【伸び悩んでいるブロガー必見】ブログは孤独との闘いです

ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

ブログって楽しいですよね?

自分の思ったことや知ったこと、感じたことを思い思いのままに文章に綴ることができる。

ブログを書くことで自分にとってのいいアウトプットにもなりますし、もしかしたらどこかの誰かに価値を提供できているかもしれない。

そんな魅力を内に秘めているのがブログになります。

その一方で、ブログで成功しようとするととてつもなく難しいことに気付かされます。

そして、ブロガーという存在がまだまだ認知されていないのも事実です。

ブログを書いていると言うことを知ると、自分のことを不思議な目で見てくる人たちもたくさんいます。

それがいい時もあれば悪い時もあります。

今回は、ブログは孤独との闘いだということをお伝えします。

ブログは一発屋ではない

ブログと聞くと『一発屋』のイメージが強いかと思いますが、実はそうではありません。

成功するまでには長期間にわたる努力が隠されています。

 

初めから良い記事が書けたり、みなが面白いと思う動画が撮れる訳ではありません。

そこには、長期間にわたる試行錯誤が隠されています。

 

まったくなにもないところから何かを作り出す、いわゆる0→1はそれが人々に認知されるようになるまでに時間がかかるため、途中で諦めてもしないかねないものです。

 

認知というのは二次関数のようにまずは穏やかに広まっていくので、最初が1番つらいものです。

始めた当初は新鮮な気持ちで取り組めるので楽しいものですが、少し時間が経つと真新しさはなくなります。

 

ここが1番注意しなくてはならないところです。

ブログにしてもYoutubeにしても、少しやってみて離脱してしまうケースが多いのがもったいないです。

大切に育てていけば、確実に世に広まっていくのにやめてしまってはおしまいです。

 

ここでなぜやめてしまうのかというと『孤独に耐えることができないから』だと思います。

 

ブログやYoutubeの作成者は、自分の作ったものを世に広めるためにはただ黙々と作業をするほかありません。

ブログであれば記事を書く、Youtubeであれば動画を投稿する、近道や裏技はないのです。

 

ここが最大のポイント。

僕は、ブログやYoutubeは『認知が広まるまで広め続けることができるかの耐久戦のようなもの』だと考えています。

ドカンと反響を得るまで、書き続けることができるか、撮り続けることができるか。

 

孤独な夜にも手を動かし続けることが大事なんだなと思います。

モチベ不要論

「やるぞ」という感情に意味はありません。

「やった」という結果に意味があります。

これは多くのビジネス本や自己啓発書を読むときの注意点でもあるが、やる気を高めておしまいな人は意外に多いんです。

自己のやる気というのは完全に自己満の極みでしかないので、何か形に残さないようでは意味がないんです。

僕が本を読まない理由もそこにあります。

関連記事:お金持ちになるための読書不要論~本を読むより行動しろ!~

 

これはアイデアにおいても言えることで、いくらいいアイデアを思い付いたとしてもそれを実現できなくては意味がありません。

Facebookのマークザッカーバークやmicrosoftのビル・ゲイツ、などが偉大な起業家と言われている理由も「アイデアを実行した」という点にあるのかなと思います。

最後に

彼ら自身「実行力」というのは大事にしているようで彼らの名言の中にも「実行力」はキーポイントとして何度も出てきます。

関連記事:ラリー・ペイジの珠玉の名言~アイデアに価値はない!~

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨