【ワンオク / アルバムおすすめランキング】「ゼイタクビョウ」から「Ambitions」まで、8アルバムを完全網羅

©ONE OK ROCK official website

ウィル
ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

ワンオクってカッコいいですよね?

ボーカルのTAKAのハイトーンボイスといい、ドラムのTOMOYAの超絶テクだったり、カッコいいところをあげたら枚挙に暇がないですね。

今回は、ゼイタクビョウ~Ambitionsまでのワンオクのオリジナルアルバム8枚を売上順・おすすめ順でランキング形式でまとめます。





アルバム売上ランキング

©ONE OK ROCK official website

©ONE OK ROCK official website

ワンオクは、いままでに8枚のアルバムをリリースしています。

【1】ゼイタクビョウ(2007年)

【2】BEAMS OF LOGHT(2008年)

【3】感情エフェクト(2008年)

【4】Nicheシンドローム(2010年)

【5】残響リファレンス(2011年)

【6】人生×僕=(2013年)

【7】35xxxv(2015年)

【8】Ambitios(2017年)

ここでは、ゼイタクビョウ~Ambitionsまでのワンオクのオリジナルアルバム8枚売上順でランキングにまとめます。

参考:ORICON NEWS「ONE OK ROCKのアルバム売上ランキング」

【8位】BEAM OF LIGHT(2008年)

ワンオク / アルバム売上ランキング第8位は、2008年発売のBEAMS OF LIGHTです

2008年5月28日発売

●ワンオク2枚目のオリジナルアルバム

●オリコン週間最高17位登場回数6回

BEAM OF LIGHT / 収録曲

●必然メーカー
●Melody Lineの死亡率
●100%(hundred percent)
●Abduction-Interlude
●燦さん星
●光芒
●Crazy Botch
●Yap

※ シングル曲の収録はなし

 

【7位】感情エフェクト(2008年)

ワンオク / アルバム売上ランキング第7位は、2008年発売の「感情エフェクト」です

2008年11月12日発売

●ワンオク3枚目のオリジナルアルバム

●オリコン週間最高13位登場回数15回

感情エフェクト / 収録曲

●恋ノアイボウ心ノクピド
●どっぺるゲンガー
●皆無
●20 years old
●Living Dolls
●Break My Strings
●存在証明
●CONVINCING
●My sweet baby
●Reflection
●Viva Violent Fellow~美しきモッシュピット~
●JUST

※ シングル曲の収録はなし

 

【6位】ゼイタクビョウ(2007年)

ワンオク / アルバム売上ランキング第6位は、2007年発売のゼイタクビョウです

2007年11月21日発売

●ワンオク1枚目のオリジナルアルバム(メジャーデビュー後、初のアルバムとなる)

●オリコン週間最高15位登場回数22回

ゼイタクビョウ / 収録曲

●内秘心書【1stシングル】
●Borderline
●(you can do)everything
●夜にしか咲かない満月
●努努-ゆめゆめ-【2ndシングル】
●カゲロウ
●Lujo
●ケムリ
●欲望に満ちた青年団
●エトセトラ【3rdシングル】
●A new one for all, All for the new one

※ 太文字がシングル曲。

 

【5位】残響リファレンス(2011年)

ワンオク / アルバム売上ランキング第5位は、2011年発売の「残響リファレンス」です

2011年10月5日発売

●ワンオク5枚目のオリジナルアルバム

●オリコン週間最高2位登場回数164回

残響リファレンス / 収録曲

●Coda
●LOST AND FOUND
アンサイズニア【5thシングル】
NO SCARED【6thシングル】
●C.h.a.o.s.m.y.t.h.
●Mr.現代Speaker
●世間知らずの宇宙飛行士
Re:make【6thシングル】
●Pierce
●Let’s take it somebody
●キミシダイ列車

※ 太文字がシングル曲。

 

【4位】Nicheシンドローム(2010年)

ワンオク / アルバム売上ランキング第4位は、2010年発売のNicheシンドロームです

2010年6月9日発売

●ワンオク4枚目のオリジナルアルバム

●オリコン週間最高4位登場回数320回

2016年度オリコン年間59位

Nicheシンドローム / 収録曲

●Introduction
●Never Let This Go
完全感覚Dreamer【4thシングル】
●混雑コミュニケーション
●Yes I am
●Shake it down
●じぶんROCK
●Liar
●Wherever you are
●Riot!!!
●アダルトスーツ
●未完成交響曲
●Nobody’s Home

※ 太文字がシングル曲。



【3位】35xxxv(2015年)

ワンオク / アルバム売上ランキング第3位は、2015年発売の35xxvxvです

2015年2月11日発売

●ワンオク7枚目のオリジナルアルバム

●オリコン週間最高1位登場回数115回

2015年度オリコン年間17位

35xxxv / 収録曲

●3xxxv5
●Take me to the top
●Cry out
●Suddenly
Mighty Long Fall【9thシングル】
●Heartache
●Memories
●Decision
●Paper Planes(featuring Kellin from Sleeping with Sirens
●Good Goodbye
●Stuck in the middle
●Fight the night

※ 太文字がシングル曲。

 

【2位】人生×僕=(2013年)

ワンオク / アルバム売上ランキング第2位は、2013年発売の人生×僕=です

2013年3月6日発売

●ワンオク6枚目のオリジナルアルバム

●オリコン週間最高2位

人生×僕= / 収録曲

●Introduction~where idiot should go~
●Ending Story??
●ONION!
The Beginning【7thシングル】
●Clock Strikes
●Be the light
●Nothing Helps
●Juvenile
●All Mine
●Smiling down
●69
●the same as…

※ 太文字がシングル曲。

 

【1位】Ambitions(2017年)

ワンオク / アルバム売上ランキング第1位は、2017年発売のAmbitiosです

2017年1月11日発売

●ワンオク8枚目のオリジナルアルバム

●オリコン週間最高1位登場回数65回

Ambitions / 収録曲

●Ambitions -Introduction-
●Bombs away
Taking Off【配信4thシングル】
●We are
●20/20
●Always coming back【配信3rdシングル】
●Bedroom Warfare
●Lost in Tonight」
●I was King
●Listen (featuring Avril Lavigne)
●One Way Ticket
●Bon Voyage
●Start Again
●Take what you want (featuring 5 Seconds of Summer)

※ 太文字がシングル曲。



おすすめランキング

©ONE OK ROCK official website

©ONE OK ROCK official website

ここからは、ワンオクオリジナルアルバムをおすすめ順でランキング形式でお伝えします。

【8位】BEAM OF LIGHT(2008年)

ワンオク / アルバムおすすめランキング第8位は、2008年発売のBEAMS OF LIGHTです。

BEAM OF LIGHT / 収録曲

●必然メーカー
●Melody Lineの死亡率
●100%(hundred percent)
●Abduction-Interlude
●燦さん星
●光芒
●Crazy Botch
●Yap

※ 太文字がおすすめ曲。

おすすめ曲

※執筆中

 

【7位】感情エフェクト(2008年)

ワンオク / アルバムおすすめランキング第7位は、2008年発売の感情エフェクトです。

感情エフェクト・収録曲

●恋ノアイボウ心ノクピド
●どっぺるゲンガー
●皆無【おすすめ1】
●20 years old
●Living Dolls
●Break My Strings
●存在証明
●CONVINCING
●My sweet baby
●Reflection
●Viva Violent Fellow~美しきモッシュピット~
●JUST

※ 太文字がおすすめ曲。

おすすめ曲

皆無

 

自転車に乗っているときに聴きたい曲です。疾走感があります。

 

【6位】ゼイタクビョウ(2007年)

ワンオク / アルバムおすすめランキング第6位は、2007年発売のゼイタクビョウです。

ゼイタクビョウ / 収録曲

●内秘心書【おすすめ1】
●Borderline
●(you can do)everything
●夜にしか咲かない満月
努努-ゆめゆめ-
カゲロウ【おすすめ2】
●Lujo
●ケムリ
●欲望に満ちた青年団
エトセトラ
●A new one for all, All for the new one

※ 太文字がおすすめ曲。

おすすめ曲

内秘心書

※執筆中

カゲロウ

※執筆中



【5位】35xxxv(2015年)

ワンオク / アルバムおすすめランキング第5位は、2015年発売の35xxxvです。

35xxxv / 収録曲

●3xxxv5
●Take me to the top
●Cry out【おすすめ1】
●Suddenly
Mighty Long Fall【おすすめ2】
●Heartache【おすすめ3】
●Memories
●Decision
●Paper Planes(featuring Kellin from Sleeping with Sirens
●Good Goodbye
●Stuck in the middle
●Fight the night

※ 太文字がおすすめ曲。

おすすめ曲

Mighty Long Fall

※執筆中

Cry out

 

実はこの曲、日本語バージョンと英語バージョンの2つのバージョンがあります。

 

日本語ver.と英語ver.のメロディラインが若干違うのも聴きどころです。

35xxxv自体がアメリカで収録されたので、Cry out以外にも35xxxv Deluxe Editionとして英語ver.アルバムがアメリカで発売されました。

Heertache

※執筆中

 

【4位】Ambitions(2017年)

ワンオク / アルバムおすすめランキング第4位は、2017年発売のAmbitiosです。

Ambitions / 収録曲

●Ambitions -Introduction-
●Bombs away
●Taking Off【おすすめ1】
We are【おすすめ2】
●20/20
●Always coming back
●Bedroom Warfare
●Lost in Tonight」
●I was King
●Listen (featuring Avril Lavigne)
●One Way Ticket
●Bon Voyage
●Start Again
●Take what you want (featuring 5 Seconds of Summer)

※ 太文字がおすすめ曲。

おすすめ曲

Taking Off

2016年9月発売のワンオク4枚目の配信シングルです。ワンオクの配信シングルはTaking Off以外にthe same as…The Way BackAlways coming backChangeの4曲があり、この中では1番有名な曲なんじゃないかと思います。

 

あの渚園のライブでも初披露された曲です。総集編映像カッコよすぎ。黒髪Takaもかっこいいですが、渚園の時の金髪Takaもめちゃめちゃカッコいいですね。

また対外的には、小栗旬主演の映画「ミュージアム」の主題歌になった曲でもあります。

 

ちなみに、この映画「ミュージアム」の監督は実写映画「るろうに剣心」と同じ大友啓史監督。ワンオクはThe BeginningMighty Long FallHeartacheるろうに剣心の主題歌を担当してきているだけあって、大友啓史監督との深い繋がりは感慨深いですね。

ワンオクはるろ剣のThe Beginningから始まったと言っても過言ではないですからね。これからも大友啓史映画には積極的にワンオクを起用してほしいなと思います。

We are

※執筆中

 

【3位】人生×僕=(2013年)

ワンオク / アルバムおすすめランキング第3位は、2013年発売の人生×僕=です。

人生×僕= / 収録曲

●Introduction~where idiot should go~
Ending Story??【おすすめ1】
●ONION!
The Beginning【おすすめ2】
Clock Strikes【おすすめ3】
●Be the light【おすすめ4】
●Nothing Helps
●Juvenile
●All Mine
●Smiling down
●69
●the same as…

※ 太文字がおすすめ曲。

おすすめ曲

Ending Story??

※執筆中

The Beginning

 

ワンオクで一番知名度の高いメガヒット曲です。

ワンオクを詳しく知らない人の前でも、この曲を見せれば分かってもらえます。

Youtubeの総再生回数が1億900万回を超えている化け物級の人気を誇ります。(2018年4月12日現在)

対外的には、佐藤健主演の実写版るろうに剣心の第一作の主題歌になった曲です。

 

この映画で大友啓史監督と出会い、京都大火編のMighty Long Fall伝説の最後編のHeertacheと続いていく訳です。

Clock Strikes

※執筆中

Be the light

※執筆中

 

【2位】Nicheシンドローム(2010年)

ワンオク / アルバムおすすめランキング第2位は、2010年発売のNicheシンドロームです。

Nicheシンドローム・収録曲

●Introduction
●Never Let This Go
●完全感覚Dreamer【おすすめ1】
●混雑コミュニケーション
Yes I am【おすすめ2】
●Shake it down
●じぶんROCK【おすすめ3】
●Liar
●Wherever you are
●Riot!!!
●アダルトスーツ
●未完成交響曲【おすすめ4】
●Nobody’s Home

※ 太文字がおすすめ曲。

おすすめ曲

完全感覚Dreamer

※執筆中

じぶんROCK

※執筆中

Yes I am

この曲が特に好きだという人に会ったことがありませんが、ワンオク随一の応援ソングです。

未完成交響曲

 

Nicheシンドロームの12曲目に収録されているアルバム曲です。アルバムにしておくのがもったいない程いい曲。

ワンオクにしては珍しい全歌詞が日本語の曲ですね。

一説によると、ワンオクを脱退してしまった元メンバー・Alexに向けて書いた曲ではないかとも言われています。

どちらにしても、ワンオクの応援ソングの中でも1位、2位を争う勇気がもらえる歌です。

 

2010年のTHIS IS MY BUDOKAN?! 武道館公演の演出は最高ですね。

 

【1位】残響リファレンス(2011年)

ワンオク / アルバムおすすめランキング第1位は、2011年発売の残響リファレンスです。

残響リファレンス / 収録曲

●Coda
●LOST AND FOUND
アンサイズニア【おすすめ1】
●NO SCARED
C.h.a.o.s.m.y.t.h.【おすすめ2】
●Mr.現代Speaker
●世間知らずの宇宙飛行士
Re:make【おすすめ3】
●Pierce
●Let’s take it somebody
キミシダイ列車【おすすめ4】

※ 太文字がおすすめ曲。

おすすめ曲

アンサイズニア

※執筆中

C.h.a.o.s.m.y.t.h.

※執筆中

Re:make

※執筆中

キミシダイ列車

 

言わずと知れたワンオクの名曲ですね。残響リファレンスの11曲目に収録されています。

未完成交響曲も最高の応援ソングですが、キミシダイ列車も負けず劣らず最高の応援ソングです。

大学の音研ライブでも最後の曲によく耳にした曲でした。それだけ盛り上がる曲ということなんですね。

元々、ONE OK ROCK 2009 Emotion Effect TOUR の会場限定CDに収録されていた未発表ライブ音源をスタジオレコーディングした曲なんです。

CD音源にしてくれてありがとう。何回聴いても飽きません。



最後に

©ONE OK ROCK official website

©ONE OK ROCK official website

ゼイタクビョウ~Ambitionsまでのワンオクのオリジナルアルバム8枚を売上順・おすすめ順でランキング形式でまとめました。

ワンオク / アルバム売上ランキング

【第1位】Ambitios(2017年)

【第2位】人生×僕=(2013年)

【第3位】35xxxv(2015年)

【第4位】Nicheシンドローム(2010年)

【第5位】残響リファレンス(2008年)

【第6位】ゼイタクビョウ(2007年)

【第7位】感情エフェクト(2008年)

【第8位】BEAMS OF LOGHT(2008年)

ワンオク / アルバム売上ランキング

【第1位】残響リファレンス(2011年)

【第2位】Nicheシンドローム(2010年)

【第3位】人生×僕=(2013年)

【第4位】Ambitios(2017年)

【第5位】35xxxv(2015年)

【第6位】ゼイタクビョウ(2007年)

【第7位】感情エフェクト(2008年)

【第8位】BEAMS OF LIGHT(2008年)

いかがだったでしょうか。

上記のアルバムは、iTunes でも聴けます。

Ambitions JAPAN DOME TOURで歌われた曲はこちらの記事で1曲ごとに丁寧に解説しているので合わせてぜひ!

【ワンオク / Ambitions 2018セトリ曲を一曲ずつ丁寧に解説】全てのOORer 必見

2018.04.12
ウィル

【Twitterも、随時更新中】

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@趣味ブロガー