ライブアレンジで化ける!ミスチルの名曲選~蘇生します


きしん
こんにちは、ウィルときしんのきしんです

先日、会社の先輩に仕事中ポロッと言われました。

ミスチルのDrawingのライブいいよね。ライブアレンジで良くなるミスチルの曲って他にないの?

はい、お題ありがとうございます。

とても書き甲斐のあるテーマですね。

 

その先輩にご紹介したものも含め、私が思う秀逸アレンジの曲をどんどんご紹介していきます。




横断歩道を渡る人たち

Apple Musicで聴いてみる

これもピアノのしんみりしたアレンジから、最後はメチャクチャ盛り上げていきます。

確実に原曲のアレンジよりいいと思います。

こちらの模様はこのDVDに収録されています。

 

しるし

Apple Musicで聴いてみる

これもしんみりしたピアノからの定番アレンジですが、このライブは歌のアレンジも魂がこもっていてオススメです。

大サビが特にいい!

こちらの模様は”横断歩道を渡る人たち”と同じこのDVDに収録されています。

 

Hallelujah~and I love you

「Hallelujah」をApple Musicで聴いてみる

 

「and I love you」をApple Musicで聴いてみる

「and I love you」という曲はもともと「Hallelujah」のコードを利用して、歌詞もHallelujahのメッセージをよりシンプルにして作ったものだそうです。

こちらに収録されています。

 

名もなき詩

Apple Musicで聴いてみる

以前の記事でもご紹介しましたが、マイナーなアレンジが珍しいです。

この歌い方をしたらかなりの通でしょう。

これはTV出演の際の映像なので、DVDなど見当たらないようです。

 

Everything (It’s you)

Apple Musicで聴いてみる

しんみり始まり、壮大に終わるライブアレンジの定番なのですが、歌い方もメロディもそのときどきで変えていて、桜井さんってやっぱりホンモノの天才だと思わせるアレンジです。

こちらの模様はこのDVDに収録されています。

 

終わりなき旅

Apple Musicで聴いてみる

最近定番化しているエレキからの盛り上げ、大サビ前もエレキ一本というパターンです。

やっぱコレがいいですね。

こちらはap bank fes 06に収録されています。

 

空風の帰り道

Apple Musicで聴いてみる

これは大サビ前に転調するのが最高です。

これを原曲にしたらいいのにと何度思ったことか…

 

フェイク

フェイクのシングルバージョンには、一度曲が終わった後、30秒くらいしてから隠しトラックがあるのをご存知でしょうか。

隠しトラックはインスト曲なのですが、実はこれをフェイク本体と組み合わせると、別アレンジのフェイクにできるのです。

それを披露したのがap bank ’08でした。

貴重な映像はこちらから確認できますよ。

 

Drawing

Apple Musicで聴いてみる

アコギ一本からバンドアレンジに行く王道の展開です。

“Drawing”はこのアコギからのアレンジがライブでは多く、いつか生で聴けないか、とても楽しみです。

こちらの映像はこのDVDに収録されています。

 

and I love you

Apple Musicで聴いてみる

KANさんのピアノアレンジがよく、歌のアレンジもよく、また歌詞を追加したりしてゴージャスです。

KANさんの甲冑も豪華です。

この曲も先ほどの”Drawing”と同じくこちらに収録されています。

 

to U

「to U」は桜井さんとコバタケによるBank Bandの曲ですが、ミスチルのHOMEツアーで披露されたことがありました。

そのときはSalyuがいなかったので、1番は全て観客が歌い、2番は桜井さん、大サビは桜井さんが1オクターブ上で歌うという特別バージョンでした。

このアレンジで桜井さんのすごさを改めて認識すること間違いなしです。

 

 

 

いかがでしたか。

いいアレンジの動画を見つけたら教えてくださいね!

きしん
よければTwitternoteも見て下さい!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください