【ドコモケータイ節約術】利用料が高いと感じたら今すぐやるべき5つのこと



ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

2年か3年に一度、携帯の機種変ってしますよね?

欲しかった最新機種が販売した。

使っていた携帯が壊れた、画面がバキバキに割れた。

なんとなく新しい携帯にしてみたくなった。

理由は様々かと思います。

ただ、携帯の機種変の際に注意しておいた方がいいこともあります。

私はずっと携帯のキャリアはdocomoなのですが、先日 XperiaZ3 から XperiaX に機種変更してきました。

その際、注意した方がいいなと思ったことがあったのでここで共有させていただきます。





docomo携帯 / 機種変更の注意点

docomo携帯 / 機種変更の注意点は、以下になります。

docomo携帯 / 機種変更の注意点

●メロディコールなど不要な機能は外す

●ギガ数は、20GBプランに増やすべき

●通話プランは、ライトプランで十分

●dポイントに登録する

●キャリアの更新月を必ず確認

●保護フィルム、携帯ケース、充電器の予算も忘れずに

それでは1つずつ順番に見ていきましょう。

メロディコールなど不要な機能は外す

docomo携帯には、実は色々なおまけ機能があります。

docomo携帯 おまけ機能

●留守番電話

●メロディコール

●料金明細発送サービス

例えば、メロディコールがその最たるもので、呼出音を変更するだけで月々数百円のお金がかかります。

年でいったら数千円。1回飲みに出かけることができます。

しかも、メロディコールを設定することに特出したメリットはありません。メロディを設定せずとも、通常の呼出音に不平不満を唱える人もごくまれでしょう。

購入の際に何げなく設定されてしまっている場合もあるので、少しチェックしてみて下さい。

ギガ数は、20GBプランに増やすべき

私はずっとdocomoユーザなのですが、携帯料金を自分で払うようになって5ギガプランと20ギガプランの価格差に驚きました。

docomo携帯 データプラン

【1】データMパック
5000円(5ギガ / 月)

【2】ウルトラデータデータLパック
6000円(20ギガ / 月)

3】ウルトラデータLLパック
:8000円(30ギガ / 月)

5ギガと20ギガでは、料金はたったの1000円しか変わらないんです。

意外に気付いていない人も多いですが、docomo携帯は固定の基本料金が高いだけで利用ギガ数を増やしても合計料金はさして変わらないのです。

なお、基本料金は変更不可なので20ギガプランに入っておくことを強くオススメします。

そうすることで、データ制限に恐れることなく携帯を利用することができます。

5ギガだと通信量を気にする必要がありますし、気を付けていても超えてしまう場合があります。月の途中からデータ通信制限を食らうのは、ストレス以外のなにものでもありません。

20ギガなら朝夜の電車の中で動画を見ても、ツイ廃になっても、アプリを頻繁にインストールしてもデータ制限になることはありません。

通話プランはライトプランで十分

docomo携帯には、3つの通話プランがあります。

docomo携帯 通話プラン

【1】カケホーダイプラン
 2700円 / 月
:国内通話が24時間無料

【2】カケホーダイライトプラン
 1700円 / 月
:5分以内の通話が無料

【3】シンプルプラン
 980円 / 月
:家族内通話のみ無料、それ以外の通話は20円 / 30秒

通話プランでついつい選んでしまうのが、カケホーダイライトプランです。

候補が3つあるので、真ん中のプランを選んでしまうのも無理ないような気がしますが、これキャリア側の作戦ですよ!

実際、そんなに通話はしないと思います。よくよく考えてみると、一切通話をしない週もあると思います。場合によってはまったく通話しない月も。

いまの時代、私用の携帯で電話するのなんてめったになくないですか?

あったとしても銀行からの連絡くらい。あるいは、LINEを持っていない祖父母の家に連絡を入れる時くらいです。

LINEユーザ同士ならLINE通話で済んでしまいます。しない通話のために毎月余分に払い続ける必要はありませんよ。

シンプルプランに変更するだけで720円の節約になります。節約した分でらーめんが1杯食べれますね。

dポイントに登録する

docomoユーザの方は、積極的にdポイントに加入しましょう。すごくオススメです。

特に、LAWSONとマックでの買い物の際に使えるので気付かない間にポイントはたくさん貯まっていきます。

それに、この先dポイントはTポイントに匹敵するほど成長していくものと思われます。登録しない訳にはいきません。

キャリアの更新月を必ず確認

機種変の際には、ついでにキャリア(docomo)契約の更新月を確認しておくことをおすすめします。

理由はシンプルで、格安simに乗り換えるためです。いまの時代3大キャリアで携帯を使い続けていると必要以上にお金を払わなくてはいけません。

 

そんなことはないだろう。

って?

格安simの値段を知っていますか?

 

利用料金比較

●docomo:7000円

●softbank:6200円

●au:7000円

—―――――――――――――

●BIGLOBE(格安sim):2250円

●Ymobile(格安sim):2980円

●楽天モバイル(格安sim):2450円

●OCN(格安sim):2650円

参考:マンションくらし研究所

大手3大キャリアでは月々7000円~1万円ほど携帯料金を払うのは普通です。

しかし、格安simに乗り換えればこの料金は2000円~3000円におさえることができます。月々4000円~5000円の節約。

スマホ代を安く抑える方法~大手キャリア・格安SIMも比較~

2017.09.15



おすすめの格安sim

では、どこの格安simがおすすめでしょうか。

家電量販店に訪ねてみると大抵 UQ mobileYmobile をおすすめされるかと思います。

たしかに、UQ mobileであればauユーザ、Ymobileであればsoftbankユーザであれば非常にお得です。

UQは元々auの新規事業ですし、auの回線を使っています。Ymobileは元々softbankの新規事業で、softbankの回線を使っています。

スマホ代を安く抑える方法~大手キャリア・格安SIMも比較~

2017.09.15

ただ、docomoユーザには若干割高なんですよね。

具体的には、乗り換えの時にかかる手数料を免除してもらえませんし、simを入れるために別途手数料(simロック解除、3000円程度)もかかります。

あれだけCMを打って知名度はすごいですが、そこで思考停止してはいけません。

では、どこのsimを使うべきか?

私のおすすめはDMM mobileです。

DMM.comで有名なDMMが運営するsimです。

最大の強みは、docomo回線を使っていること。そのため、simロックを解除する必要もなく必要以上にお金がかかるなんてことにはなりません。

さらに、事業を拡大していきたいからなのか契約時に5000円分のAmazonギフト券がもらえます。

現金のキャッシュバックではなく、Amazonギフト券というあたりがIT企業っぽいですね。

また、DMM mobileの料金はおそろしいほどに安いのが最大の強みです。

DMM mobile 料金表

通話対応SIMプラン

1GB:1140円

2GB:1380円

3GB:1500円

5GB:1910円

7GB:2560円

8GB:2680円

――――――――

10GB:2890円

15GB:3980円

20GB:4680円

15GBつかって月々3980円は魅力的です。docomoの20GBプランと比較すると月々5000円ほど節約になりますよ。

保護フィルム、携帯ケース、充電機の予算も忘れずに

機種変更の際に必ず必要になってくるのが、保護フィルムケース充電機です。

機種が変わると、画面の大きさや本体の厚みも変わるので、これを機に買い換えることになります。

また機種変更によって充電機を買い換える必要があることもあります。

それぞれ見ていきましょう。

衝撃吸収フィルム

Xperiaの場合、通常サイズとコンパクトサイズの保護フィルムを間違えると大惨事です。ご注意を。

スマフォケース

私は、RASTA BANANAのスマフォケースを買いました。こちらもスマフォの大きさを間違えないように注意が必要です。

変換アダプタ

Xperiaの場合『XperiaX』と『以前の機種』では充電用のプラグの形が異なります。

なので、Z3 Compact から X Compact に機種変更した私は、新しい充電コードを購入するか、変換プラグを購入する必要がありました。

新しく充電コードを購入すると1000円~2000円はかかります。それに引き換え、変換プラグは500円以内におさまります。

機能的にもまったく変わらないので、変換プラグを購入することをおすすめします。



最後に

以上、今回は携帯を新しく買う際のポイントについてお伝えしました。

docomo携帯を機種変更する際の手助けになれていたら幸いです。

ちなみに、auユーザにおすすめの格安SIMも見ておきたい方はこちらの記事もどうぞ。

スマホ代を安く抑える方法~大手キャリア・格安SIMも比較~

2017.09.15

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨