レオパレスの6つの長所と7つの不満《実際に住んでみた感想・口コミを公開》

ウィルときしん(will_and_kishin)のウィルです。

一人暮らしっていいですよね。

親元を離れ自分1人で生活していくことは、実家暮らしとはまた違った喜びがあります。

実家暮らしをしている傍ら、ひそかに一人暮らしもしてみたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

一方、一人暮らしを始めようと思った時に真っ先に問題になるのはどの物件に住むか問題です。

住む駅はもちろん、駅からの距離、家の周りの設備、そしてどこの不動産業者から借りるかも大事なチェックポイントになるかと思います。

不動産会社も多く、有名どころで言えば、

●東急リバブル
●SUUMO
●エイブル
●CINTAI
●アットホーム
●アパマンショップ
●ホームメイト
●レオパレス21

と、1つずつ挙げていったらキリがありません。

そこで今回は、レオパレス居住者から見たレオパレス物件に住むメリット・デメリット友人やネット上の口コミをまとめます。

”続きを読む”

レオパレスの長所

レオパレスの長所は、以下が代表的なものになります。

レオパレスの長所

●ロフトがあること

●天井が高いこと

●家具の初期費用がかからない

●水道代が免除される

●駅チカな物件が多い

●Wifiの手続きが楽

それでは、1つ1つ見ていきましょう。

【1】ロフトがあること

レオパレス最大の強みはロフトがあることです。

ロフトの使い道は、大きく3つあります。

ロフトの使い道

●来客時の睡眠スペース

●日用品や服の物置スペース

●気分転換のための睡眠スペース

実際のところ、ロフトの存在は非常に大きく、友達が泊まりに来ても寝るスペースに困りませんし、普段から物置きスペースにも困りません。

特に、友達が来たときに寝床を確保してあげられるのは大きいです。

ロフトは縦長で面積自体も想像しているよりかなり広いので、頑張れば2~3人寝ることができます。

【2】天井が高いこと

レオパレスの物件は、ロフトがあることにより天井が高くなっています。

ロフトの有用性は来客時だけかと思いきや、そんなことはありません。

そのおかげか、レオパレスの物件には床面積6畳とは思えない開放感があります

一時期『天井が高い家』のCMが流行りましたが、たしかに天井の高さは住まいに欠かせない条件であると実感しています。

【3】家具の初期費用がかからない

レオパレスの物件には、下記の家具が備えつけてあります。

レオパレス / 初期設備

●冷蔵庫

●エアコン

●洗濯機

●電子レンジ

●机、イス×2

●テレビ

これにより、引っ越しにかかる家具代がかかりません。

特に、洗濯機や冷蔵庫、電子レンジが備え付けてあるのは助かりますね。

これらを一から買おうと思ったら、それなりのお金がかかります。

全部揃えようと思ったら、20万位かかるんじゃないでしょうか?

レオパレスユーザなら引っ越してきた時に買う家具は、炊飯器と電気ケトルだけでいいのです。

この2つなら合わせて1万円弱です。引っ越しにかかる初期費用をおさえることができるのは、ものすごくありがたいですね。

【4】駅チカな物件が多い

レオパレスの物件は駅チカな場合は多く、駅着いてちょっと歩いたらすぐの距離にあります。

家に行くまでのちょうど中間地点にコンビニもあったりして、アクセスがよいのも売りの1つです。

【5】水道代が免除される

物件によるのかもしれませんが、レオパレスでは水道代がかかりません。

水道代というのは平均すると月々1500円~2500円くらいにはなる上、一人暮らしをしていく以上欠かすことのできない固定費の1つづす。

固定費は、単月では小さなものでも通年で考えるとバカにできません。

その固定費が無料で借りられるというのは大きなメリットになるかと思います。

【6】Wifiの手続きが楽

レオパレスには独自のWi-fiとして『レオネット』があります。

レオネットは月額3240円で、自宅でのWi-fiが使い放題です。

自宅におくルーターあるいは、ポータブルWifiの手続きを別途する必要がなく、引っ越してきた際にはスムーズに通信設備を整えることができます。

レオパレスに対する不満

次にレオパレス物件に住む不満をあげます。

レオパレスに対する不満

【1】家賃以外に費用がかかる

【2】水漏れを起こすことがある

【3】シャワーの調整が甘いことがある

【4】壁が薄い物件がある

【5】高額な退去費用を要求される

【6】ネットの通信が遅い時がある

【7】家賃以外になにかと手数料がかかる

メリットと違ってデメリットの方は物件によるところはありますが、一般的にレオパレス物件に言われていることを集めました。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

【1】家賃が若干高い

レオパレスのメリットの1つに家具が備え付けてあるということがあるのですが、逆にこれにより毎月の家賃は若干高くなります。

 

【2】水漏れを起こすことがある

レオパレスは設備の点検頻度が低いのか、水道から水漏れを起こしている場合があります。

【3】シャワーの調整が甘いことがある

私が住んでいて1番困ったことでした。

それが、シャワーの調整が甘いことです。

まじでどうにかしてほしかった…(今は解決済)

温かいお湯が出て「気持ちいいなあ~」と思っているとコイツからいきなり冷たい水が流れ出す!

しかも、なんの前触れもなく!本当に迷惑でした。

 

温水と冷水を左右で調整してブレンドするタイプになっているから、まずいんです。

銭湯やホテルのシャワーみたいに、縦にひねって温度を上げ下げできるタイプの蛇口にすればいいのに。

せっかくのハッピー朝シャンタイムが何回も台無しになってました。

今は点検工事が入って縦ひねりタイプになり冷水が出てくるというのはなくなりましが、物件によっては古い型のシャワーが設置されてる場合があるかもしれないので注意が必要です。

家賃以外の手数料が色々とかかる

レオパレス物件で注意しなければならないのが、家賃以外の手数料が色々とかかることです。

【4】壁が薄い物件がある

物件によっては、壁が薄い場合があるのがレオパレスの物件の特徴です。

「隣の部屋に画びょうを指すと、2つ隣の部屋から悲鳴が聞こえる」というたとえ話があるほどなので、近くの部屋の生活音が聞こえてしまう物件は多いのかなと思います。

友達を家に呼んで飲むなんて日は、周りの部屋の人たちにうるさがられないように注意が必要かもしれませんね。

ただ、私の住む物件では周囲の部屋の音がうるさく感じたことはありません。むしろ、周囲の部屋の音は聞こえません。

こればっかりは実際に住んでみないと分からないので、運が悪いと壁がめちゃめちゃ薄い家にあたってしまうかもしれません。

【5】高額な退去費用を要求される

 

特にレオパレス物件をたばこを吸ってバレた時の代償は大きいです。

知り合いの言うところだと退去時に10万円以上も取られたとか。

また、2年以上住まなかった場合には1カ月分の家賃が

また、レオパレス物件では長い期間住んだからといって退去費用が免除されることはありません。

 

【6】ネットの通信が遅い時がある

特に、夜の12時~2時頃にかけては通信速度が遅くなりやすいです。

皆、夜更かしをしてWifiを使ってパソコンや携帯を使っているんでしょうね。

【7】家賃以外に費用がかかる

 

ネット上でのレオパレス物件の評価

Twitter上でのレオパレス物件の評価をまとめます。

最近は、防犯用シルエットの話題で持ち切りみたいですが、その他にも色々なレビュー投稿を見つけることができます。

https://twitter.com/sgwrkig/status/981174143180718080

ただ、Twitter上ではマイナス意見が多めですね。

レオパレスに住むのに適している人

以上のメリット・デメリットを考慮して、レオパレス物件に住むのに適している人は以下になるかと思います。

レオパレス物件に住むのに適している人

●初期費用をできるだけ抑えたい人
●壁が薄い、Wifi通信が遅いなどは気にならない人
●部屋をキレイに使える人引
●家賃は少し高くともっ越しの手間や準備に時間をかけたくない人
●床面積の広さというよりは天井の高い家に住みたい人

最後に

ちなみに、レオパレス21にはTwitterの公式アカウントがあって、レオパリスくんというゆるキャラまでいるみたいです。

レオパレスのCMにも出てこないし在感も薄いですが、リスはけっこう可愛いですね。

レオパレス、気になった方はお近くの店舗に足を運んでみて下さい。

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨

”折りたたむ”