仮想通貨に不信感を抱いている方々へ《バブルはすでに崩壊している!?》

ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

いま仮想通貨がものすごく人気ですよね。

1月にはコインチェックのハッキング事件があり4月現在の市場は低迷してますが、今後の2度目のバブルに備えて着々と準備を進めている人もいれば、仮想通貨からは完全に離脱してしまった人も数え切れません。

今回は、仮想通貨に激しく不信感を抱いている皆さんへ今後の仮想通貨はどうなっていくのかをお伝えします。

仮想通貨に不信感を抱いている方々へ

仮想通貨って危ないですよね。

昨日表示されていた見込み収益が今日には半分になったり、昨日まで大勝ちしていたのが今日には負け越しているなんてことが平気で起こります。

とにかく値動きの激しいリスク性商品で、買っても精神的な不安しか得られません。

だから、どうぞ始めないで下さい。

仮想通貨は危険です。

 

なぜそう思うか?

正直な話、仮想通貨が急速に広まりすぎても困るんでよね。

いま仮想通貨が高騰しているのは「仮想通貨を買いたい」と思っている人が多くいるからです。もうこれ以上は買わないというところまで、仮想通貨が浸透しきってしまうとまずいことになります。

【関連記事】想通貨はまだまだ上がることを実感した件について。

 

相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく

アメリカの著名な投資家ジョン・テンプルトンの言葉です。

 

簡単に言うと『みんなが疑っている内が相場の上がり時。みんなが上がると確信した瞬間には暴落する』という意味です。

 

これは当然のことで、モノの価値はそれを欲しいと思う人がどれだけいるかによって決まるので、もう欲しいと思う人がいなくなれば価値が上がることはなくなります。

 

と同時にその瞬間にはそれを売却したいと考える人たちが出てくるので、一気にバブルがはじけ飛びます。

 

だから今のこの高騰が存続するためには、仮想通貨に疑念を抱き警鐘を鳴らしてくれる人の存在が必要なのです。

【関連記事】仮想通貨に係る先行者利益のお話。

仮想通貨投資ではより早く一次情報を手に入れるスピードが大切です。

 

動画ではなく本で学びたいという方は、いまさら聞けないビットコインとブロックチェーンという本がおすすめです。

コインチェック社のCOO(最高執行責任者)大塚雄介さんの著書です。大塚さんはニュースの記者会見で見たことがあるのではないでしょうか。

お金2.0でも仮想通貨とブロックチェーン技術については触れられています。

お金2.0は2018年ゼッタイ読むべきビジネス本なので、これを機に購入してみてもいいのではないでしょうか。

2018年ゼッタイ読むべきビジネス本についてはこちらの記事をどうぞ。

【2018年版】ビジネス書おすすめ18選《今読むべきはこの18冊!》

2018.03.01

また、仮想通貨投資はその値動き(ボラリティ)の激しさから他の投資方法に比べてリスクの高い投資方法となっています。ボラリティの高さが旨味の1つでもあるのですが、一歩間違えば一挙に資産がなくなってしまうこともありえます。

ですので、仮想通貨と合わせてほかの投資方法も併用することでリスクヘッジを図ることを強くおすすめします。

初心者向けの少額投資についてはこちらの記事に書きました。合わせて是非。

投資初心者にもできる少額投資まとめ【株・FX・仮想通貨・国債・投資信託など全網羅】

2018.02.18

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨