投資初心者にもできる少額投資まとめ【株・FX・仮想通貨・国債・投資信託など全網羅】

ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

今年の4月から社会人になるということで、現在色々な投資にお金を入れてみています。

 

社会人になると中々まとまった時間が取れなくなるような気がするんですよね。

まして、毎日の仕事が忙しくて投資の勉強をしている余裕もないような気がします。

そういう訳で時間がある今の内に少額投資にチャレンジしている訳です。

 

そこで今回は投資初心者にもできる少額投資まとめということで、各投資方法についてザっと書いていきます。

”続きを読む”

投資初心者にもできる少額投資とは?

外貨預金

投資初心者がまず始めてみるべき投資に外貨預金があります。

これは銀行の外貨用の口座に外貨を預金することを言います。

 

最もメジャーなのは、米ドルを預金するというものでこれにより年利0.2%の預金が完成します。

そして、年利+ドル高に進めば、その差益が儲けになります。

 

米ドル以外にも以下の通貨が取り扱えます。

(三井住友銀行の場合)

●オーストラリアドル
●英ポンド
●ユール
●スイスフラン
●ニュージーランドドル
●トルコリラ
●ブラジルレアル
●南アフリカランド
●メキシコペソ

 

主要通貨ほど参入者が多いので利率がよく価格も安定しています。

マイナー銘柄は価格変動のリスクが高まる分、価格が高騰した時には大きな儲けになります。

 

日本国内の銀行に日本円を預金していた場合、年利は0.001%と”あってないようなもの”です。

定期予期に預けたとしても年利は0.01%

一定期間の引き出しができなくなる不便を考えたら、とても預けられたものではありません。

 

以前こんな記事を書いたりもしましたが、それでもまず初めにやってみる投資として外貨預金はもってこいです。

関連記事:外貨積立はFXの劣化版~1カ月やってみて外貨積立はオススメしない理由~

 

外貨預金についてはこちらの記事でも詳しく書きましたが、本当に簡単に始めることができるのがポイントです。

関連記事:外貨積立の始め方と注意点

 

預金口座のある銀行に行って外貨預金を始めたい旨を伝えれば、ものの2時間ほどで日本円から外貨への換金まで全て完了です。

 

特に三井住友銀行で始めれば、SMBCダイレクトで携帯から簡単に口座残高を確認できたり、外貨⇔日本円の換金も携帯1つで出来ます。

しかも、SMBCダイレクトを利用すれば換金手数料も銀行窓口に行った場合に比べてかなり割安に抑えることができます。

国債

国債も投資初心者にはもってこいの投資です。

 

国債とは日本国が国民から借り入れるお金のことで元本保証が原則です。

一定期間預けていれば、預けた分のお金は全額返ってくる上に利息分を儲けとしてもらうことができます。

 

国債の預金期間は3つの中から選べます。

(三井住友銀行の場合)

●3年
●5年
●10年

 

いずれも利率は年利0.05%と同じなので、まず始めるのであれば3年から始めることをおすすめします。

 

10万円を3年間預ければ、1500円の利息が付いて返ってきます。

銀行口座に預けていた場合は年利0.001%ですから、余剰資金があるのだとしたら国債の方がはるかにお得です。

 

ただし、国債は元本保証の代わりに途中で一定期間を過ぎるまで引き出し不可なので、余剰資金でなければおすすめできません、

投資信託

投資信託とは資金を出す代わりに投資はプロに委託して稼いでもらうというものです。

 

投資をプロに委託した報酬として儲けの一部が手数料として抜かれます。

 

抜かれるといっても、チャートに表示される金額は手数料を差し引いた後の金額になるのでその金額が原資を上回れば儲けですし、原資を下回れば損益です。

 

数あるファンドの中から好きなものを選び、そのファンドの価値が上がれば上昇分が儲けになり、下がれば下落分が損益になります。

 

ファンドを選ぶといっても、初心者向けのローリスクローリターンのファンドは銀行側できちんと用意してくれているので気に入ったものを選べばいいです。

 

また、投資信託にはNISAを適用するのがおすすめです。

関連記事:NISAの申請方法と注意点。

 

NISAとは少額投資非課税枠のことで、5年間で600万円までの投資については儲け分を非課税にしますよという取り決めのことです。

 

投資をしない日本人に向けて国から特別に優遇された投資枠なのです。

 

ちなみに、最近ではロボットが勝手に分散投資をしてくれるロボット投資家というのもあります。

有名どころでいくとTHEOウェルスナビが国内では2強です。

【関連記事】ロボット投資家THEOは儲かるのか〜実績も公開〜


株は初心者には難易度が高いと言われる投資ですが、少額であれば初心者にもオススメの投資です。

 

持ってるだけで毎年2回(3月・9月が一般的)配当がもらえるのもポイントです。

 

また、株は1番身近と言えば身近なんですよね。

自分の知っている企業に投資することができます。

 

投資した会社の業績が伸びたり評判が上がったりすれば、株の価値が上がるのでその上昇分が儲けになります。

 

反対に、投資した企業の不祥事が発覚したり業界全体が低迷したりなどすれば、株の価値は下がりそのマイナス分が損益になります。

 

非常に単純と言えば単純なのですが、その分こわい部分もあります。

例えば、外貨預金やFXの場合は日本円と外貨の為替の問題なので、外貨の価値が下がれば損益が出ることになりますが、その通貨自体がなくなることは一般的には考えられません。

 

ところが、株が扱うのは企業の発行している株式なので、その企業が倒産してしまえば株式の価値はなくなります

こういった事情もあり、株は初心者には難しい部分も多いのです。

仮想通貨

仮想通貨も投資初心者が始める投資としてはオススメなのですが、乱高下が最も激しい投資になります。

 

一方、仮想通貨は2017年が仮想通貨元年と呼ばれており、プロとアマチュアの差が小さい世界でもあります。

皆が試行錯誤しながら孤軍奮闘しているといったイメージです。

いま始めても全然遅くないのが仮想通貨が狙い目とされる所以です。

関連記事:仮想通貨が2018年高騰する理由~仮想通貨バブルはまだ始まってもいない!~

ドル建のFX

初心者が始める投資としては少しリスクが高い投資になります。

 

関連記事:FX始めました~オススメのFX取引所と投資方法~

 

外貨預金のハイリスクverと思っていただければ間違いないかと思います。

外貨預金ではレートはすべて現物なのですが、FXの場合はレートが25倍となります。

 

つまり、自分が持っているお金の25倍のお金をかけて取引をするという訳で、10万円を入れたとしたら一挙に250万円分の取引が可能になる訳です。

 

ただ、FXは実は日本人の90%が負けている投資とも言われており、色々なルールがあるので何も知らない状態で首をつっこむと大損をすることになります。

 

以下、FXをする人にとっては必須の証拠金について書いています。

関連記事:FXは損切をしたくても預かり証拠金がなければ売れません。~FXと証拠金の関係~

オススメの取引所

初心者はまずはDMM FXがおすすめかと思います。

チャートも見やすく、FX口座への入金も手間がかかりません。

投資をするメリット

お金に関する知識が身に付く

投資を始めると金に関する知識が身に付きます。

具体的には

●税金関連の知識(確定申告や納税)

●国の金融政策に関する知識

が身に付きます。

 

株を始めるようになれば日経平均株価が気になるようになりますし、外貨預金やFXを始めるようになればドル/円が気になります。

 

また、投資で儲けた分は翌年の3月に確定申告をする必要があるので、こういった関連の法律知識も身に付きます。

 

ちなみに、NISAの場合は非課税枠を超えて購入しなければ確定申告の必要はありません。

銀行の外貨預金や投資信託はあらかじめ源泉徴収あと設定しておけば、利益分から自動的に税金分を差し引いてもらえます。

 

経済に関する知識が身に付く

投資を始めるとお金に関する知識だけではなく、経済に関する知識も身に付きます。

なぜなら、投資における相場は経済と密接なつながりがあるからです。

 

例えば、北朝鮮のロケットが発射されたり戦争の危機を予感させる事態になったりすると、ボーイングなど軍事産業の株価が上がります。

 

ドルやユーロなどの外貨の相対的な価格もアメリカ大統領やその他重要人物の発言によって逐一変動します。

 

アメリカが国をあげてドル安政策に乗り出したりすれば当然ドルの値段は円を比べて安くなります。

 

こういった具合に、投資を通じて経済の勉強をすることができます。

投資をするデメリット

負けている時のイライラが半端ではない

投資はギャンブルともよく言われ、相場を完璧に読むことは誰にもできません。

名だたる投資家が思い描くチャートも所詮は予想の範疇を超えることはありません。

 

まして素人がする予想など簡単に外れますし、失敗を通じて少しずつ勉強していくものです。

しかし、そうはいっても損益が出ると精神的なダメージがあります。

相場の変動に踊らされる

投資を始めると、見ても見なくても変わらないと分かってはいても常にチャートが気になって仕方がないという時があります。

 

相場に踊らされているというか、相場の上がり下がりが気になってしまうんですね。

 

自分のお金を入れているから仕方のないことですが、チャートが気になって仕事に集中できないなんて事態にも陥りかねません。

最後に

自分に合った投資にチャレンジしてみましょう。

NISAの申請方法と注意点【インデックス銘柄・個別銘柄を徹底解説】

2017.12.16

投資初心者におすすめのFX取引所と投資方法

2018.01.25

外貨積立の始め方と注意点~購入可能な外貨は?~

2017.12.20

外貨預金のデメリット【外貨預金は劣化版FX!?】

2018.01.20

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨

”折りたたむ”