「おんな城主 直虎」史実からネタバレ&最終回予想

こんにちは、戦国好きのきしんです。

小学生時代は戦国無双にハマったタイプで、『おんな城主 直虎』楽しく観ています。

しかし、やはり先が気になってしまう…ということで、最新第34回「隠し港の龍雲丸」以降のネタバレと最終回予想をしたいと思います。

”続きを読む”

井伊家の今後

まずそもそもの前提知識レベルですが、井伊家はその後徳川家に定着し、いま「虎松」と呼ばれている跡取り少年が井伊直政となり、直政は徳川四天王として徳川家を支えていきます。

そこまでの経緯は何だったのか、ということなのですが、

まず井伊は徳川のもとで、政次を売ったことにより復興します。

しかし、その後武田が徳川を裏切り、徳川を攻め始め、三方原の戦いなどで井伊は井伊谷城(いいのやじょう)を再び奪われてしまいます。

またしかし、武田信玄の死によって逆に武田の力は弱まり、井伊は3度井伊谷を手にすることができるのです。

その後は直虎の活躍は特にはありません。

(そもそも大河ドラマのように直虎が活躍していたかも怪しいですが…)

そこから直政(虎松)の活躍に井伊の表舞台はシフトしていきます。

直政の活躍

直政はその後高天神城の戦いで家康の寝所に忍び込んだ武田の忍者を討ち取ったり、

徳川が武田を併合した後に武田家の赤い甲冑を引き継いで「井伊の赤備え」を擁したり、

小牧・長久手の戦いで武功を上げたり、大活躍します。

また政治でも現在の群馬県高崎市の反映の礎を築いたり、

秀康の死後黒田長政らを徳川方に調略したりしました。

その後関ヶ原で敵中突破を図った島津義弘の甥・島津豊久を討ち取ったり、

本当に戦国武将並みの目立ち方だったようです。

また、戦国好きには嬉しい面もあり、

関ヶ原の後、真田信之が裏切らないと読み、真田昌幸・幸村の助命に尽力したりして、なかなかイカしたやつだったようです。

 

小野但馬守政次は結局味方なの?

実は政次が悪者なのか井伊の味方なのかは政治学者の中でも決着がついていません。

それをうまくドラマ化したようですが、基本的には奸臣(悪巧みをする家来)との説が有力なようです。

実際どうなんでしょうね。

とても気になるところです。

最終回はどうなる?

私の考えだと、今34話で大河ドラマはだいたい50話くらいまでなので、

もうほぼ残りの時間がありません。

この短時間で直政の活躍まで描くのは難しいでしょう。

おそらく井伊が3度井伊谷を手にするところまでで物語は基本的に終わり、

後日譚として直政の活躍が少し描かれるんだろうと思います。

いずれにしても、あのちびっ子がどれだけ活躍するか楽しみですね!

こうなる↓らしいですから!

”折りたたむ”



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA