TOEFLは難しいがTOEFLを活かすのはもっと難しい

こんにちは、社畜脱出中のきしんです。

TOEFLスコア88で留学できたのか

実は私は実際に留学できませんでした。

TOEFLを受けるのが遅く、留学の審査をする面接の時点でまだTOEFLのスコアが59しかなかったのです。

もちろん「勉強中でスコアはこれから絶対に上げる」と言いましたが、口先だけのことばなんで誰も信じてくれませんよね…

私が88点の試験を受けたのは面接の前でしたが、

実際にスコアを受け取ったのは面接に落ちた後でした。

敗因は分かっています。

恥ずかしながら私はTORFLに盲目的になるあまり、留学先の選定や、実際に希望していたマレーシアでどのような授業を受けたいかの調べが甘かったのです。

要するに留学後のビジョンがありませんでした。

考えてみれば、留学を志したきっかけもライバルへの挑戦であり、留学が手段化していました。

”続きを読む”

留学だけが「貴重な体験」ではない

その後、私は自分が本当にやりたいことは何か今一度考えて、学生時代に2年間のインターンをすることになりました。

インターンでは英語教材の企画と、データ解析を行いました。

ファストフードや塾講師のアルバイトとは違うビジネス初経験はとても楽しかったです。

この記事を呼んでくださっている方は、きっと留学を目指していて、

TOEFLのスコアが欲しくて読んでいるんだと思います。

しかしもう一度俯瞰した目で自身を見つめ直してください。

留学って本当にしたいんですか?

なぜですか?

英語力?

海外経験?

学生のうちにしかできないこと?

それって本当に留学が最適なソリューションですか?

留学に行くのも人生、私のように他のことに時間を費やすのも人生、どちらもアリだと思いますが、

大切なのは留学が唯一の解決策ではないということです。

万一TOEFLのスコアを取れなくても、留学に行けなくても決して落ちこぼれではないので、

新しい道を見つけることに未来を見出してくださいね。

 

【TOEFL iBT 勉強法・対策】初心者が1ヶ月で59点→88点に上げた秘密を大公開!

2017.08.08

”折りたたむ”



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA