【ミスチル innocent world / 歌詞の意味を考察】名曲中の名曲、ミスチル随一の応援ソング


ウィル
ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

innocent worldは、ミスチルが1994年6月1日に発売した5枚目シングル曲です。

この曲でミスチルで初のオリコン週間チャート1位を獲得し、200万枚の大ヒットを記録しました。いわば、ミスチルの大ヒットのきっかけとなった曲です。

そしてライブでは、ファンのみんなとの大合唱が定番となっている曲でもあり、ミスチル随一の応援歌ですね。

今回は、そんな「innocennt world」の歌詞の意味を考察していきます。






元々は、シンプルなラブソングになるはずの歌だった?

黄昏の街を背に 抱き合えたあの頃が胸をかすめる

軽はずみな言葉が時に人を傷つけた そして君は居ないよ

この曲ができた当時、ミスチルは4枚目のシングル「CROSSROAD」がヒットし、次の曲はミスチルらしいラブソングにしようと決めていました。innocent worldの仮タイトルは「innocent blue」で話が進んでいました。

しかし、ここでミスチルのプロデューサー兼元キーボード担当・小林武史さんが「いまのミスチル桜井にしか歌えない曲を」と一声を上げたことによって、歌詞が変わりタイトルも「innocent world」に改められました。

夢を追いかける男の歌

窓にうつる哀れな自分(おとこ)が 愛しくもあるこの頃では

Ah 僕は僕のままで ゆずれぬ夢を抱えて

どこまでも歩き続けて行くよ いいだろう?

Mr. myself

そのため、この曲では「君」という昔の恋人を連想させる人物が出てきてラブソングとしての要素をはらんでいるものの、夢を追いかける男の歌になっています。

窓にうつる哀れな自分を見つめているところを見ると、まだ夢は叶っていないようですが、その胸にはたしかに熱い思いを抱えています。

一方「このままこの道を歩き続けていいのか?」という不安も同時に抱えていて「いいだろう?」と自分に語りかけることによって決意をたしかめているようにも聴こえます。

もう後戻りはできない、険しい道を歩く

いつの日もこの胸に流れてるメロディー

軽やかに緩やかに心を伝うよ

陽のあたる坂道を昇るその前に

また何処かで会えるといいな イノセントワールド

「innocent world」とは直訳すると「無垢な世界、純粋な世界」という意味です。

“また” どこかで会えるといいなと思っているということは、過去自分がいた世界であります。ここでは「無邪気だった若いころの自分自身」ということでしょうか。

若いころは自分の夢にまっすぐで、後先考えずにつき進むことができていたけど、いまは中々できないという現状を憂いつつ、またそんな自分に戻れたらなと希望も捨てずがんばっている主人公のようです。

「いつの日もこの胸に流れてるメロディー」とは、若いころ聴いていた曲のことでしょう。懐かしのメロディーを聴いては、あの頃のガムシャラさを思い出しているシーンが頭に浮かびます。

主人公は、自分を取り戻したい

近頃じゃ夕食の話題でさえ 仕事に 汚染(よご)されていて

様々な角度から 物事を見ていたら 自分を見失ってた

ここでは、日常の話題が仕事の話で汚染されていると嘆いています。

仕事の話ばかりしている自分を見て「自分を見失っている」と評価しています。

つまり、仕事に生活の大部分の時間を取られているけど、本当にしたいことは仕事ではないということを言っています。

君 = 過去の恋人じゃない

入り組んでる関係の中で いつも帳尻合わせるけど

Ah 君は君のままで 静かな暮らしの中で

時には風に身を任せるのもいいじゃない

Oh Miss yourself

ここでAメロで出てきた「君」が再登場します。

しかし、ここでは「君 =過去の恋人ではない」ということがわかってきます。

もしかしたら「君 = もう一人の自分」ではないでしょうか。

「夢を追いかける自分」と「目の前を一生懸命がんばる自分」が頭の中で、交互に会話をしているのではないでしょうか。

忘れてた笑顔を取り戻した主人公

物憂げな6月の雨に打たれて

愛に満ちた季節を想って歌うよ

知らぬ間に忘れてた笑顔など見せて

虹の彼方へ放つのさ 揺れる思いを

また「あの懐かしのメロディ」を思い出しているようです。(というか、歌っている。)

なにか嫌なことがあったのでしょうか。「物憂げな6月の雨」とは、嫌なことを表すたとえのことでしょう。

しかし、あの頃のメロディを歌って、当時の決意を思い出しているようです。

音楽の力って、偉大ですよね。明るい曲をきけば明るい気分になりますし、ノスタルジックな曲をきけば過去の思い出すことができます。

彼は、昔よく聴いていた応援ソングを聴いて熱い気持ちを思い出しているんでしょうね。

決意、ここに固まる

変わり続ける 街の片隅で 夢の破片(かけら)が生まれてくる

Oh 今にも

そして僕はこのままで 微かな光を胸に

明日も進んで行くつもりだよ いいだろう?

Mr. myself

ここでも、もう一人の自分が登場します。

自分をとりまく環境、周囲の人間関係、時代は変われど、夢を追いかける自分は「微かな光(希望)」を胸に抱いて進んでいく。

誰から否定されようと、それを止めることはない。それでも、いいでしょ?

そういう自問自答をしているということでしょうね。決意は固まったようです。

ミスチル自身のことを歌っているようにも聴こえる

いつの日もこの胸に流れてるメロディー

切なくて優しくて 心が痛いよ

陽のあたる坂道を昇るその前に

また何処かで会えるといいな

その時は笑って 虹の彼方へ放つのさ イノセントワールド

果てしなく続く イノセントワールド

そして、ラスサビです。

ここまで聴いてきて、

誰にでも想い出の一曲はある。そして、叶いたい夢もある。

嫌なことがあった時は、昔よく聴いたその曲を聴いて初心を思い出して、また歩き出せばいい。

というストーリーが、イメージできたかと思います。

と同時に「そんなアーティストに僕たちはなりたい」というような桜井さんからのメッセージも見え隠れしているような気分になります。

 

いつの日も多くの人の心の中に流れてるメロディを奏でられるようなバンドになりたい。

ふとした瞬間に、口ずさまれるような曲を作りたい。

そんな桜井さん自身の決意も含まれているのかなと。

 

こればっかりは桜井さん本人に聞いてみないことには分からないことですが。

桜井さんがいつも言ってる「いい意味で、歌詞の意味は勘違いしてもらって構わない。その方が作り手としても面白いから。」という狙い通りだとしたら、完敗です。

最後に




innocennt worldの歌詞の意味を考察しました。

いかがだったでしょうか。

他にも「こんな解釈もできるんじゃない?」という意見があれば、この下のコメント欄でお待ちしております。

【ミスチル Your Song / 歌詞の意味を考察】重力と呼吸1曲目の感動曲

2018.10.02

【ミスチル SINGLES / 歌詞の意味を考察】ハゲタカ主題歌で話題の楽曲

2018.10.02

 

ウィル

【Twitterも、随時更新中】

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@趣味ブロガー

私のミスチル自己紹介

年齢:25歳(1993年生まれ)

ミスチルファン歴:8年(高校2年~)

好きな曲:くるみ、youthful days、Starting Over、足音

参加したライブ:POS SAUROUS、未完

ミスチルを好きになったきっかけ:高校時代の同じ部活の友達がよく聴いていたから

好きなアルバム:SUPER MARKET FANTASY

始めて買ったアルバム:I LOVE YOU

カラオケでよく歌うミスチル曲:擬態、youthful days、World Ends

【ミスチル好き男子になったきっかけ】Mr.Childrenに出会い、大ファンになるまでの思い出エピソードを語る

2018.01.28

他にも「こんな解釈もできるんじゃない?」という意見があれば、この下のコメント欄でお待ちしております。



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください