お金貯める派?使う派?~お金を貯めるメリット~

▼投稿をシェアする▼

どうも、お金大好きウィルです。

基本的にお金は貯めていくことにしているのですが、「そんなにお金を貯めてどうするのか?」と聞かれることがしばしばあります。

今回は、お金を貯めていくメリットについてお伝えしたいと思います。

将来ストレスフリーな状態を作りたい

私たちは常日頃いろいろなストレスに晒されています。バイト先への通勤・学校への通学、バイト先でのいざこざ、バイトで労働すること自体、バイト先の社員さんからの無茶ぶり等々。

お金を貯めていれば、これらのストレス源をいざとなったら完全にシャットアウトすることができます。要するに、その環境に身をおく必要性がなくなります。例えば、貯金があればバイトをしなくても暮らしていくことができますし、グリーン車に乗るなどして通勤通学のストレスを避けることができます。

こういった防衛策として、僕はお金を貯めています。実に消極的な理由に見えて、実は理にかなっていると感じています。

10日後、30日後も今と同じように楽しく暮らしたい

僕の人生の楽しみ方の1つに『いま楽しいし、10日後も30日後も楽しいだろうなと思うように生きる』というのがあります。

なにかに夢中になっているとき、今この瞬間が楽しいのは体感できるのですが、僕はその先も楽しいだろう状態を維持できるように考えて生きています。

それは、自分が置かれている境遇や友人関係、バイト先での人間関係などでも言えることです。僕にとっては『いま現に楽しいし、この楽しさはまだ当分続きそう』だという状態が至高なのです。

そういう意味で、まとまったお金を貯めておくことは将来に対する不安が減少するのでいいことだと思ってます。

生活に余裕ができる

毎日を贅沢三昧をして過ごしたいとはとても思いませんが、たまには贅沢をしたり何もせず過ごしたいときもあります。そんなとき、お金に余裕があればその願いも叶います。

また、お金を貯めておくことで『いざとなれば楽してもいい』という気持ちになれるのが大きいです。実際にだらける訳ではないのですが、この『いざとなれば』がすごく大事で予防線として生活にゆとりができる気がします。

以上、今回はどうして僕がお金を貯める癖をつけるようにしているかについてお伝えしました。

それでは、また明日。