人事担当が言う「絶対に面接に受かる方法」



こんにちは、転職活動中のきしんです。

昨晩、大手企業で人事のグループリーダーをしている先輩と飲む機会があり、

そこでなるほどと思う話がありました。

それはズバリ




絶対に面接に受かる方法

いやあ、コレだけ言うと怪しいですね(笑)

でも要は簡単なことで、

企業理念の素晴らしさだけを必死に語る

ということでした。

なんだか薄っぺらい方法に見えていませんか?

しかし、これにはきちんとした理由があって、

もちろん企業理念の話を重点的にして、自分なりの解釈や、理念に使われている言葉の掘り下げをし、話します。

ただ、それだけではなくて、その話の前後の肉付けが必要なのです。



 

具体的には下記のような流れになります。

  1. 自分がこれまでしてきたことを学生時代や社会人時代について理由も含め語る
  2. なぜ今(直前)の会社を辞めたいか語る
  3. 転職をしたら漠然と何をしたいか語る
  4. 上記3が企業理念と結びついていることを語る
  5. 会社の事業に沿ったやりたいことを語る
  6. ゆくゆくはその会社でやってみたいという体で、本当にやりたい具体的なことを語る

こう見てみるとありきたりのことかもしれませんが、要するに話す内容はこの鉄板ネタしかないということです。

実際に話の内容を組み立ててみると、意外と難しいので、是非転職中の方は上記の流れを考えてみて下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください