錦織は2018年末、世界ランク何位になってるか

こんにちは、テニス好きのきしんです。

今回は、1月に長期の怪我による欠場から復帰した錦織(現在27位)の今年を占ってみようと思います。

 

判断材料①ダラスでの優勝

まず、最近のニュースといえば、ATPワールドツアーの下部大会である「ATPチャレンジャーダラス」での優勝でしょう。

これは昨日2月4日のことでした。

下部大会とはいえ、5回連続で勝たなければ優勝できない「体力」が必要とされるこの大会で、錦織は見事、全試合をストレート(2セット連取)で終えました。

これはかなり仕上がりがいいと思います。

 

ちなみに、ATPチャレンジャー大会は、大会の賞金ごとに獲得ポイントも異なるよう設定されています。

ポイントは優勝者に対して80~125ポイントまでバラツキがあり、今回のダラスのポイントは100ポイントだったようです。

 

※ATPワールドツアーの獲得ポイントはこちらの記事でも書いたとおり、250から始まり、4大大会の2000ポイントまであります。

【オススメ記事】テニス 世界ランキングの決まり方と効率のいい順位の上げ方

 

判断材料②ダラスでの試合内容

では実際どんな試合内容だったのでしょうか。

YouTubeに動画が上がっていたので見てみました。

 

どう感じられましたか?

正直、錦織の相手としては弱すぎますよね。

ラリーも長続きする前に錦織のショットが強烈すぎて終わってしまう感じでした。

 

しかし、実際ワールドツアーに戻って、以前のようにトップ選手たちと戦ったら、こんなふうには行きません。

全豪オープンでのフェデラーvsチリッチの決勝を見ていて思いましたが、やはり頂点のレベルはとても高いです。

とはいえ、調子は悪くなさそうですよね。

 

判断材料③5セットマッチは…

錦織は、当初全豪オープンへの出場予定がありましたが、このように述べ辞退しました。

リハビリは順調だけど、5セットマッチをベストな状態で戦うにはまだ100%じゃないんだ

これはかなり不安な発言ですよね。

5ヶ月の長期離脱の原因になったのは右手首の故障ですが、まだまだ痛みか、感覚の狂いか、何かあるのでしょう。

 

こちらの記事でも書きましたが、5セットマッチである4大大会は最も効率よくポイントが稼げる大会です。

そこに懸念があるというのは、不安材料です。

【オススメ記事】テニス 世界ランキングの決まり方と効率のいい順位の上げ方

 

錦織の2018年末、予想順位は?!

正直、予想なんてできたもんじゃないですが、

まず事実として錦織はキャリアハイで4位まで行ったことがあります。

そして、現在は27位

まず、27位より上げることは確実でしょう。

 

そして、4位というのが錦織の最大限のレベルではないと思います。

ゾーンに入ったときの錦織は誰にも止められず、フェデラー、ナダル、ジョコビッチ、マレーの4人にも全て勝ったことがあります。

この力を安定的に出せるようになれば、もっと上を狙えるはずです。

そういう意味では、いつかは2位くらいまではいくんじゃないかと思います。

 

ダラスでも優勝を決め、調子のよさを伺わせました。

 

しかし、病み上がりで5セットは厳しいとのこと。

錦織の真骨頂は追い詰められても跳ね返すフルセットでの強さなので、それを発揮できないとかなり勝率は落ちてしまいそうです。

テニス選手は1年を通して様々な大会で少しずつポイントを稼ぐことでポイントを積み重ねるものなので、これでかなり順位を落として、今年は12位くらいまで復活するでしょうか。

※全豪オープンのポイントをもう取れないというのが結構痛いです。

 

現在、マレーやラオニッチなども本調子ではないので、その分抜きやすい時期ではあると思います。

錦織頑張れ!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.