会社でむかつくパターン



こんにちは、会社員のきしんです。

会社に勤めてれば、嫌でもそこの人とは付き合わなければなりません。

今回はなぜむかついてしまうのかパターン別に考えてみたいと思います。

 




独り言がうるさい

独り言は自分に話してるのか分からず、反応すべきか毎回考えてしまいますよね。

その判断を迫る行為にイライラしてしまいます。

私がコミュニケーションに対して神経質すぎるんですかね?

 

すぐ怒る

怒る人は厄介ですよね。

剣幕がすごいので、こちらはひるんで理屈では効かなくなってしまいます。

あと、怒られるというのはやはり恥ずかしいものです。

私が理屈っぽかったり、プライドが高いから、イライラするんでしょうか。

 

一々小言を言う

その言葉遣いはよくないとか、小さなミスがなぜ起こったのか問い詰めてきたり、何かと揚げ足をとる人っていますよね。

塵も積もれば山となるというのも分かりますが、気にしすぎて大きなところに目が行かなくなってしまう、という結果を生むと思います。

伸び伸びやりたいじゃないですか。

私が大雑把なのか、相手と自分が、何を大切にするかという価値観が違うからむかつくのでしょうね。

小言を言う人って格好悪いなぁと私は思うのですが、どうですか?

 

夢がない

地味にイライラするのがこれですね。

仕事にやる気がないからミスが多かったり、お客さんを満足させることを最優先にしない人

その人は深堀りすると、要するに仕事が心の底ではどうでもいいから、責任を持って最高のアウトプットを出そうとしないんだと思います。

やりたくない仕事なら、辞めれば?

って叫びたい相手が何人もいます。
そういう私も最近あまりやる気がないのですが…

 

井戸端会議が長い

女性だと特にそうですが、もともと話したかったトピックが終わっても、ダラダラ類似の話題や派生した話題を続けている人が多いです。

結果的に、そこから発見があったり、仲良くなったり、ラフな情報共有の場としていいと思うのですが、

それでも井戸端会議を見ると単純にうるさいのと時間を無駄にしている感じがして、むかついてしまいます。

 

経営方針がずれているように感じる経営陣

色々施策を打ち出すのですが、それが会社としてやるべきことと何だかずれているような気がするんです。

うまく言語化できないのですが、優先度のズレが一番ですね。

そこに労力をかけるの?と疑問に思うようなことを相談ではなく命令として言うんです。

実際には相談の体ですが、こちらが反論すると必ず反論しかえしてくるので、相談ではありません。

 

また、私はそんな愚痴を言いつつ結局経営陣の言いなりになっている人にも嫌気が指します。

私もまだペーペーなのでそうなりがちなのですが、意見は素直に言えるようにありたいです。

まあ経営陣に文句があるなら、早く会社辞めろって話なんですけどね…

またこの結論に…

 

 

 

ひとつずつは決して怒るようなことではないんですが、何度も同じことが起こると段々嫌気が指してきますね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください