韓国版銭湯『チンチルバン』がおすすめな理由~韓国旅行には欠かせない~

どうも、温泉大好きウィルです。

 

今回は、僕がオススメする勧告旅行No.1スポットを紹介します。

それが、チンチルバンです。

チンチルバンとは?

韓国版銭湯のことです。

日本の銭湯と韓国のチンチルバンはよく似ていて、温泉大好きな僕にはソウルタワーからの眺めや日本より圧倒的に派手なカラオケ(韓国語でノレパンと言います)よりも断然チンチルバンがよかった。

 

さっそく紹介します。

 

まず、入口はこんな感じ。

 

僕が行ったのは、東大門(トンデムン)にある『スパレクス』というチンチルバンです。

 

グッドモーニングシティというショッピングセンターの地下にあります。

 

チンチルバンの中はこんな感じ。

日本の銭湯との最大のちがいは、お湯が温泉ではなく薬草をしみこませたお湯であること。

また、手前から『低温・中温・高温』と3つの浴槽からなり、自分の好きな温度に合わせて浴槽を選ぶことができる。

 

ちなみに、1番奥の高温風呂が薬草をしみこませたお湯を使っています。

(結局、熱いの得意じゃないと薬草の恩恵には触れられない。)

 

そして、お風呂の外の部屋は韓国の昔ながらの家造りを模したデザインとなっています。

(ちなみに、24時間営業で寝る場所もある)

この窯が日本で言うサウナになっていて、中の温度は100度と日本より10度前後高い。

とはいえ、日本のサウナとはちがって中の湿度が高く設定されているので、温度とは裏腹に中は快適で長居できる。

 

友達と中で話していると、あっという間に10分くらい過ぎます。

 

そして、水風呂はなく氷部屋となっているのも日本の銭湯との違いの1つ。

サウナから出た後は、四方八方を氷の板で包まれた氷部屋で体を冷やします。

 

 

そこも新鮮でいいです。

 

ということで、今回は韓国のチンチルバンを紹介しました。

 

気になった方は、ぜひ韓国旅行の際に立ち寄ってみてください。

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨