住民票の移し方・注意点《住民票の2週間ルール違反はバレる?》

ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

皆さんは住所変更をしたことがありますか?

住所変更ってあまり頻繁にするものではないので、実際やり方が分からないという人が多いかと思います。

なので今回は、住民票を移す際の流れと注意点についてお伝えします。

”続きを読む”

住民票を移す手順

まず住民票を移す何をする必要があるかと言えば「転出届の提出」と「転入届の提出」の2つです。

転出届とは
現住所から出ますよという届け出のこと。
転入届とは
新しく新住所に移り住みますよという届け出のこと。

順番的には、転出届→転入届です。

それぞれ、元いた市の市民課で転出届を発行した後に、新しく移り住む市の市民課で転入届を受領してもらう必要があります。

住民票移し / 所要時間

それでは、転出届の発行と転入届の受領にはどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

住民票を移すのには、トータルで1時間ほどかかります。以下、その内訳です。

内訳

●転出届の発行
―手続き《10分》
―発行《40分》

●転入届の受領
―手続き《10分》
※転入届は発行はない

住民票移し / 持ち物

次に、転出届の発行と転入届の受領には持ち物として何が必要なのでしょう?

住民票を移すのに必要なのは、免許証のみです。

印鑑やマイナンバー通知カードも必要とHPには書いてありましたが使いませんでした。印鑑はそもそも必要ありません、マイナンバー通知カードは任意の提示にとどまります。

住民票移し / 費用

住民票を移すのに特段、費用はかかりません。

必要書類を記入して本人確認が済めば、その場で無料で転出届を発行してくれますし、転入届を提出する際にも手数料などは一切かかりません。

転出届提出の流れ

ここからは、転出届の発行の流れを説明していきます。(転入届受領の流れは後述。)

転出届発行の流れ

1. 必要書類を記入

2. 受け取り札をもらって待機

3. 窓口で本人確認

4. 呼び出し札をもらって待機

5. 受取カウンターにて転出届を受け取る

1つ1つ順をおって見ていきましょう。

必要書類を記入

転出届の発行してもらうためには、住民票異動届を提出する必要があります。

上記の紙に、氏名・生年月日などの基本情報と旧住所 / 新住所、届け出日 / 異動日を記入します。

受け取り札をもらって待機

記入が済んだら、受け取り札が発行され、窓口に案内されるまで少々待ちます。

待っているのは、土曜日の午前中であれば5分~10分ほどです。平日だともう少し混雑しているかもしれません。

窓口で本人確認

本人確認といっても、免許証を出すだけです。免許証番号を控えてもらって、おしまいです。

呼び出し札をもらって待機

転出届が発行されるのを待ちます。30分~60分と言われましたが、待ったのは40分程度でした。

受取カウンターにて転出届を受け取る

最後に、発行された転出届を受け取っておしまいです。転出届は無料なので助かります。

住民票は発行するだけで1枚300円もかかりますから。引っ越しをする度に小さな出費を繰り返すということにはならなそうです。

転入届提出の流れ

ここからは、転出届受領までの流れを説明します。転入届の提出は、転出届の提出に比べて圧倒的に楽です。

転出届受領までの流れ

1.必要書類を記入

2.窓口にて本人確認

必要書類を記入

新住所の市民課でも、転出届の発行の時と同じように住民異動届を記入します。

ここでも上記の紙に、氏名・生年月日などの基本情報と旧住所 / 新住所、届け出日 / 異動日を記入します。

窓口にて本人確認

ここもやることは同じで、免許証を提出して本人確認を済ませるのみです。

転入届の受領時には転入届の時みたく発行するものがないので、本人確認が済ませて住民異動届を受け取ってもらえればおしまいです。

特に、変更完了通知のような書面もありません。

転居後2週間後に提出したらバレる?

ここが気になっている人は多いのではないでしょうか?

実は、住民票の移動の手続きは住民基本台帳法という法律により、転入から14日以内に済ませることと定められています。

正当な理由がなくて(以下略…)の規定による届出をしない者は、五万円以下の過料に処する。

住民基本台帳法第五二条2項

これに違反した場合には、最大5万円以内の過料(行政罰)を受ける可能性があります。

過料とは
行政罰の1つで、簡単に言えば道路交通法違反の罰金のようなものです。

ここに引っかかっている人は多いのではないでしょうか。

ただ、心配は無用です。

実際、転入から14日以内に済ませなかったからと言って必ずしも罰則を受ける訳ではありません。

実際には窓口で注意を受けるだけで、そんなに心配しなくても大丈夫です。

実際の転入日は置いておいて、書面上の転入日を書類提出当日で書くように指示されるくらいです。

また転入日を逐一確認されることもないので、転入日は好きに設定して大丈夫ですよ。

最後に

住民票を移す流れ(転出届・転入届)についてお伝えしました。

新しい住居に移り住んでまだ住民票の異動を済ませてない方は、これを機会に異動を済ませてみてください。

”折りたたむ”