ベトナム観光名所『ハロン湾クルーズ』~おいしい魚介を食べながら闘鶏岩を目指す~

ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

今回は、ベトナム旅行にオススメのハロン湾クルーズについて。

ホロン湾とは?

ベトナム北部クアンニン省に位置し、43400ヘクタールにわたる広大なエリアに石灰岩からなる大小1600もの島々が浮かぶ神秘的な湾です。

1994年にユネスコの世界遺産にも登録されています。

ハロンの意味

ハは『降りる』、ロンは『龍』で、ハロンはで『龍が降りる』という意味です。

 

この名前になったのには古い伝説が由来となっていて、

時代をさかのぼること元寇の時代、ベトナムは中国からの度重なる侵略に悩まされていた。

そんな時、この地に龍の親子が舞い降りて火炎放射で敵を打ち破り、さらには宝玉が多数の奇岩となって海面に突き刺さり、敵の侵入を防いだ。

 

という逸話があったそうです。

 

そんな訳で、ハロン湾クルーズに向かいたいと思います。

ハロン湾クルーズの様子

港はこんな感じで、たくさんの船が停まっています。

その内の一隻に乗り込みます。

船の上では、美味しい海の幸が食べられます。

 

特に海老やカニはその場で捌いてもらえるので、その様子を見るのも面白い。

このカニさんが、

食べやすい大きさにカットされて、出してもらえます。

 

 

また、船の上ではベトナム人のおっちゃんが海の幸を販売していて、購入すると新鮮な海の幸をその場で料理してもらうことができます。

 

 

そんなこんなで美味しいシーフード料理を食べていると、

闘鶏岩が見えてきます。

 

闘鶏岩とはハロン湾に浮かぶ1600もの奇岩の内の1つで、そのシルエットが『2羽の闘鶏が向き合って尾羽を広げて威嚇し合っているような姿に見える』ということから名づけられた岩です。

この左右に浮かぶ岩がそれぞれ闘鶏に見えるらしい。

 

 

遠ざかるとこんな感じ。

 

さっきの角度がよかったみたいですね。

 

・・・・

 

 

船の上では、真珠のネックネスや貝殻などのお土産も買うことができます。購入する人は多くないと思われますが、眺めているだけでも楽しいです。

 

そんな感じのハロン湾クルーズでした。

船での観光は穏やかな時間が流れていて好きでした。

 

ちなみに、ベトナム旅行のお土産には染物がオススメです。

 

関連記事

韓国版銭湯『チンチルバン』がおすすめな理由~韓国旅行には欠かせない~

【悲報】青の洞窟にはめったなことでは入れません

Twitterページも随時更新中

いいねと思ったら、Twitterページのフォローをお願いします。

→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨