Mr.ChildrenシングルCD売り上げランキング~業界全体売上で割戻し~

▼投稿をシェアする▼

こんにちは、チルオタ統計家のきしんです。

よくCD売上げランキングってありますよね。

こんなやつです。

(ヒカリノアトリエとhimawariを追加しているので、地味にどこにもない情報です!)

しかし、これはCD不況で、近年は正確に人気を表したものではないと言われます。

そこでカラオケや配信、動画再生回数を参考にするというやり方もあると思うのですが、

今回はあくまでCD売上枚数にこだわってランキングしてみたいと思います。

そのため、「業界全体の売り上げに対してどれだけの売上か」という観点でランキング化してみます。

まず前段として、お見せしたいのが年別の業界全体のオーディオレコード生産枚数です。

オーディオレコードにはMD、カセットテープなどを含みます。以下、オーディオレコードはCD、生産枚数は売上枚数ということにして進みます。

※2017年は、1月発売のヒカリノアトリエと、7月発売のhimawariがあるため、7月までの累計を出してます。

これを見ると1番CDが売れていたのは97年の4.81億枚ですね。

2016年と比べるとほぼ3倍売れていたことになります。

では、この業界全体売上枚数をMr.Childrenの各シングルCDの売上枚数に照らし合わせてみましょう。

※青い棒のミスチル売上と、オレンジの棒の業界全体売上は軸が違う点に注意してください。

見た目としては、だいたい青の100がオレンジの1という、長さの関係性になってます。

通説で言われている通り、だいたいCDの盛況とミスチルのCD売上盛況は一致してますね。

では、「ミスチルの各シングルが業界全体に対して何%の売上か」のランキングを見てみましょう。

売上比率が青で、単純な売上枚数がオレンジです。

意外と、基本的には単純な売上枚数とランキングが一致しますね。

しかしこのランキングのいいところは、近年の名曲が高ランクになっているところです。

例えばHANABIは単純売上23位に対して、売上比率は16位と高めです。

逆に時代の勢いに乗って売れていたシングルは、売上比率が低くなります。

マシンガンをぶっ放せは単純売上14位に対して売上比率20位、

NOT FOUNDは単純売上19位に対して売上比率26位、

ニシエヒガシエは単純売上17位に対して売上比率27位です。

なお、ヒカリノアトリエとhimawariは地味にランキングが上がっていますが、これは今年後半のCD売上が加わって、売上比率が半分くらいになると思いますので、参考としてください。

にしても、これが正確なシングル人気順と言えるのではないでしょうか!

ご要望があれば他のアーティストでもやってみたいと思います。