ライブアレンジで化ける!ミスチルの名曲選~蘇生します

こんにちは、チルオタのきしんです。

先日、会社の先輩に仕事中ポロッと言われました。

ミスチルのDrawingのライブいいよね。ライブアレンジで良くなるミスチルの曲って他にないの?

はい、お題ありがとうございます。

とても書き甲斐のあるテーマですね。

 

その先輩にご紹介したものも含め、私が思う秀逸アレンジの曲をどんどんご紹介していきます。

”続きを読む”

Drawing

アコギ一本からバンドアレンジに行く王道の展開です。

“Drawing”はこのアコギからのアレンジがライブでは多く、いつか生で聴けないか、とても楽しみです。

 

こちらの映像はこのDVDに収録されています。

 

横断歩道を渡る人たち

これもピアノのしんみりしたアレンジから、最後はメチャクチャ盛り上げていきます。

確実に原曲のアレンジよりいいと思います。

こちらの模様はこのDVDに収録されています。

 

 

and I love you with KAN

KANさんのピアノアレンジがよく、歌のアレンジもよく、また歌詞を追加したりしてゴージャスです。

KANさんの甲冑も豪華です。

 

この曲も先ほどの”Drawing”と同じくこちらに収録されています。

 

 

Hallelujah~and I love you

初代、ミスチルの名アレンジと言えばコレという印象があります。

「and I love you」という曲はもともと「Hallelujah」のコードを利用して、歌詞もHallelujahのメッセージをよりシンプルにして作ったものだそうです。

こちらに収録されています。

 

 

しるし

これもしんみりしたピアノからの定番アレンジですが、このライブは歌のアレンジも魂がこもっていてオススメです。

大サビが特にいい!

こちらの模様は”横断歩道を渡る人たち”と同じこのDVDに収録されています。

 

 

名もなき詩

以前の記事でもご紹介しましたが、マイナーなアレンジが珍しいです。

この歌い方をしたらかなりの通でしょう。

これはTV出演の際の映像なので、DVDなど見当たらないようです。

 

Everything (It’s you)

しんみり始まり、壮大に終わるライブアレンジの定番なのですが、歌い方もメロディもそのときどきで変えていて、桜井さんってやっぱりホンモノの天才だと思わせるアレンジです。

こちらの模様はこのDVDに収録されています。

 

 

終わりなき旅

最近定番化しているエレキからの盛り上げ、大サビ前もエレキ一本というパターンです。

やっぱコレがいいですね。

こちらはap bank fes 06のときの模様ですね。

 

 

空風の帰り道

これは大サビ前に転調するのが最高です。

これを原曲にしたらいいのにと何度思ったことか…

 

いかがでしたか。

いいアレンジの動画を見つけたら教えてくださいね!

”折りたたむ”



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA