リナックスアカデミー通い始めて2回目 CSSとは何かを学んできた

こんにちは、プログラミングスクールに通っているきしんです。

リナックスアカデミーというところにJavaをメインに学びに行っておりまして、

前回は入門としてHTMLを学び、今日は第2回の入門ということでCSSを学んできました。

前回第1回のことはこちらのブログ記事に、他の教室と比べた内容はこちらのnote記事に書いています。

ちなみに教室はこういうところです!

「リナックスアカデミー」の画像検索結果




CSSとは

「css」の画像検索結果

まず、そもそものCSSは何かというのを説明すると、Webページをつくる言語のうち構造を決めるHTMLを補佐する形で「見た目」を飾る言語です。

CSSはCascading Style Sheetの略で、直訳すると「流れ落ちる形式シート」とでもいうのでしょうか。

cascadeの「流れ落ちる」というのが意味不明だと思いますが、CSSのうまい使い方がわかると、この意味がよく分かります。

簡単に説明すると、CSSのHTMLへの適用方法は3通りあって、一部にしか効かないやりかた、中間、全体に効くやりかたとなります。

そして、内容が3通りのやりかたそれぞれで矛盾したときには、一部しか効かないやり方が最も優先されます。

順番としては、優先度が低いものから適用し、高いもので上書きしていくので、色をどんどん上書きして、フォントサイズも上書きして、という流れが滝のようだということで「Cascading」というらしいです。

分かりましたか?(笑)

スタイル指定が段階的に引き継がれて文書に適用される

こんな画像がありましたが、上流が全体に効く方法、下流が一部に効く方法ということですね。

先週のHTMLの回と比べての感想

先週はほぼ初めてのプログラミングということで内容も目新しいものばかりだったのですが、今週は慣れもあり、また、いつもネットアンケート画面作成でCSSを使っていたというのが判明し、内容が簡単に感じられました。

そのため、ちょっと眠くなってしまったのですが、先生の講義ペースより早くどんどんテキストのコーディング例を試していき、それを始めてからは充実しました。

先生の話を聞いていない瞬間もあったりしてそれは失礼だとは思いましたが、

まあ9:30-15:30と長丁場なので、飽きずに集中し続けることが大事ですからね。

ちなみに先週は不慣れな部分も多く、「コーディングしてみてね」と言われて後は勝手にやるというのではなく、楽してコーディングする方法やミスを減らす方法などもちょくちょく挟んでくれていたので、ペースを合わせてやったことは正解でしたね。

 

次回予告

来週はついにJavaScriptです!

HTML,CSSよりボリュームが多く、予習してきてほしいと言われました!

がんばります!!

 

私もプログラミングをやってみようかな、という方にはリナックスアカデミーの無料個別カウンセリングを受けてみることをオススメします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください