音痴を直す8つの方法~カラオケしながら歌が上手くなる~

こんにちは、大のカラオケ好きのきしんです。

歌がうまくなりたくてもわざわざ声楽とかボイトレに通うのはちょっと…っていう方はたくさんいますよね?

そんな方に、カラオケオタクの私が、カラオケで楽しみながら歌が上達する方法を伝授します。

”続きを読む”

①待ち合わせには走って行け!

走って身体を温めることで声が出やすくなります!

お風呂でいい声が出るのと同じです。

 

②立って歌え!

カラオケといえどうまく歌うには腹式呼吸が不可欠です。

腹式呼吸はお腹から声を出す呼吸法で胸式呼吸と対比されます。

腹式呼吸のほうがより無理なく安定した音程を太く出せるのですが、そのためにお腹の筋肉を使えることが大事なので、恥ずかしがらず立って歌いましょう。

 

③鼻で息を吸え!

腹式呼吸は鼻で吸うとやりやすいです。

鼻で空気を吸ってお腹の下のほうに空気を溜めましょう。

 

④ガイドメロディーを聞け!

ガイドメロディは、音程の正解です。

それを聴きながら高さを合わせるようにして歌うと、音のズレが分かります。

よくあるのが音程の勘違いで、CDを聞いて間違った音程を正しいと思い込んでしまうことなのですが、これもガイドメロディを聞けば正せます。

よく聞こえなかったらガイドメロディの音量を上げたり、ガイドボーカルにしたりしましょう。

 

⑤ダムなら「見えるガイドメロディー」を使え!

精密採点の時に音程のバーが表示されますが、ダムの最新機種なら採点なしであれを表示できます。

img_07

採点は時間もかかるし、きちんと聞いているかよく分からないコメントもされますし、点数が低いと凹むので、なしでいいと思います。

 

⑥音程を自分に合わせろ!

男性にありがちなのが、自分に合っていない高いキーで歌って、音程が取れていないパターンです。

気持ちよく歌いたいだけだったり、頑張れば出なくないくらいのキーだったらいじらなくていいと思いますが、

苦しかったら躊躇なく下げましょう。

しっかり聞かせる歌い方ができますし、歌い方に変な癖も付きづらいです。

 

これは高えなってときは、だいたいキーを3つくらい下げれば歌えると思います。

この人は特に高いなっていう人の曲だったら、キーを5個くらい下げちゃいましょう。

実は、JOYSOUNDには3曲以上歌えば自分の音程から最適なキーを選んでくれる「マイキー」という機能があります。これは是非駆使しましょう。

o0800060013415901322

ちなみに曲のキーを把握するには、このサイトがオススメです。

http://www.music-key.com/

 

⑦録音しろ!

これはちょっと抵抗感があるかもしれませんが、うまくなるには録音して、それを聞いて復習するのが一番です。

自分で聞くと自分の理想との違いが顕著にわかっていいです。

録音はスマホの録音アプリで構いません。

 

⑧繰り返せ!

なんだかんだ、繰り返し歌って練習するのが一番効果的です。

私も昔はX JAPANの『Rusty Nail』が最後まで出ませんでしたが、ずっと歌っていたら出るようになりました。

みなさんも歌いまくって是非うまくなってくださいね!

音程が安定しない3つの原因~音痴の原因を理解して治そう

2017.08.02

”折りたたむ”

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA