【2017年最もホットだった曲といえば…?】2017年を彩った邦楽ヒットソング6曲を紹介



ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

今回は、2017年最もホットだった6曲をお伝えします。




【1曲目】犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう / Official髭男dism

この曲は最初、バズリズムという音楽番組で数秒流れているのを聞いて、一発で好きになりました。

すごく印象に残る歌詞に、さらっと入って来る聞きやすいポップなメロディーが合わさって、一瞬で覚えられるのがいいと思います。

ただ!歌うのは非常に難しいですよ!

 

この曲をきっかけに好きになって、髭男の紹介記事とか、ライブレポートとかも書いたので、そちらも是非。

 

【2曲目】接吻 / ORIGINAL LOVE

この曲が発売されたのはずっと昔で、1993年、なんと私の生まれた年です。

しかし、友人のライブを聞きに行った際、ゲストの方がこれをカバーしていて、聞き馴染みのあるメロディーの虜になりました。

この曲といえば、SPICY CHOCOLATEの『ずっと feat.HAN-KUN & TEE』が出た際、「オリラブのパクリだ!」と騒がれたことで、再度話題にあがったらしいのですが、ライブの時点で私はその話を知らず、「ずっと」のほうしか知りませんでした。

ライブで聞いた時も、「なんだか聞いたことあるな」と思ったのですが、きっと「ずっと」の方を思い浮かべていたと思います。

しかし、そこから聞き始め、今では「ずっと」よりもこちらの方が好きです。

そんな思い出と一緒に覚えています。

参考までに

 

【3曲目】My Boo / 清水翔太

そして最後の一曲は、この曲です。

これは2017年1月放送の関ジャムという音楽番組で、プロデューサーのいしわたり淳治さんが「2016年名曲ベスト10」で10位に選んだものでした。

曲の発売自体は2016年の10月だったようなのですが、私はその放送を見て初めて知って、そこから聞き始めました。

実は、今までずっと「清水翔太ってなんだかチャラくて、あんま好きじゃないな」と思ってたのですが、この歌詞、Aメロのラップ調の部分を含めたメロディー、そして清水翔太の歌のうまさに惚れ込みました。

私のように毛嫌いしていた方、是非聞いてみてください!

 

この記事を読んだ方には、「2018年1月ホットな激選8曲」もオススメ!

2018年バズるアーティストランキングTOP10」も是非!

 

【4曲目】渡月橋~君想ふ~(倉木麻衣)

2017年の劇場版『名探偵コナン 唐紅の恋文』の主題歌になった曲です。

から紅の恋歌はすごいよかったですね。平次のカッコよさに完全に惚れました。

【5曲目】himawari(Mr.children)

『君の膵臓を食べたい』の主題歌になった曲です。ミスチル好きとしてはここは外せません。

僕はこの映画を劇場に観に行ったのですが、初めて聴いたときには「ものすごく好きな曲ではない曲」の位置づけだったのですが、時おり聴く度に好きになっていきました。

関連記事:『君の膵臓をたべたい』レビュー【ネタバレ注意】~ラストの急展開に驚かされる映画~

【6曲目】hero(安室奈美恵)

2017年最も衝撃的だったニュースの1つに「安室ちゃん引退」が入ると思います。

2017年の紅白歌合戦でも注目を集めました。

そんな安室ちゃんの『Hero』が2017年最もホットだった曲の3曲目になります。

 

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨