東京で乗り回せる!レンタサイクルのススメ

こんにちは、レンタサイクル好きのきしんです。

よく観光地で借りられるところがありますが、東京にも実はたくさんのレンタサイクルスポットがあります。

つい先日の2017年10月に渋谷区、品川区が解禁され、ついに東京で7区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、渋谷区)の利用が可能になりました。

このエリア内ならば、どこで借りても好きなポートに返せるので、利便性は高まるばかりですね。

ポートの細かいマップをみると、こんな感じになっていて、もはや多すぎて1つ1つの場所がわからないくらいです。

ちなみにこちらのリンクからGoogleMapと連携して見られますよ!

 

そして、ご説明が遅れましたが、下の写真の赤い自転車が実際に乗り回せるもので、電動アシスト付き自転車となります。

「東京 コミュニティサイクル バッテリー」の画像検索結果

都内も坂が結構急なところがあったりするので、とてもラクですよ。

また、30分150円で延長も30分150円で安上がりです。

便利!携帯片手にらくらくレンタル!100円の安心料金

私は昨日、港区(赤いエリア)の一番北から南くらいの距離を乗ったのですが、それでも46分で300円でした。

 

使用時の注意点

使うときは、ネットで会員登録をして、クレジットカードを登録し、

後は自転車の番号を指定してロックを解除すれば乗れるのですが、

注意が必要なのが、バッテリー残存量です。

「東京 コミュニティサイクル バッテリー」の画像検索結果

1つ1つの自転車でかなり違って、今日私が新宿区のポートで探していた中でも、最大80%、最低0%の残存量でした。

ただ、先程も説明した港区の一番北から南くらいならば20%程度のバッテリーで行けるので、40%くらい残っていれば、心象は悪いものの、OKです。

 

東京の方は、是非使ってみてください。

もちろん観光にもオススメです!

今日私が46分間乗っていただけでも、3人くらい、同じ赤い自転車とすれ違ったので、かなり利用は進んできていると思います。

 

皆でたくさん使えば、それだけポートも自転車も増えて、バッテリーも頻繁に充電されるようになるはずなので、どんどん使っていきましょう!

 

ちなみに、月額会員やワンデーパスもあるようなので、用途に合わせて使い分けるといいですね。

個人向けプラン



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA