仮想通貨はまだまだ上がることを実感した件について。

▼投稿をシェアする▼

どうも、仮想通貨始めましたウィルです。

今回は、仮想通貨がまだまだ価値が上がるにちがいないと確信した件についてお話します。

仮想通貨の価値はどう決まる?

まず、仮想通貨の価値は誰がどのようにして決めているのかについて。

それはずばり『僕たち自身』です。

シンプルに仮想通貨が欲しいと思う人が多ければ多いほど仮想通貨の価格は高騰し、欲しい人が少なくなれば暴落します。

仮想通貨の発行料自体は制限されているので、現在ある分を売ったり買ったりの取引がされます。

どういう状態ならまだまだ伸びるの?

価値が高騰し続けるだろうなと思うのは『まだまだ仮想通貨という存在に疑いがあるとき』です。

一部の人は手を出しているが、その他の多数の人はまだ着手していない状態。

こういう状態の時は、少しずつ足を踏み出す人が参入してくるので価値は右肩上がりで上昇していきます。

逆に暴落の予兆は?

上記とは反対に『仮想通貨の利便性や信頼に疑いがなくなったとき』になります。

ここまで来ると、ほとんどすべての人に仮想通貨という存在が認められ、しかも、価値が価値を生み、みなが揃って仮想通貨の売買に乗り出すようになるので、いよいよハイパーインフレ状態になります。

ここまで来ると、新しく参入する見込みのある人はほとんどいなくなるので、価値がさらに上がることはほとんどなくなります。

そして、このタイミングで仮想通貨をいままで売らずに保有していた人が一挙に売り始めるので価値が暴落することになります。

仮想通貨はまだまだ上がる?

僕としてはまだまだ上がると思います。

というのも、先日バイト先で仮想通貨について話をしてみた時、投資に興味のある人でさえ「仮想通貨は危ない」と言っており、投資に興味のない人は仮想通貨がなんのことなのかさえ知らなかった(ビットコインは知っていた。)という状況でした。

世界中でキャッシュレス時代の到来が騒がれているというのに、日本における仮想通貨の認知度はまだまだ低いような気がします。

まして、実際にお金を入れて保有している人はまだまだごく少数に限られるかと思います。

そう考えると、まだまだ伸びしろは十分に残されているかと思います。

いま仮想通貨を保有している人の間では「この通貨は1カ月前から3倍にもなった」という実感があるかもしれませんが、いま新しく始めた人からすればその通貨の価値のベースは始めた瞬間の価格になるかと思うので、まだまだ価格は高騰する気がします。

関連記事

【今週のウィルときしん③】今週の仮想通貨動向(2月第2週)

仮想通貨に不信感を抱いている方々へ。

仮想通貨に係る先行者利益のお話。

仮想通貨は短期用と長期用の2つに分けるべし

仮想通貨をやるなら現物で~先物取引は神経削られる~

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。

→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨