【邦画 / コメディ映画:おすすめ20選】爆笑必至、何度見ても笑える20作品を紹介を紹介



ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

今回は、おすすめのコメディ映画17選をお伝えします。

嫌なことがあった、笑ってストレスを吹っ飛ばしたいという方におすすめです。





【1】奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(年)

2018年版おすすめのコメディ映画つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:妻夫木聡、水原希子、新井浩文、安藤サクラ、リリー・フランキー、松尾スズキ

主題歌:

監督:

奥田民生とは

ロックバンド・ユニコーンのボーカル。

大迷惑、働く男、すばらしい日々など数々のヒット曲を世に送り出しバンドブームの寵児。

奥田民生を崇拝する33歳、コーロキ

おしゃれライフスタイル雑誌編集部に異動になったコーロキは、慣れない高度な会話に四苦八苦しながらも次第におしゃれピープルに馴染み奥田民生みたいな編集者になると決意する!

そんな時、仕事で出会ったファッションプレスの美女天海あかりにひとめぼれ。

その出会いがコーロキにとって地獄の始まりとなるのだった…。

あかりに釣り合う男になろうと仕事に力を入れ、嫌われないようにデートにも
必死になるが常に空回り。

あかりの自由奔放な言動にいつも振り回され、いつしか身も心もズタボロに…。

コーロキはいつになったら奥田民生みたいな「力まないカッコいい大人」になれるのか!?

そしてもがく先にあかりとの未来はあるのか!?

 

簡単に言うと、定期的に来る “男が女に振り回される系映画” の部類に入る映画でした。

ただ、その振り回され方がすごいということでした。

終始、妻夫木聡が水原希子の気まぐれに付き合わされるという映画でした。

で、率直な感想なのですが、めちゃくちゃ面白かったです!まさかこんなに面白いとは思っていなかった。

(というか、妻夫木が主演というのも知らない状態でチケット買った。)

もともと映画を観ることになったのも、アクシデントにより暇になったということだったので、

普段だったら進んでみないであろうB級映画を観るつもりでチョイスしていました。そのチョイスをしてよかったと思いました。

水原希子がとにかく可愛かったのと、気まぐれ女子具合が最高によかった。

元々僕は水原希子は嫌いだったんだけど、この映画を観て好きになりました。

たびたび出てくるベロチューシーンのアップもエロじゃなくて、ジャグすぎて面白かった。

 

【2】変態仮面

2018年版おすすめのコメディ映画つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

ドMの刑事とドSの女王様の間に生まれた、正義感の強い紅優高校拳法部員の色丞狂介(しきじょうきょうすけ)。転校生の姫野愛子に恋をした狂介はある日、銀行強盗の人質になった愛子ちゃんを救うために現場に潜入し変装をしようとするが、マスクと間違えて女性用パンティを被ってしまう。その瞬間、経験した事のないエクスタシーを感じた狂介の中で、眠っていた両親から引き継いだ血が目覚め、潜在能力が100%覚醒した“変態仮面”に変身し、超人的な力で悪を倒す。

 

【3】テルマエ・ロマエ

古代ローマと現代日本の“風呂”をめぐる冒険を描いたファンタジックコメディ。古代ローマ帝国の浴場設計技師が現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまい…。

 

【4】トリック

2018年版おすすめのコメディ映画つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

【5】俺物語!!

2018年版おすすめのコメディ映画つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

【6】謝罪の王様

2018年版おすすめのコメディ映画6つ目は、年公開の「謝罪の王様」です。

概要

公開:

キャスト:阿部サダヲ、井上真央、松尾諭、中野英雄、岡田将生、六角精児、高橋克実、竹野内豊

監督:

架空の職業「謝罪師」を生業とする男・黒島譲(くろしま ゆずる)が、様々な事件を謝罪のテクニックを駆使して解決していく姿を描く。ついには土下座を超える究極の謝罪「土下座の向こう側」を見つけ出す

(Wikipediaより抜粋)

法律問題や政治の問題、国際問題をすべて「交渉」ではなく「謝罪」で解決するという話です。どんな相手の怒りも「謝罪」一筋で鎮めようと阿部サダヲが奮闘する映画。

なんといっても阿部サダヲの演技が面白いです。「きっと阿部サダヲがやってなかったらこんなに面白くはなってなかっただろうなあ」と思います。

また、監督を務めたのが『舞妓Haaaan!!!』『なくもんか』を務めた水田伸生なのがいい。阿部サダヲのよさが出ているというか、阿部サダヲがやりたいように演技できているような気がします。

 

【7】僕たちと駐在さんの700日戦争

2018年版おすすめのコメディ映画つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 イタズラが大好きな“ママチャリ”率いる高校生7人組と、彼らの悪巧みに真っ向から対抗しようとする“駐在さん”の攻防をコミカルに描く。

 

【8】サバイバルファミリー

2018年版おすすめのミステリー・サスペンス映画つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

 

【9】舞妓Haaaan!!

2018年版おすすめのミステリー・サスペンス映画つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

 

【10】デトロイトメタルシティ

2018年版おすすめのミステリー・サスペンス映画つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

 

【11】脳内ポイズンベリー

2018年版おすすめのミステリー・サスペンス映画つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

 

【12】おっぱいバレー

2018年版おすすめのミステリー・サスペンス映画つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

 

【13】ミックス

2018年版おすすめのミステリー・サスペンス映画13つ目は、年公開の「ミックス。」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

めちゃめちゃ面白いし、かつ止まらなくなる。思うに、撮影のために特別お金をかけてる訳でも、劇的な展開が待っている訳でもないんですけど、気付いたら時が過ぎてます。

最初から安定してずっと面白いんですね。観ている人を飽きさせない安定した面白さがあるんですね。あっぱれでした。

【14】ステキな金縛り

2018年版おすすめのコメディ映画14つ目は、年公開の「ステキな金縛り」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

 

【15】女子ーズ

2018年版おすすめのコメディ映画つ目は、年公開の「女子ーズ」です。

概要

公開:

キャスト:桐谷美玲、藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月、佐藤二朗

主題歌:E-girls-ASAP

監督:

選ばれし5人の女たちが揃ったとき、最強の戦隊が誕生する…が、恋に仕事に、美容にヤボ用と、なにかと多忙な女子たちはなかなか揃わない。不条理かつ理解を超えた存在=“女子”を描きつつ、特撮ヒーローのお約束を踏まえた女子の戦隊ヒーロー物!果たして、女子たちは次々と現れる怪人たちを倒し、片手間で世界の平和を守れるのか?!

猿ロックや変態仮面で知られる福田雄一監督による2014年公開の映画です。

まじめキャラは損をする世の中だなあ

5人の女子ーズの中で桐谷美玲演じるレッドがリーダーな訳ですが、このレッド「まじめな性格」で尽く損をしています。

他のカラーが「バイトだから戦いに行けない」だとか「まつエクやりたいから戦いに行けない」とか言ってる中、レッドは会社の重要なプロジェクトでプレゼンターを任されどうしても行けなかった時にすごい大バッシングを受けました。

これを見て僕が思ったのは「まじめキャラって損だなあ。

まじめなキャラの人はまじめな行動をするに違いないと勝手に思われてしまうもんなあ。」ということ。

他のカラーの人たちは自分はさんざんサボっておきながら、いざ「まじめな」レッドが来られないときがあると散々に責め立てるという始末。

「まじめでいいね」と言われるのはいいことかもしれませんが、その内「まじめであること」が当たり前になってしまうのはまじめキャラが損するポイントだなあと思いました。

自分のやっていることの価値が上がっても他の人の価値は落ちない

ただ、同じくレッドがよくない部分もあります。

レッドは自分の仕事のスケールと他のカラーの休んだ理由を天秤にかけてしまうのです。

「正社員とバイトは違う」だとか「まつエクが許されるならこのプロジェクトは許される」といった考え方をします。

ただ、それは大きな間違いで「自分にとってたいしたことでないことが他の人にとって大事なことはある」ということです。

そこは「あなたも1回休んだのだから、私が1回休んでも文句は言えないでしょう?」ならいい訳です。

自分の価値を上げるために他人の価値を下げてはいけないなあと思います。

替えが利くか利かないかじゃなくて自分がやりたいことがある

映画ではグリーンの元に行ったときに「森の木Bを全力でやりたいからいけない」というのに「いらなくね?」の他カラーの女子ーズという構図がありました。

②と近いことですが、大事なことは「替えが利くか利かないか」とはなくて「自分がやりたいかやりたくないか」だと思いました。

「~さんのやっていることは替わりがいそうだから、抜けていいよ」なんて言われたらショックですよね。

それに「いまの時点」では替えがいたとしても「将来ずっと」替えがいるとは限らないですよね?

そこで抜けてしまうことが「替えがたい存在になる可能性」をつぶしてしまうことになりかねないなあと思いました。

 

【16】風俗行ったら人生変わったwww 

2018年版おすすめのコメディ映画つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

 

【17】TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ

2018年版おすすめのコメディ映画つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

 

【18】帝一の國(年)

 

2018年版おすすめのコメディ映画つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

 

【19】銀魂(2017年)

 

2018年版おすすめのコメディ映画つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

 

【20】グッドモーニングショー

 

2018年版おすすめのコメディ映画20つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

朝のワイドショー「グッドモーニングショー」のメインキャスター澄田真吾(中井貴一)はある日、勝手に付き合っていると思い込むアシスタントの小川圭子(長澤まさみ)から生放送中に自分たちが交際している事実を打ち明けようと言われる。その上プロデューサーの石山聡(時任三郎)から番組の打ち切りを宣告されるなど、散々な展開に落ちこむ。さらに突然起こった立てこもり事件の犯人(濱田岳)からの要求で、澄田が現場で犯人と交渉する羽目になり……。

(Yahoo映画より抜粋)

感想を端的に申し上げますと……

 

 

 

 

濱田岳、やっぱり好き。

安定の中井貴一。

長澤まさみ、なんか老けたな。

 

 

でした。

 

まとめると、すごく面白かったです。

濱田岳さんが立てこもり犯役だったのがよかったですねえ

私が濱田岳さんを初めて見たのは中学2年生の頃になるんですけど、その頃 “プロポーズ大作戦” というドラマがすごく流行っていました。

 

プロポーズ大作戦で山Pの親友でお調子者のおちびちゃん役をしていたのが、濱田岳さんでした。(長澤まさみともここで共演している。)

私たち世代(93年生まれ)にとっては、プロポーズ大作戦は革命的に面白かったドラマで、お昼の再放送でも “オレンジデイズ” をしのぐ勢いで何度も見ていたドラマです。

 

この映画を観ている最中は、ずっとプロポーズ大作戦のことを思い出しつつ楽しんでいました。

 

最近は金ちゃん役として auのCMで引っ張りだこの濱田岳さんですが、ドラマで見かけたことはあまりなかったので。(あっても、登場シーンは少ない。)

 

金ちゃん役でもそうですが、濱田岳さんの良さはあの “子供っぽさ” にあると思います。本映画でも、自分勝手で精神年齢が低い引きこもり犯役にピッタリの演技をしていました。

 

コメディ映画にぴったりの俳優さんだと思います。

 

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨