【時間がないと感じたら…】多忙な毎日でも自分の時間を作るための5つのヒント



ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

新しく始めたことを継続するのって難しいですよね。

いざ一念発起して新しく始めたことも少し時間が経つとたちまち投げ出してしまうことってよくありますよね。

あれはなんでなのでしょうか。

がんばろう、がんばろうと思っているのに続かない…

実は、人間に働くある法則が関係しているようです。

それが、パーキンソンの法則です。

時間ってたくさんあるようで少ないですよね?

油断しているとすぐ過ぎ去ってしまうし、油断してなくても足りないなあと思うのが時間です。そこで、今回は時間がない時に時間を作る方法についてお伝えします。





パーキンソンの法則とは?

簡単に言えば、人は時間をあるだけ使ってしまうという法則です。

 

 パーキンソンの法則には、2つの法則があります。

【第1法則】 仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

【第2法則】 支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

 

時間はあるだけ使ってしまうし、お金はあるだけ使ってしまうという法則です。

これをやるべきタスクや生活するためのお金に置き換えると、1時間で終えることを前提にすれば1時間で完了することもできるが2時間かけていいと考えてしまうと完了までに2時間を使ってしまう。

1日2000円の支出で抑えようとすればできるが、5000円使ってもいいやと思うと結局使ってしまうというものです。

人は自分で設けた基準の中で動くという点が僕の考えるアンダー理論そのものです。

なにも意識せずに暮らすとただ時間は流れていくだけだが、最低限クリアしなければならない条件を複数持つことで、同じ時間の中でも目標を実現できるというものです。

ポイントは、条件は定量的に計測できるものであることです。

アンダー条件をクリアできたかが分からない状態だと、前に進めなくなります。

最近は、Youtubeの動画投稿と筋トレを毎日1回やるというのがアンダー条件に加わりました。

多数の名著でも継続力の必要性は説かれている

ハーバードの人生を変える授業においても、習慣化という形で継続力の重要性は繰り返し説かれています。

 

【人間に働く慣性の法則とは?】継続力をつける、簡単に投げ出さないために必要な考え方を紹介

2018.05.20

私のパーキンソンの法則

●Youtubeの動画投稿を続ける(毎日1回できるのが当たり前までいけるように頑張りたい)

●筋トレを続ける(同上)

●週40時間以上働く(Youtube・ブログにあてる時間を増やすため、50時間→40時間に変更)

●毎日1件のブログ投稿を絶やさない(おかげさまで4カ月目)

●毎日私簿を書き、お金を管理する

●稼いでいるお金以上のお金を使わない(消費<収入)

●バイトには朝9時半に出社する(9時に出社できる時間の電車に乗って、9時半には確実に出社できているようにする)

●朝ごはんを毎日食べる(最近サボりがちだからまずい)

 

筋トレとYoutubeはなかなか実現できてない日もありますが、できて当たり前の状態までもっていけるように頑張ります。

時間がない時の時間の作り方

夜更かしして時間を作る

最も代表的かつ即効的な方法かと思います。

夜は静かですし体も落ち着いているので、夜更かしをすることで作業は劇的に捗るかと思いますし、夜は長いので作業が終わるまで続けることができます。

次の日の朝早くに予定がないのであれば、この方法で危機的状況を打開できる可能性は大です。

朝早く起きて時間を作る

夜更かししてもどうも無理そうな時は思い切ってそこで寝て、次の日の朝にかけてみるのも悪くありません。

夜遅くの作業は気持ちが落ち着いて黙々と進めることができますが、朝早くの作業もまた睡眠によって頭がスッキリしているので1日で最も作業効率がいい時間帯かもしれません。

作業量が多くなく、アイデアが必要な作業がある場合にはこちらの方法が有効でしょう。

 

隙間時間を有効活用する

通勤通学する最中のスマフォをただいじくるだけの時間、休み時間のご飯を食べ終わった最後の10分、寝る前のボーっとしている時間、お手洗いに行っている時間、1日の中には実は多くの小さな隙間時間が存在します。

その時間を小さな休憩だと考えてしまうのと、小さな作業時間だと考えるのとでは長いスパンで考えた時にできる作業量はまったく異なります。

塵積もの精神で、小さな時間はそれに適した小さな作業にあててみるのもいいかもしれません。

同時に複数の作業をする

必ずしもその作業に集中している時に、その作業にベストのパフォーマンスを発揮できるとは限りません。

なにか他の作業をしている時にふと別の作業についての名案が浮かぶかもしれません。

そんな時は「後でやればいいやあ」とするのではなくて、少しの時間だけ思い切って別の業務を進める時間にあててしまうのが最終的に最もいい成果が出るような気がします。

関連記事

お金貯める派?使う派?~お金を貯めるメリット~

これからはもう英数国の時代じゃないでしょ?~これからはプログラミングスキルが求められる時代~

てっとり早く成果を上げるアンダー理論とは

パーキンソンの法則とは?~人間は時間とお金をあるだけ使ってしまう~

お金持ちになるための読書不要論~本を読むより行動しろ!~

家賃は高くとも仕事場の近くべきに住むべきか?

【逆転の発想】金持ちの趣味はゴルフならゴルフを趣味にすれば金持ちになるのではないか?

人間に働く慣性の法則とは?~習慣化の重要性を説く!~

人生の8割は復習~今の自分は過去の延長~

冬の寒い朝に布団から起き上がる方法

自分の要求は必ずいまこの瞬間に通しておくこと

冬は生産性が落ちるからどうにかしたい

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨