SAWを2から見てみたら、それはそれで楽しめた



こんにちは、映画好きのきしんです。

私はAmazon Primeに加入していて、よくPrime Videoの映画を観るのですが、

こないだSAWをみたくなって探しました。

ウィルの記事で偶然「SAW」の話が出てきて、ホラー好きなのに見てなかったな…

と思ったのです。

 

すると、Prime VideoにあったにはあったけどまさかのSAW2以降のみ笑

ということで、気持ち悪い感じがしたのですが、1を見ずにSAW2を観ました。

「SAW2」の画像検索結果

以下、ネタバレもあります。

 

結論から言うと、SAW2だけ見ても面白かったです。

ドラマで言ったら1話完結型なので、特に前作との繋がりも気になりませんでした。

 




目次を開く/閉じる

SAW1のすごさ

「saw 映画」の画像検索結果

SAW1はよく「ラストがすごい」と言われています。

私は1を観たことはないのですが、SAWの口コミを観ていたら知ってしまいました。

どうやら殺し合いをする男達の真ん中で横たわっていた死体が、その殺し合いの仕掛け人のジグソウで、2人とも死んだ後むくっと起き上がるということみたいですね。

(仕掛け人である)私はもっとも近くでお前たちを見ている

というフリが事前にあって、それが最後に繋るということみたいです。

 

ちなみにジグソウはこのおじさんです。

話し方はかなり穏やかですが、頭の中はかなりサイコです。

「ジグソウ」の画像検索結果

SAW2のすごさ

では2はどうなのかというと、2は2でかなりラストにびっくりしました。

あらすじはこんな感じです。

ジグソウを追った刑事はジグソウにおびき出されてアジトを発見する。

しかし、そこでみつけたモニターには遅効性の毒ガスが撒き散らされている部屋が映っている。

そして、その部屋の中にいる数人の中に、刑事は息子を見つける。

どうにかその部屋の場所をジグソウから聞き出そうとする刑事。

ジグソウはなかなか場所を言おうとしない。

それどころか「ゲームをしよう」「ゲームのルールは簡単」「私の話を聞くだけだ」「息子は安全なところにいる」とずれた事ばかり言って、だんだんと毒ガスが充満していく。

しかし、ようやく口を割らせて、ジグソウを連れ、単独で突入し、ギリギリのところでその部屋に間に合った!

情報捜査班もモニターの回線から部屋の場所を導き出し、その部屋に迫る。

と思ったら…

ここからがラストへ繋るネタバレです

と思ったら、刑事が突入したその部屋はまさしく毒ガスが充満していたあの場所だったが、誰もいない。実は、そこは全く同じ構造をした別の部屋で、ジグソウに騙されていたのだった。

そして、情報捜査班が突入した先は本当の部屋。しかし、モニターの映像とはなぜか行動が合わない。

実は、モニターの映像は何時間も前に録画されたものだったのだ。

単騎突入した刑事はジグソウの仲間に閉じ込められてしまう。

 

毒ガスが充満しきったタイムリミットのその時間、モニターが置いてあるジグソウのアジトで金庫が自動的に開いた。

中には酸素マスクを付けて眠らされた刑事の息子がいたのだった…

この手のこんだ感じが、考えることが好きな私にはぴったりでした。

 

もうラスト分っちゃってるけど1も見ようかなあ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください