が総合的に見て、ファン代表としてバランスを取って考えました

文句がある方はコメントかお問い合わせフォームでどうぞ。

 

それでは行きましょう。

 

B’zの「知らなくてはいけない曲ランキング」

1位 ultra soul

1位は文句なしの”ultra soul”で決まりでしょう。

これを知らなかったら、結構ヒトとしてヤバイと思います。

この間、”ultra soul”のことを間違えている人が「ウルトラショックだっけ?」と言っていて唖然としました。

ショックを通り越して心配です。

 

 

2位 イチブトゼンブ

近年の超有名曲といえば文句なしにコレでしょう。

と言っても発売は2009年なので、もう10年前ですね…

信じられない!

ドラマ「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」の主題歌として大ヒットしました。

ちなみに、「ブザービート」という言葉は造語で、「ブザービーター」というバスケの技が元になっています。

ブザービーターとは、試合終了のブザーとともにゴールを決めることです。ドラマチックですね。

 

 

3位 LOVE PHANTOM

いらない!何も!

本当に、この曲を抑えておけば、とりあえずB’zのノリには乗れると思います。

他の曲はいりません!

いまだにB’zのことを紹介するときのBGMによく使われ、昔のヒットを知る人からしたらB’zの曲といえばコレだと思います。

もとは、ライブで稲葉さんが高台から飛び降りる演出のために作られた曲でした。

 

4位 裸足の女神

コレも初期の名曲ですね。

ライブでも定番の曲になっています。

底抜けに明るくて、元気になる曲ですよ!

 

 

5位 いつかのメリークリスマス

”いつかのメリークリスマス”はシングルではないのですが、とても有名な曲です。

もとは”FRIENDS”というコンセプト・アルバムに入っていました。

そのため、公式のYouTube動画もありません。

しかし、定番のクリスマスソングとして、毎年クリスマスには聴く機会がありますね。

 

 

6位 OCEAN

”OCEAN”は海猿の主題歌にもなっていましたが、B’zの壮大なバラードの代表曲と言えます。

B’zのバラードはしっかり盛り上がるからいいですよね。

しんみりしないで、じんわりします。

 

 

7位 愛のバクダン

B’zの歴史の中では中世的な曲でしょう。

「愛のバクダン もっとたくさん」のフレーズを知っている人はかなり多いはずです。

韻を踏んでキャッチーで、バンドの演奏もコピーバンドのために極力シンプルにされているそうです。

そういう耳で聴いてみると、松本さんのギターソロも比較的シンプルですよね。

 

 

8位 太陽のKomachi Angel

これは「歴史を知っておきましょう」的なニュアンスもあるのですが、この”太陽のKomachi Angel”でB’zは初のオリコン1位を獲得しました。

そこから最新シングル”声明/Still Alive”まで49作連続1位を続けています。

えげつない記録の幕開けとなった、歴史的な曲なんですよね。

 

 

9位 今夜月の見える丘に

”今夜月の見える丘に”は、女子から比較的人気があるイメージです。

B’zのバラードですが、激しさもあり、またイントロのギターは何度聴いても飽きない複雑さと美しさを持っています。

女子にコレを歌ってと言われたら張り切っちゃいますね。

 

 

10位 BAD COMMUNICATION

最後は、B’zがヒットするキッカケとなった曲「BAD COMMUNICATION」です。

ゴリゴリのダンスナンバーとして時代に合った曲でしたが、ロックの色も感じられ、B’zを代表する曲です。

近年のライブではロックテイストにアレンジされて演奏されることが多いです。

 

 

いかがでしたか。

どれも超有名曲ばかりで、よくカラオケで

歌ってよ!

と頼まれることもあります。

もし「ここら辺から知らないな…」というのがあったら、是非聴いてみてくださいね。

 

「Bro.」ということばについて補足

ちなみに、冒頭で紹介した”Bro.”という呼び名ですが、”Broherhood”という曲とともに浸透していきました。

つまり、「Brother」は同胞というような意味で、仲間たちということなのですが、稲葉さんからファンへ「ブラザーだろ?」と呼びかけて、ファンもそれに応えたということになりますね。

 

少しでも好きなB’zの曲が増えたら、ファンが増えたら、嬉しい限りです。

 

後日譚:友人からの反響

この記事をB’z  Bro.の皆さんに周知したところ、「ランキングに一言あるぞ!」という人がいて、その人なりのランキングを頂きましたので、こちらでご紹介したいと思います。

ウィル作成

  1. ultra soul
  2. イチブトゼンブ
  3. LOVE PHANTOM
  4. OCEAN
  5. 愛のままにわがままに
  6. ギリギリchop
  7. 衝動
  8. 今夜月の見える丘に
  9. いつかのメリークリスマス
  10. ONE

本人談によると「コナン多め」だそうですが、確かに”ギリギリchop”、”衝動”、”ONE”などはコナンの主題歌になったものですね。

ちなみにコナンの曲が好きな人にはこちらがオススメです。

“ONE”収録

 

“Everlasting”収録

※稲葉さんソロの”Overture”も収録

 

“衝動”収録

 

“Don’t Wanna Lie”収録

 

“Q&A”、”ピルグリム”収録

 

 

ウィルときしん共通の友人作成

  1. ultra soul
  2. イチブトゼンブ
  3. LOVE PHANTOM
  4. いつかのメリークリスマス
  5. OCEAN
  6. 愛のバクダン
  7. 愛のままに わがままに 僕は君だけを傷つけない
  8. 太陽のKomachi Angel
  9. 今夜月の見える丘に
  10. ギリギリchop

本人談によると「Pleasure II多め」だそうです。

ちなみにPleasure IIからの選曲はこちらです。

“ultra soul”, “いつかのメリークリスマス”、”OCEAN”、”愛のバクダン”、”今夜月の見える丘に”、”ギリギリchop”

ちなみに友達から送られてきたときの文章がこんな感じでした。

ウルソ
イチブトゼンブ
ラブファントム
いつめり
オーシャン
愛のバクダン
愛のままに
こまちえんじぇる
今夜月
ギリチョ

もう曲の呼び方からファン感が出てますね。

ちなみにこの彼はこのブログでこんなところにも出てきていますよ。

B'zの思い出エピソードを語る【平成5年生まれ男子がB'zを好きになったきっかけ】

2018.01.29

ミスチルの思い出エピソードを語る【平成5年生まれ男子がミスチルを好きになったきっかけ】

2018.01.28

24歳の女子が彼氏に数日に一回しかLINEしないって普通なのか

2017.12.04

”折りたたむ”



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.