Windows一筋の私がMacを使い始めた感想〜キーボードが慣れない

こんにちは、MacBook Airを使い始めたきしんです。

このブログもMacBook Airで書いています。

なんだかずっとMacは敷居が高いとなんとなく思っていました。

きっと操作がだいぶ違うんだろうと。

しかし、使ってみたら案外変わらないことが多くて安心しています。

それでもどうしても慣れないのはキーボードとショートカットキーの違いです。

 

お馴染みのWindowsのキーボードはこんな感じでした。

「Windows キーボード」の画像検索結果

そしてMacはというとこんな感じです。

「mac キーボード」の画像検索結果

まあ基本は同じなのですが、特に違うのが左下あたりですね。

WindowsでWindowsキー(窓の絵)のところがcommand(と卍みたいなマーク)になっています。

CtrlやFnが左上やら右下やらに島流しにあってしまい、とっさに探せないのもイラっとします。

まあ、それでも、これは見れば分かるからまだいいんです。

Ctrlのショートカットキーもだいたいcommandになってたりするんでわかりやすいです。

しかし、一番困ったのは、ショートカットキーを指示するときの記号が意味不明なところなんです。

 

例えばこんな感じで書いてあるんです。

「mac ショートカットキー 記号」の画像検索結果

コマンド(⌘)は書いてあるからいいですよ。

でも^は〜と同じキーじゃないんですよ?

しかも⌥なんてどこにもないですよ。え、なに?滑り台?

⬆︎(上矢印)も十字キーじゃないですからね?

 

このキーボードの中から正解を探してみてください。

「mac キーボード」の画像検索結果

 

まあ、無理ゲーですね。

 

正解はこちらです。

「mac ショートカットキー 記号」の画像検索結果

いや、わかるわけないでしょ。

 




記号の由来は?

それで気になって記号の由来を調べてみました。

いくつかへええと思ったのがあるので、ここに書きたいと思います。

option,alt(⌥)の由来

これは信号が左上から右上に「→」こんな感じで流れていると考えたときに、それを右下に↘流れを変えるイメージだそうです。

command(⌘)の由来

これはもともとWindowsキー(窓の絵)のようにりんご🍎のロゴが使われていたそうです。

しかし、それを見たスティーブジョブズが自社ロゴの使いすぎだと感じ、変えさせたそうです。

その際に白羽の矢が立ったのが、北欧の史跡で使われている交通標識から⌘を拝借したそうです。

 

 

他のも面白いので、こちらのページを見てみてくださいね。

他にも困ったことはあるので、どんどん書いていきたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください