【就活サイト / おすすめ5選】マイナビ・リクナビはもう古い!?登録必須の5つの就活サイトを紹介

ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

就活サイトって、たくさんありますよね。

正直、どれを登録すればいいか分からない…

という方も多いでしょう。

そこで今回は、おすすめする就活サイト5選をお伝えします。

以下の5つのサービスに登録しておけば、時世に送れることはないでしょう。





サポーターズ

ITベンチャー(WEB系・アプリ系)や人材系ベンチャー(新卒採用支援・転職エージェント)に強い就活マッチングサイトです。

大学や資格などの基本情報と志望業界やガクチカなどの追加情報を登録すると、企業からオファーが来たり自ら興味のある企業の説明会に行くことができます。

また、説明会に参加すると「就活報奨金」として1000円~3000円ほどのお金が支払われます。

サポーターズを介して説明会に足を運ぶだけで、就活にかかる交通費や飲食代をカバーすることができます。

Job Tryout

ゲーム体感型グループワーク」で有名な就活イベントを主催しています。

合説やグループディスカッションとは違った新しいグループワークを体感することができます。

惑星を売買するビジネスゲーム」や「自動車を製造するビジネスゲーム」などゲームの種類は多岐にわたり、毎回異なるビジネススタイルをゲームを通して理解することができます。

また、ゲームをプレイする様子を企業の採用担当者がウォッチしており、論理的思考力やコミュニケーション能力などを判定。

イベント終了後には。全参加者の中での自分の総合得点と総合順位を知ることができます。

DEiBA Company

グルディスの練習を徹底的に支援してくれる就活イベントです。

 

10分間の短めのグループディスカッションを午前・午後で計20回挑戦します。

初対面の参加者同士で、初めてのお題に体当たりで挑戦する適応力が身に付きます。

 

また、グルディスのパターンやパターン別の取り組み方を教えてくれるので、理論的かつ実践的なグルディス対策におすすめです。

グルディス終了後には、来場している20社前後の会社の中から自分が興味のある会社の説明を3回聞くことができます。

meetsCompany

少人数の企業座談会を開催しているサービスになります。

 

不動産やITベンチャー(WEB系)の業界に強く、早期の就職活動にもってこいのサービスです。

イベント時間も非常に抑えられており、3時間で6社の企業の人事と話すことができます。


また、イベント終了後には専任の就活アドバイザーが1人1人につき、就活を全面的にサポートしてくれます。

ニクリーチ

ご飯を食べながら就活をすることができるという今までなかった全く新しいサービスです。

サイトに登録すると、企業からオファーが来たり自分から見に行きたい企業にオファーを出すことができます。

多くはお昼ご飯を食べながら、企業の現場社員の方とお話をすることができるというもので、合同説明会や単独説明会よりも大分ラフな雰囲気で本当に聞きたいことが聞きやすい環境が整っていると言えます。



そんな僕から今回は、就活始める3年生まずみん就に登録して掛かってくる電話にすべて出るべしについてお伝えします。

人材会社からの電話は便利

みん就に登録すると、下記の就活支援サイトにも一括登録されます。

① マイナビ新卒紹介

② DODA 新卒エージェント

③ JOBRASS新卒

④ ネオキャリア新卒エージェント

⑤ Meets Company

⑥ アクセス就活

⑦ キャリアパーク就活

⑧ 就活エージェント

これらのサイトに登録が完了していれば、就活支援のサイトとしては有名どころはすべて網羅しているといえます。

 

 

あとは、私が以前の投稿であげた Job Tryout や DEiBA、サポーターズ辺りをおさえておけば全網羅になります。

関連記事:就活を有利に進めるおすすめサービス5選~就活で好スタートを切る~

 

登録が完了すると早い段階でこれらのサイトからお電話が来ます。

要件としては「あなたに是非オススメの就活セミナーや企業説明会があるので来てほしい」という内容になります。

 

イベントに参加するかどうかは、ご自身の興味・関心で取捨選択すればいいが、もったいないのは電話に出ないこと。

知らない電話番号から掛かってきているのだから、出ないというのは一見当たり前のように感じるかもしれないが、これが1番の機会損失になります。

 

電話に出ることで「就活のいろは」が少しずつ分かってきます。

テレアポしてくる人は、ここを1番の強みと置いて宣伝してくるんだあ」だとか「この業界はこういう共通点があるのかあ」と思考をめぐらすことで新しい発見のチャンスになります。

 

また、電話に出る際の言葉遣いや話し方もできるようになってきます。

これは、むしろ就活をする上で最も大切なことの1つであると言えます。

関連記事:就活生が電話で注意すべきこと~電話で全てが分かります~

 

電話のお相手の敬語を真似して、丁寧な電話ができるようになることは、社会人になる上で最も大切なことの1つであると思います。

 

ちなみに、営業職がまず初めにやることは「テレアポ」です。

電話でアポが取れたら初めて対面することができるのですが、電話で丁寧な言葉遣いや話し方ができないようでは、アポが取れる訳がありません。

 

なので、営業志望の就活生は早い内から営業のテレアポはどんな言葉遣いや攻め方をしてくるのかを体感してみることをおすすめします。

 

最後に

最近は、GDやGW体験型の逆求人型の就活イベントが増加傾向にあります。

自分から企業にエントリーするだけでなく、企業からスカウトを得るタイプの就活が最近のトレンドとも言えるでしょう。

売りて市場と言うこともあり、マイナビやリクナビが得意とするマス向けの大規模な合同説明会よりも、小規模で企業の人事担当者と学生が近い距離で密に交流が図れるサービスが人気を博しています。


関連記事