2月第1週の仮想通貨ニュース【金融庁がコインチェックに立入調査・芸能界でも被害続出】

ウィルときしん(will_and_kishin)のウィルです。

2月第1週の仮想通貨ニュースをお送りします。




金融庁がコインチェックに立ち入り調査

2月2日金融庁がコインチェックに立ち入り調査に入りました。

調査理由は、一連のハッキング事件を受けて、資産管理の状況や顧客への適切な対応ができそうか(主に返済にあてる430憶円が用意できそうか)を調べるためです。

また金融庁は1月29日にコインチェックに対して業務改善命令を出しており、以下の4点について、2月13日までに回答を書面にて求めています。

1.本件の事実関係おぞび原因の究明

2.顧客への適切な対応

3.本件の責任の所在の明確化

4.再発防止策

出川哲郎出演のCMが中止

一連の事件を受けて、出川哲郎が出演するCMは打ち切られてしまいました。

実際、出川哲郎のCMの影響力は大きく、このCMを見て始めた人も多数います。CMのプロモーションを手伝った出川さんには非はないのですが、コインチェックのチャットなどでは、出川さんを責めるような発言も散見されました。

仮想通貨少女がコインチェック被害を告白

2018年1月5日に結成された新しいアイドルグループに『仮想通貨少女』というグループがいるのですが、そのグループがコインチェックのNEMハッキング事件でメンバー全員分のお給料200万円分が引き出せなくなったことを告白しました。

この仮想通貨少女というグループはメンバーのお給料やライブグッズ、入場料も仮想通貨によって行われています。

アイデア的にも面白く、新しい取り組みだなと思ったのですが、今回は彼らはコインチェックのハッキング事件によって、お給料が引き出せなくなってしまいました。

一応、コインチェックはハッキングされたNEMの全額補償をプレスリリースで約束しているのですが、2014年のマウントゴックス事件でも当初はビットコインの補償を約束していたが、結果的に倒産してしまったということで、不安がつのる状態となっています。

コインチェックの一件で被害を受けた芸能人も多数

仮想通貨少女以外にも芸能界ではコインチェック被害は多数取り上げられています。

中でも、藤崎マーケットのトキさんは貯金のほぼ全額をコインチェックに預けており、引き出せなくなってしまったとのことです。

もし、コインチェックが倒産してしまった場合には貯金はすべてなくなってしまいます。

この事件を受けて、仮想通貨取引におけるリスクヘッジや資産管理の重要性について多くの人が考えるきっかけになりました。

コインチェック、NEMハッキングとは別にリスクの不正送金の疑い

ダイヤモンド・オンラインの調査によると、コインチェックは1月26日、NEMのハッキング事とは別にリスクの不正送金があったのではないかという疑惑が浮上しました。

真実は定かではありませんが、ダイヤモンド・オンラインの報道によれば、この件に関する質問状にコインチェックからの回答はなかったみたいです。

もしこれが本当であれば、仮想通貨市場は更に信用を失ってしまうことも考えられる、一大スクープでした。

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨

関連記事

【今週のウィルときしん】今週の仮想通貨動向(1月第4週)

大暴落した仮想通貨を抱える私が考える、仮想通貨の未来

仮想通貨に不信感を抱いている方々へ。

仮想通貨に係る先行者利益のお話。