仮想通貨が2018年高騰する理由《バブル崩壊はいつか》

ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

いま仮想通貨がものすごく人気ですよね。

1月にはコインチェックのハッキング事件があり4月現在の市場は低迷してますが、今後の2度目のバブルに備えて着々と準備を進めている人もいれば、仮想通貨からは完全に離脱してしまった人も数え切れません。

今回は、仮想通貨がまだまだ価値が上がるにちがいないと確信した件についてお伝えします。




仮想通貨が2018年高騰する理由

まず、仮想通貨を始める上で2017年と2018年がどんな年であるかを説明したいと思います。

2017年=仮想通貨元年

2017年は、仮想通貨元年になります。

実は、ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨が作られたのは2014年、2015年辺りなのですが『仮想通貨が広く流通するようになった年』ということで、2017年は仮想通貨元年と呼ばれています。

2018年=仮想通貨爆上がりの年

2018年は、仮想通貨爆上がりの年になります。

というのも、仮想通貨が大流行している今でもその普及率は実は『全体の9%』と言われています。

仮想通貨バブルもまだまだこれから始まると言われています。

 

過去を例にとってみると、IT技術の急激な普及やスマフォの拡散、SNSの大流行などはそれらを使う人が『全体の15%』を超えた辺りから爆発的に伸びたというデータがあるらしいです。

2018年というのは、仮想通貨の普及率が『15%』を超え、一般に爆発的に浸透する年であると言われています。

そうなれば、現在の仮想通貨の価値は2~3倍どころの話ではなくなり、10倍以上にも膨れ上がるかもしれません。

仮想通貨の価値はどう決まる?

まず、仮想通貨の価値は誰がどのようにして決めているのかについて。

それはずばり『僕たち自身』です。

シンプルに仮想通貨が欲しいと思う人が多ければ多いほど仮想通貨の価格は高騰し、欲しい人が少なくなれば暴落します。

仮想通貨の発行料自体は制限されているので、現在ある分を売ったり買ったりの取引がされます。

どういう状態ならまだまだ伸びるの?

価値が高騰し続けるだろうなと思うのは『まだまだ仮想通貨という存在に疑いがあるとき』です。

一部の人は手を出しているが、その他の多数の人はまだ着手していない状態。

こういう状態の時は、少しずつ足を踏み出す人が参入してくるので価値は右肩上がりで上昇していきます。

逆に暴落の予兆は?

上記とは反対に『仮想通貨の利便性や信頼に疑いがなくなったとき』になります。

ここまで来ると、ほとんどすべての人に仮想通貨という存在が認められ、しかも、価値が価値を生み、みなが揃って仮想通貨の売買に乗り出すようになるので、いよいよハイパーインフレ状態になります。

 

ここまで来ると、新しく参入する見込みのある人はほとんどいなくなるので、価値がさらに上がることはほとんどなくなります。

そして、このタイミングで仮想通貨をいままで売らずに保有していた人が一挙に売り始めるので価値が暴落することになります。

仮想通貨はまだまだ上がる?

僕としてはまだまだ上がると思います。

 

というのも、先日バイト先で仮想通貨について話をしてみた時、投資に興味のある人でさえ「仮想通貨は危ない」と言っており、投資に興味のない人は仮想通貨がなんのことなのかさえ知らなかった(ビットコインは知っていた。)という状況でした。

 

世界中でキャッシュレス時代の到来が騒がれているというのに、日本における仮想通貨の認知度はまだまだ低いような気がします。

まして、実際にお金を入れて保有している人はまだまだごく少数に限られるかと思います。

 

そう考えると、まだまだ伸びしろは十分に残されているかと思います。

いま仮想通貨を保有している人の間では「この通貨は1カ月前から3倍にもなった」という実感があるかもしれませんが、いま新しく始めた人からすればその通貨の価値のベースは始めた瞬間の価格になるかと思うので、まだまだ価格は高騰する気がします。

仮想通貨は、いつ始めるべきなの?

始めるべきなのはいつかと聞かれたら『一刻も早くいま』です。

モノの価値というのは、それらを欲しいと思う人がどれだけいるかによって決まります。

また、モノの価値はそれに気付いている人がどれだけいるかによっても決まるので、買い時といえば『いまこの瞬間』です。

IT技術やスマフォ、SNSが急速に拡散していったように仮想通貨もこれから急速に普及していくものであると思います。

今でこそ疑わしいものと思われていますが、10年後の未来では当たり前で欠かせないものになっていると思います。

(そうでなければ、ここまで盛り上がらない。)

 

すでに恐ろしい値上がりを見せていると度々言われている仮想通貨ですが、これからまだまだ上がります。

始めるのは『いまこの瞬間』なのです。

最後に

仮想通貨投資ではより早く一次情報を手に入れるスピードが大切です。

 

動画ではなく本で学びたいという方は、いまさら聞けないビットコインとブロックチェーンという本がおすすめです。

コインチェック社のCOO(最高執行責任者)大塚雄介さんの著書です。大塚さんはニュースの記者会見で見たことがあるのではないでしょうか。

お金2.0でも仮想通貨とブロックチェーン技術については触れられています。

お金2.0は2018年ゼッタイ読むべきビジネス本なので、これを機に購入してみてもいいのではないでしょうか。

2018年ゼッタイ読むべきビジネス本についてはこちらの記事をどうぞ。

【2018年版】ビジネス書おすすめ18選《今読むべきはこの18冊!》

2018.03.01

また、仮想通貨投資はその値動き(ボラリティ)の激しさから他の投資方法に比べてリスクの高い投資方法となっています。ボラリティの高さが旨味の1つでもあるのですが、一歩間違えば一挙に資産がなくなってしまうこともありえます。

ですので、仮想通貨と合わせてほかの投資方法も併用することでリスクヘッジを図ることを強くおすすめします。

初心者向けの少額投資についてはこちらの記事に書きました。合わせて是非。

投資初心者にもできる少額投資まとめ【株・FX・仮想通貨・国債・投資信託など全網羅】

2018.02.18

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨