「ultra PHANTOM / ゴールデンボンバー」B’zをパクリにパクった箇所を解説


きしん
こんにちは、ウィルときしんのきしんです

皆さん、ゴールデンボンバーは「女々しくて」だけの人たちだと思ってませんか。

まあ実際それに近いのですが、ゴールデンボンバーに面白い曲があります。

それが「ultra PHANTOM」です。

もうタイトルからしてニオいますよね。

 

その曲がこちらです。

 

笑えてきますよね(笑)

B’zをパクリにパクっているのです。

よくオマージュと言ってパクリをするB’zを更にパクったという。

 

気になる歌詞を改めてチェックしてみましょう。




歌詞パクリ部分

昨日見た君の幻が

『LOVE PHANTOM』のPHANTOM

 

そんな女神にも見えたんだ

『裸足の女神』タイトル

偶然の恋におちたら

『君の中で踊りたい』の歌詞「地下鉄の階段で遭ったのは偶然だよ」

 

LADY THERE Angel Easy Good Night

『LADY NAVIGATION』『BE THERE』『太陽のKomachi Angel』『Easy Come, Easy Go!』『愛しい人よ Good Night…』タイトル

喰らいたいその真っ白なbody

『BAD COMMUNICATION』歌詞「Give me your body」

 

君に会えた奇跡のmy world

『BANZAI』歌詞「出会えた奇跡を祝いましょう」

『drive to MY WORLD』タイトル

 

Don’t Leave me BLOWIN’
Liar! Liar! Calling

『ZERO』歌詞「たちの悪いくせだね」

『Don’t Leave me』『BLOWIN’』『Liar! Liar!』『Calling』タイトル

幼いね 欲しいものから
Give me LOVE
ultra PHANTOM

『GIMME YOUR LOVE~不屈のLOVE DRIVER~』『ultra soul』『LOVE PHANTOM』

 

ちなみにこの場面ではついに「LOVE PHANTOM」と言い切っています。

 

勝負に出れない臆病な心が今は変わるから

『春』の歌詞「たかが恋なのに いつからこんなに臆病になったの」

 

傷付いてもかまわない
君を失うくらいなら

『愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない』『どうしても君を失いたくない』タイトル

突然の雨に降られたら
BAD NAVIGATION Good-GO-ROUND

『夜にふられても』『BAD COMMUNICATION』『LADY NAVIGATION』『Good-Bye Holy Days』『LADY-GO-ROUND』タイトル

青空晴れ渡るまで走りゃいいよ

『RUN』タイトル

ブレーキをかけたら終わりさ
アッと言う間に行っちゃいそう

『OH! GIRL』歌詞「ブレーキ踏めばすべてLockしてイキそう」

 

君が見せたキレイなsun shine

『Blue Sunshine』タイトル

 

止めないで 迷いはないから

『孤独のRunaway』歌詞「JUST A RUNAWAY 止めないでよ」

 

輝いて 女神の力

『ultra soul』の歌詞「そして輝くultra soul」

『裸足の女神』『ミエナイチカラ~INVISIBLE ONE~』タイトルより

 

作曲パクリ部分

曲は基本的に「STAY GREEN~未熟な旅は止まらない~」からパクっています。

(作曲した鬼龍院翔自身が公言しています)

また、曲の始まりの「ultra PHANTOM」とささやいているところと、サビ終わりの「Give me LOVE ultra PHANTOM」というところは

ついにultra soulと言ってしまうのか?!

と思わせて、「ウルトラ↑ファントム↓」と下げるオチの持っていき方は流石です。

 

ダンスパクリ部分

ここでやっている振り付けはB’zの「恋心(KOI-GOKORO)」と全く同じもので、ダンスまでパクっているのがよく分かります。

また、サビの締め「ウールトラファントムー」の後飛ぶのも『ultra soul』と一緒ですよね。

タオルを回すのさえ、『ギリギリCHOP』かと思えてきました。

B'z 振り付け解説9曲まとめ~恋心・Wonderful Opportunityなど画像で解説

2018.03.30

 

パフォーマンスもパクリ?

また、書道のパフォーマンスをしていますが、これはB’zの『衝動』での書道を思い起こさせます。

 

 

 

この曲はこちらのパクリアルバムに入ってますよ!

他にもGACKTの『ANOTHER WORLD』をパクった『ANOTHER MELODY』や、

サザンオールスターズの『TSUNAMI』と桑田佳祐の『波乗りジョニー』をパクった『TSUNAMIのジョニー』、

CHAGE and ASKAの『SAY YES』をパクった『SAY NO』、

Aqua Timezの『千の夜をこえて』をパクった『万の夜をこえて』など、パクリ曲が豊富です。

パクリ方も歌い方をマネたりと色々パターンがあるので楽しめますよ。

 

また、こちらのベストにも入ってますよ。

「ゴールデンベスト」、「Pressure(プレッシャー)」…

「ゴールデン」は金爆だからだとしても、どれだけB’zが好きなんでしょうね(笑)

 

明らかにこちらの「B’z The Best Pleasure(プレジャー)」(通称金盤)を意識してます。

★CD/B’z The Best “Pleasure”/B’z/BMCR-7024

価格:2,800円
(2018/2/27 00:04時点)
感想(0件)

 冗談に抜かりがなくていいですよね。

ちなみに「pressure」には『女々しくて』も入っているので、そちらも聞きたい場合はpressureがいいかもしれません。

そもそも女々しくてもあれのパクリだこれのパクリだと言われていて、キリショーの凄みはオマージュ力何だと思います。

きしん
よければTwitternoteも見て下さい!



1 個のコメント

  • コメントをたくさん、拝見しました。コメントの全体、ブログの管理者さんの意見は、

    ①JPOP全体が、他のミュージシャンのメロディーを真似して、作曲している。ネットで自分の好きなバンドを、「パクリ」「元ネタ」、というキーワードで検索すると、ほとんど全てのミュージシャンの元ネタを発見することができる、と、ブログの管理者さんは、暗に、明確に作文に書いています。

    ②ブログの管理者さんの音楽論は①であるにも関わらず、いろいろ批判されて困っている。

    ③結論・・・ブログを読んでわかることは、JPOPの音楽全体は、メロディーを真似して作曲している、ということであり、ブログの管理者さんの音楽論を読むと、いろいろ、勉強になって、音楽に詳しくなることができる。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください