【家賃が高いと感じたら…】自分に合ったベストな物件に住むための5つのヒント



ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

今回は昨日のYoutube急上昇ランキング1位になっていた林先生の『家賃は高くとも仕事場の近くべきに住むべきか?』について、僕なりの考えをお伝えしたいと思います。

僕としては『直近というより、電車で10分程度で仕事場に行ける駅』に住むべきだと思います。理由は、大きく2点になります。





家賃は高くとも仕事場の近くべきに住むべきか?

電車通学の時間は極力おさえるのが吉

林先生も言っていましたが、通勤時間は無駄だと僕も思います。

電車の中では読書をする、ゲームをする、勉強をする、という人もいるかと思いますが、正直電車の中でできることと言えば『暇つぶし』だと思います。

真に集中できていることや、生産性のある作業は電車の中ではなかなかできないと思います。

特に朝の電車は満員電車でパソコンを広げるスペースはないですし、空いていなければ基本立った状態なのでできることと言えば、携帯をいじるか音楽を聴く位なのかなあというのが実感です。

電車通学の時間は少しあった方がいい

とはいっても、通勤時間は毎日一定でその時間は毎日確保されているので、10分程度におさえることができるならこの時間も実は貴重な時間になると思います。

 

というのも、僕は電車の中でブログやYoutubeのネタを考えたりしますが、これがまあ捗ります。電車の中は、考え事をするのには最適な場所なのかもしれません。

 

実は、ブログの記事というのはその場でテーマを考えて書き進めるというのは中々むずかしいもので「ある程度こんなことを書きたいなあ」とアイデアを育ててから書くのが最も効果的です。

朝の電車内で量産したテーマについて、帰宅後に詳しく書いていくという流れがいいルーティーンとなっています。

 

 

以上、今回は家賃は高くとも仕事場の近くべきに住むべきか?についてお伝えしました。

関連記事

お金貯める派?使う派?~お金を貯めるメリット~

これからはもう英数国の時代じゃないでしょ?~これからはプログラミングスキルが求められる時代~

てっとり早く成果を上げるアンダー理論とは

パーキンソンの法則とは?~人間は時間とお金をあるだけ使ってしまう~

お金持ちになるための読書不要論~本を読むより行動しろ!~

【逆転の発想】金持ちの趣味はゴルフならゴルフを趣味にすれば金持ちになるのではないか?

人間に働く慣性の法則とは?~習慣化の重要性を説く!~

人生の8割は復習~今の自分は過去の延長~

時間のない時の時間の作り方~時間は作るもの~

冬の寒い朝に布団から起き上がる方法

自分の要求は必ずいまこの瞬間に通しておくこと

冬は生産性が落ちるからどうにかしたい

人数が増えれば増えるほど、個々のパフォーマンスが下がる不思議。

睡眠時間との付き合い方~ショートスリーパーになりたい~

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨