インドネシア語の文法は英語と同じってホント!?《英語学習者ほどインドネシア語を勉強すべき理由を解説》

ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

インドネシア語の特徴とオススメな理由については、こちらの記事でお伝えしました。

インドネシア語を第二外国語としておすすめする理由《マイナー言語にこそ価値がある》

2017.06.30

今回は、インドネシア語の時制についてお伝えします。

インドネシア語の時制も英語と同じ

インドネシア語の時制は非常にシンプルで英語となにも変わりません。

未来形であれば、willの代わりにakan、過去形ならwas/wereの代わりにsudah、なにもつけなければ現在形になります。

 

例文を見てみましょう。

「私はそれを食べた」と言いたい場合

Saya sudah makan itu. と言います。

(私=Saya、それ=itu、食べる=makan)

語順は英語とまったく同じで、シンプルに単語がちがうだけ。

「私はそれを明日食べます」と言いたい場合

Saya akan makan itu besok. と言います。

(明日=besok)

未来形の場合も英語と語順は同じ。

「私はそれを食べます」と言いたい場合

Saya makan itu. になります。

 

時制にはこの他にも、belum(まだ~)、sedang(今~している)、masih(いまだに~している)などがあります。

 

語順については過去形・未来形と同じで動詞の前に時制を表す助動詞をつけるだけです。

インドネシア語の学習におすすめの2冊

以下の2冊がインドネシア語の学習にはとてもオススメです。

指さし会話帳 インドネシア語

大人気シリーズ「指さし会話帳」のインドネシア語verです。

絵で見て楽しく単語が覚えられますし簡単な文法についても網羅しているので、これ一冊でインドネシア語の基礎が一通りマスターできます。

森山式インドネシア語単語頻出順3535

かなり詳しい単語まで網羅したインドネシア語の単語帳になります。

指さし会話帳がもの足りなくなってしまった人にオススメのテキストで、ここに載っている単語を一通り覚えたとしたら、インドネシア語の日常会話で苦労することはありません。

 

上記の2冊についてはこちらの記事で詳しく書いてます。

【関連記事】5000円でインドネシア語の基礎を習得する

関連記事

インドネシアの影絵芝居『Wayang Kulit』って知ってますー!?

インドネシア語入門②【インドネシア語の時制】

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨