立川志の輔の落語「徂徠豆腐」が笑って泣ける

こんにちは、落語好きのきしんです。

私はたまに落語を聞きに行くのですが、特に好きなのが立川志の輔です。

 




立川志の輔って誰?

多分広範囲に顔が知れているのが、「ためしてガッテン」の司会だと思うのですが、

実はこの御方は超大人気落語家なんです。

「立川志の輔 ガッテン」の画像検索結果

 

落語になるとこんな感じになります。

こっちの方がカッコイイですよね。

「立川志の輔」の画像検索結果

私が思う志の輔の一番すごいところは、人情味あふれる表現で笑わせることもでき、

また、噺(はなし)によっては泣かせることもできるという点です。

噺というのは落語の一つひとつの演目のことですね。

 

「徂徠豆腐」がオススメ

私が一番好きな噺は「徂徠豆腐(そらいどうふ)」というもので、

将軍の御用学者となった徂徠が困窮時代に豆腐屋に助けられ、今度は豆腐屋が火事になった際、その恩返しをするという噺です。

私が始めて志の輔を生で見たときの噺なのですが、もう笑いに笑った後、感動して泣いてしまいました。

落語で笑って泣いたのは生まれてこの方、その一度きりです。

 

ものすごい芸だと思います。

46分ととても長いですが、よければ聞いてみてくださいね!

 

古典と新作

落語には古典と新作があって、古典は昔ながらの噺で、新作は自分で作った噺です。

どちらもよさがあるのですが、この「徂徠豆腐」は古典です。

ただ、口調など時代に合わせてどんどん変わっていくのに加えて、

志の輔は古典であれど自分流にオチをアレンジしていきます。

それも見ものですね。

 

志の輔や、それ以外の噺家も含め、オススメはたくさんあるので、少しずつご紹介していければと思います。

 

【オススメ記事】いまドラゴンボール芸人が熱い~ラップ曲「Battlefuldays」が話題の4人~

【オススメ記事】本家 『中尾隆聖』も認めたフリーザものまね芸人『BAN BAN BAN 山本』が熱い!!

【オススメ記事】ラーメンズのオススメネタ激選4つ〜お笑い×舞台の世界



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA