【ビジネスチャット / 17サービスを徹底比較】どれがおすすめ?いま注目のチャットツールを総まとめ

ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。。

今回は、個人や集団でのタスク管理におすすめのサービスを紹介します。





【1】チャットワーク(chatwork)

『チャットワーク』というサービスがおすすめです。

https://go.chatwork.com/ja/

こちら、クラウド上で複数人でのチャットやファイルの共有、タスクの管理ができるプラットフォームで、アプリもあったりなんかしてかなり重宝しています。

最大の強みは、共有したファイルや写真が消えないこととタスクがチャットとは別のスペースに保存できるということです。

グループチャットといえばLINEなんかも便利ですが、欠点が写真やファイルが一定期間を過ぎると消えてしまうことと、”タスク”というスペースがないこと。

LINEはよく開くし便利なのですが、グループで作業をするときには向かないんですよね。その点、チャットワークは個人でも集団でも作業をするのに向いています。

僕なんかは毎日ブログやYoutubeのネタをチャットワークのタスクに追加したり、改善したい部分を備忘録代わりに残しています。

完了/未完了のタグも分かれているので、記事や動画ができたら、すぐに非表示にすることができるのでその点も大変便利です。

なにか個人的に片付けたい仕事があるときには使ってみてください。

【2】Slack

slackを利用しているベンチャー企業は多いです。

【3】Skype

注目のビジネスチャット3つ目は、Skypeです。

 

大学生のサークルの会議などに使われます。

【4】InCircle(インサークル)

【5】Wowtalk(ウァウトーク)

【6】LINE WORKS(ラインワークス)

【7】scrum

【8】Microsoft Teams(マイクロソフト・チームズ)

【9】

【10】

【11】

【12】

【13】

【14】

【15】

【16】

【17】

 

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨