僕の携帯の変遷をお知らせするよ。

▼投稿をシェアする▼

どうも、Xeperiaユーザのウィルです。

先日の記事でもお伝えしましたが、この度XperiaZ3 compactからXperiaX compactに機種変をしましたので、合わせて過去の携帯の変遷をたどっていければなと思います。

(1)ガラケー①:高校1年のとき

僕は中学の頃はメールは基本家のパソコンから送信していたので、このガラケーが初めて持つことになった携帯電話になります。メールの受信があると、上部の四角いランプが青色に点滅して画面を開かなくても教えてくれたのを覚えています。

ランプが青く点滅すると「誰からのメールかなあ」とうれしくなったのを覚えています。

ただ、開けてみるとメーリングリストだったことは多々ありました。今の高校生はメーリングリストとかほとんど使ってないだろうなあ。知っている人とかいるのかな?

(2)ガラケー②:高校3年のとき

僕の記憶が正しければ、1号機は高校3年のときにトイレにスロウアウェイしてしまいお陀仏となりました。トイレ中携帯をいじっていたのですが、立ち上がろうとした際にポケットに半分だけ入っていた1号機は「待ってました」と言わんばかりに落下していきました。

そのおかげで、僕の元に訪れたのがこの携帯です。といっても、この携帯の思い出はあまりなかったような気がします。四角いランプもなくなってしまいましたし、メール受信のときの通知がカッコ悪くなった気がします。

ただ、浪人時代をともに過ごしたガラケーでもあるのでいろんな困難はかいくぐってきました。

(3)初めてのスマフォ(Xperia初代):大学1年のとき

大学に入り、いよいよスマフォを手にすることができました。ちょうどこの頃はLINEが流行り出したころで、大学の新歓期間に「LINE持ってる?」と新しく友達になった人に聞いていたのを覚えています。

いまとなっては、LINEを持っているなんて当たり前ですからね。なつかしい。

(4)XperiaZ3 compact:大学2年のとき(仮面浪人をしていたので、実質(3)から2年後)

僕のスマフォ第2号です。かなりスペックが上がった気がします。また、Xperiaの初代は大きいサイズを選んだのですが、ここではコンパクトサイズにしました。この小ささがいまも大好きで「小回りが利いて使いやすいなあ」と日々思います。

また、携帯カバーに各種カード(銀行のキャッシュカードやTカード、定期)がセットできるようになり、カードの出し入れがしやすくなり利便性が格段にアップしました。

以上が、僕の携帯電話の系譜になります。

いま使ってるXperiaX compactについては、もう少し使ってみてから感想を共有したいと思います。

それでは。