ビットコイン大暴落の原因。

▼投稿をシェアする▼

どうも、仮想通貨始めましたウィルです。

今回は、先週から始まったビットコインの大暴落の原因についてお伝えします。

①大規模なハッキングが発生したこと

先週、イスラエルでの6万ビットコイン・韓国で6000ビットコインのハッキングが起きたことからビットコインのセキュリティが疑われ始めているのが原因みたいです。
最近は1ビットコイン=220万円を推移していたことから考えると、6万ビットコイン=1兆3200憶円、6000ビットコイン=1320憶円ものビットコインが失われてしまったことになります。

ビットコインのハッキング事件は75万ビットコインが奪われた2014年のマウントゴックス事件を初め、幾度となく繰り返されている。今回もビットコインのハッキング事件となり、ビットコインの信用そのものが脅かされているということになります。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

②ビットコインの生みの親がビットコインcashに鞍替え!?

ビットコインの生みの親と言われているクレイグライト氏が「ビットコインcashこそ本物のビットコイン」と発言したことから、ビットコインからビットコインcashに移行する流れが起きていることが原因になっている。というのも、最近のビットコインは送金遅延問題や高価な送金手数料の問題が露呈し、銀行に替わる送金手段としては疑問視され始めているところであり、そんなところでビットコインの生みの親がビットコイン離れを引き起こしているともいえる。

そうはいっても基軸通貨!?

上記の問題を抱えつつも、ビットコインはいまの仮想通過市場になくてはならない通貨であることは疑いの余地はないです。
時価総額も堂々の1位、通貨の1枚当たりの時価も堂々の1位。また、アルトコイン購入の際にはまだまだビットだてでの取引が一般的です。そういう意味でもビットコインが仮想通貨全体の市場に与える影響力はまだまだ絶大なので、まだまだ高値をキープすることは確かでしょう。

ビットコインが落ちているのではない!?

ビットコインの暴落が目立っているが、実は最近の暴落はビットコインのみの暴落ではなく仮想通過全体における暴落なのである。なので、ビットコインだけではなく、他の通貨もすこぶる価格が微妙な状態が続いているのである。

以上、今回はビットコインが大暴落している理由についてお伝えしました。

それでは、また明日。

【ウィルの使っている取引所】

ビットフライヤー(bitFlyer)※ビットコインの短期取引用
https://bitflyer.jp?bf=u3lbijxj
コインチェック(coincheck)※長期保有用
https://coincheck.com/?c=FYdHFO-35nQ
ザイフ(Zaif)※主要コイン、COMSA、トークンの取引用
https://zaif.jp?ac=csb5c9ko5w