仮想通貨が2018年高騰する理由~仮想通貨バブルはまだ始まってもいない!~

▼投稿をシェアする▼

どうも、仮想通貨始めましたウィルです。

今回は、仮想通貨を始めるなら今という話についてお伝えします。

【関連記事】【今週のウィルときしん③】今週の仮想通貨動向(2月第2週)

まず、仮想通貨を始める上で2017年と2018年がどんな年であるかを説明したいと思います。

2017年=仮想通貨元年

2017年は、仮想通貨元年になります。

実は、ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨が作られたのは2014年、2015年辺りなのですが『仮想通貨が広く流通するようになった年』ということで、2017年は仮想通貨元年と呼ばれています。

2018年=仮想通貨爆上がりの年

2018年は、仮想通貨爆上がりの年になります。

というのも、仮想通貨が大流行している今でもその普及率は実は『全体の9%』と言われています。

仮想通貨バブルもまだまだこれから始まると言われています。

過去を例にとってみると、IT技術の急激な普及やスマフォの拡散、SNSの大流行などはそれらを使う人が『全体の15%』を超えた辺りから爆発的に伸びたというデータがあるらしいです。

2018年というのは、仮想通貨の普及率が『15%』を超え、一般に爆発的に浸透する年であると言われています。

そうなれば、現在の仮想通貨の価値は2~3倍どころの話ではなくなり、10倍以上にも膨れ上がるかもしれません。

仮想通貨は、いつ始めるべきなの?

始めるべきなのはいつかと聞かれたら『一刻も早くいま』です。

モノの価値というのは、それらを欲しいと思う人がどれだけいるかによって決まります。

また、モノの価値はそれに気付いている人がどれだけいるかによっても決まるので、買い時といえば『いまこの瞬間』です。

IT技術やスマフォ、SNSが急速に拡散していったように仮想通貨もこれから急速に普及していくものであると思います。

今でこそ疑わしいものと思われていますが、10年後の未来では当たり前で欠かせないものになっていると思います。

(そうでなければ、ここまで盛り上がらない。)

すでに恐ろしい値上がりを見せていると度々言われている仮想通貨ですが、これからまだまだ上がります。

始めるのは『いまこの瞬間』なのです。

関連記事

【今週のウィルときしん③】今週の仮想通貨動向(2月第2週)

仮想通貨に不信感を抱いている方々へ。

仮想通貨に係る先行者利益のお話。

仮想通貨は短期用と長期用の2つに分けるべし

仮想通貨をやるなら現物で~先物取引は神経削られる~

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。

→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨