キンコン西野がCIOに就任するも3日で退任したボラブルアジアについて

ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

当分の間は、バイト終わって家帰ったらダンベルと戯れる時間を少しでもいいから作る毎日を過ごしていこうと思います。

マックスメモリーというものもあるらしいので、それが呼び起こされてくれたらいいなと思います。

 

 

さて、最近はVALU騒動でヒカル・ラファエル・いっくんのYoutube が炎上して、NextStageが解散したことで話題筆頭ですが、実はその裏でいまは懐かしのキングコングの西野さんがエボラブルアジアのCIOに就任するも、3日で退任するという事態が起きていました。

今回は、その事件の詳細を追っていこうと思います。

といっても、今の僕には1つの事件の流れを詳細に説明していく文章力はないので、細かいことは割愛させていただきます。

要するになにが起きたのかと言うと、

 

 

CIOが何なのかも分からない西野さんが、東証一部上場企業からCIOにならないかと打診され快諾するも、監査役の人とネット上でケンカをして

結局オファーをキャンセルした。

ということみたいですね。

 

そのケンカというのがオフラインではなく、全てTwitter上で完結したというのもなんともいえないですねえ。

詳しく知りたい人はコチラのページに詳しいことが書いてあります。

http://blogos.com/article/245307/

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨