くるり おすすめ曲ランキングTOP12~狂気と平穏の音楽


きしん
こんにちは、ウィルときしんのきしんです

最近今さらながら「くるり」のすごさに気づき、とてもハマっています。

今回はおすすめ曲をランキング形式でお伝えしたいと思います。




Liverty&Gravity

これを聴いてくるりは天才だと思いました。

「既存のものを組み合わせて掛け算や足し算にする」のではなく、「まったく新しいものが立ち現れる」というのを実践している楽曲です。

一言で言えばカオス。

だけど盛り上がりが半端じゃないです。

 

ハイウェイ

「僕がたびに出る理由はだいたい100個くらいあって」というとても気になるフレーズから始まる曲です。

日常のモヤモヤのようなものをうまく表現シているように感じます。

 

赤い電車

赤い電車とは京急線のことです。

あの特徴的な電子音をサンプリングして制作されたキャッチーな曲です。

 

魔法のじゅうたん

耳障りのよいくるりらしい美しいメロディーの曲です。

 

2034

インスト曲ですが、不思議と引き込まれていくものがあります。

 

BABY I LOVE YOU

くるり至極のラブソングです。

シンプルに「I LOVEYOU」を伝える曲になっています。

 

ハローグッバイ

くるりのカオスの部分を感じる曲です。

 

東京

くるり伝説のデビューシングルです。

ロックの中に穏やかさと狂気を両立させるというくるりのスタンスが表現されています。

地方出身の方は特に必聴。

 

ワールズエンド・スーパーノヴァ

クールに始まり、曲の後半で爆発的なエモさを発揮し、またクールに戻るくるりらしい曲です。

 

ロックンロール

シンプルな8ビートの中に音楽性や感情、思想、手法、技術が詰め込まれている名曲です。

 

ばらの花

美しく切ないメロディーでメロディーメーカーとしての岸田さんの才能を感じる曲です。

 

琥珀色の街、上海蟹の朝

ベタな歌もののヒップホップなのですが、くるりの代表曲となりました。

くるりだからこのクオリティなんですよね。

 

 

いかがでしたでしょうか。

くるりは全曲Apple Musicで聴くことができます!

月額980円で聴き放題で、しかも今は3ヶ月無料キャンペーン実施中です。

ぜひ試してみてくださいね。

 

きしん
よければTwitternoteも見て下さい!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください