【ブログ / リライトのコツ】定期的な「メンテナンス」を怠らず、アクセスを爆増させる


ウィル
ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

ブログって、楽しいですよね。

楽しいとたくさんの記事を書きたくなります。

ブログに書くネタって無限なので永遠に書き続けられる気がします。

こちらの記事でも書きましたが、ブログのネタってなんでもいいんですよね。

好きな映画や音楽の本の紹介、食べてみておいしかったお店についての記事、僕だったら今もっとも興味のある投資関連の気付きや仮想通貨について等々。

ブログに何を書いたらいいのか分からないという方はまずは自分が好きなことを書き綴ってみるということをおすすめします。

きっとそれだけで、50記事位は書けるのではないでしょうか。

関連記事:【ブログ9か月目の本音】ブログを書くのが好きで好きでたまらなくなるために必要なこと




ブログのリライトの必要性

さて本題ですが、ブログのリライトってしたことありますか?

昔書いた記事を読みやすいように書き直したり、追加情報を書き加えるという作業です。

意外にも過去に書いた記事を見直す人というのは少ないような気がします。

ブログを始めて数カ月も経つと、自分の書いた記事が着々とストックされていることに気が付きます。

僕もその一人です。

 

ブログ初期にありがちなこと

初期のブロガーには以下のことが当てはまります。

・関連記事のリンクを貼らない
・太文字や文字色、文字の大小を調整しない
・TwitterやYoutubeの埋め込みをしない
・見出しや区切りを設けない

 

ブログを始めた初期というのはひとえに要領を得ていないんですね。

手探りでブログの方向性や記事の書き方を模索しながら前に進んでいる感じ。

ブログを始めて数カ月でリライトが有効な理由

一方ブログを始めて数カ月が経つと、ブログに関する知識も深くなりますし、以下の能力も向上していることに気が付きます。

また、以下の

●書ける文量が多くなる
●見出しや区切りなど見やすいデザインを心得ている
●検索されやすいキーワードを心得ている

 

ブログを続けてみて身に付いた技術を使わない手はないのです。

どこからリライトするべきか

いざリライトをしてみようとなった時にぶち当たるのがどこからリライトすればいいか分からない問題です。

これは書いてきた記事が多ければ多いほど深刻な問題になります。

しかし、ここは日々のブログ記事と同じで書きたいものから書けばいいのです。

数カ月前といまの自分ではおそらく大きな進歩が見られることに気が付くはずです。

どの記事をリライトするにしてもやるべきことはたくさん浮かぶことでしょう。

リライト日のすすめ

新しい記事を量産して前に進んでいくことももちろん大事なことですが、たまにはリライトをする日を設けてもいいかもしれません。

 

最後に

量・質ともに追及していくために、定期的なリライトをおすすめします。

ウィル

【Twitterも、随時更新中】

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@趣味ブロガー