「それやるならもっと給料ください」という言葉を聞いて考えさせられた

こんにちは、会社員きしんです。




ケース①英訳するならお金をください

うちの会社には雑用全般や時間がかかる単純作業をお願いするアルバイトの方が4名常駐してくださっています。

そのうちの一人がアメリカへの1年間の学部留学経験があって、英語ができる方がいます。

その方に、この間調査に使うアンケート項目の英訳をお願いしようとしました。

すると、こう言われました。

英訳するんなら、もうちょっとお金くれないと、割に合わないかなって思います。

英訳のレベルもプロではないから、保証できないのに、そういう仕事をしたくありません。

以前別の会社でも同様にお願いされましたが、同じ説明をして、結局別の口で翻訳できる方を探していました。

どう思いますか?

正直私はカチンときてしまいました。

自分でもやろうと思えばできるレベルの英訳を、時間がかかるからアルバイトの方にお願いしたまでです。

そこにプラスαの見返りを求めるなんて、失礼じゃないですか?

ちなみにアルバイトの方の時給は1,000円です。

私は英語のスキルが大したわけではありません。もちろん1年の留学経験がある方には劣ります。

しかし、それで余計に給料を取ろうとはあまり現実的には考えたことがありませんでした。

どちらかと言うと、自分の英語力でも頼ってくれるのが嬉しく、あまり英語に触れる機会がないので、楽しんでそういう仕事をしていました。

ただし、反論として自分を安売りしてはいけないというのはあると思います。

しかし、それはかなりのレベルがある人の話ではないですか?

この話を聞いた先輩社員は、「英語に自信がないから逃げたんだろう」と言っていました。

私はそのアルバイトの方の英語力は信頼しているので、そうは思いません。

しかし、そのように思われてしまう発言なんです。

 

ケース②責任持たせるならお金をください

ケース①がずっと頭に引っかかっていた矢先、昨日また「それやるなら…」のセリフを聞きました。

今月からうちの会社に定量調査の集計などを専門的に行うチームが発足したのですが、

そのチームはクライアントとのやり取りなどをしない代わりに、集計の品質に責任を持たされる役割になります。

そのチームに入った一人がこう言ったのです。

うちのチームに集計とかの責任だけ押し付けて、この給料はおかしいでしょ。

責任取らせるならお金をくださいよ。

これはあくまで愚痴でしたが、また「お金厨」が現れたなと思いました。

正直、大した仕事してないくせに、何ご立派なこと言っちゃってんの?

と思いました。

決まりきったフレーム、スケジュールに則ってやっているだけという側面が強いのに、いっちょ前に給料ばっかり求めてさ。

リサーチ会社って戦略コンサルなんかに比べたら随分やる範囲は狭いんですが、

更にその中で定量調査のアンケート画面作成とか集計だけをやってるなんて、

正直かなり産業の末端みたいなことやってると思いますよ。

それで、別に平均的な給料もらえてる癖に、何がお金くれだよ、と。

 

そんなんでお金払えるほど経営は甘くないと言ってやりたくなったのを必死に堪えました。

責任ばっかり取らされるって言っても、大したことじゃないし。

 

あなたはどう思いますか?

私は起業や独立を目指しているのもあって、「チャンスに飛びつく」「大きい仕事をできるようになったから給料がついてくる」という考え方を持っています。

それに対して「決められた範囲のこと以外面倒だからやりたくない」「お金がもらえるんなら仕事の幅を広げてもいい」という考えがあると思うのですが、消極的に見えてしまいます。

 

世間的には後者が普通なのでしょうか。

モヤモヤした日でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA