一人暮らしのメリット・デメリット【実家暮らしとの比較】

ウィルときしん(will_and_kishin)のウィルです。

一人暮らしって楽しいですよね。

親元を離れ生活をするというのは、実家暮らしとはまた違った良さがあります。

一方で一人暮らしにならではの苦労や不自由もあるのが事実です。

今回は、一人暮らしのメリット・デメリットを実家暮らしと比較してお伝えします




一人暮らしのメリット

自分の好きに生活できる

一人暮らしのメリットの1つは自分の好きなように生活できることです。

一人暮らしをすることで得られる自由というやつですね。

実家暮らしだと家事や洗濯をしてくれる人がいる反面、食事の時間や掃除のこだわりポイントなど家族ルールみたいなものがあります。

一人暮らしだと何をするのにも自分でやらなければならないですが、そのやり方は自分の好きなようにすることができます。

生活の知恵が身に付く

一人暮らしをすると、生活の知恵が身に付きます。

生活の知恵とは以下のようなことをする能力のことです。

料理をする能力

一人暮らしを始めると基本的には自炊をすることになります。

よほどお金に余裕があるだとか多少高いのはやむなしと考えているのであれば問題ないのですが、食費を節約したいと思っているのであれば外食やコンビニ飯ではなく自炊をするものです。

毎日自炊をしていれば料理の腕前は当然上がってきます。

掃除をする能力

一人暮らしに掃除は欠かせません。

黙っていても掃除をしてくれる人はもちろんいませんし、掃除もせずそのまま放置しておけば部屋は汚くなるばかりです。

小さなスキマ時間にちょっとした掃除をする癖がつきます。

洗濯をする能力

一人暮らしに洗濯は欠かせません。

洗濯物の量こそ多くはないですが、溜まった洗濯物はこまめに洗濯する癖がつきます。

節約をする能力

一人暮らしをしていくのに節約は必須です。

実家暮らしであればお金がなくなっても家に引きこもっていれば何とかなるところがありますが、一人暮らしだと毎日の食費や生活雑貨にもお金がかかることがよく分かります。

必要最低限のものを必要なだけ使える人もいれば、不要なものをついつい買ってしまう人もいます。
関連記事:一人暮らしにおすすめのダイソーアイテム7選~これがあれば一人暮らしも楽チン!?~

自分で起きる能力

実家暮らしでも自分で目覚ましを設定し起きている人が多いかもしれませんが、そうはいっても実家暮らしだとみなが起きるという習慣があります。

自分が起きなくとも別の誰かが起きるのです。

寝ていても皆が起きた生活音(人が歩く音や料理をする音などなど)は耳に入ってくるので自然と目が覚めるようになっているかと思います。

しかし、一人暮らしの場合は自分が起きなければ誰も起きないので朝起きるハードルは若干高くなるかと思います。

お金を管理する能力

家計簿などを付けている人とそうでない人ではお金の管理具合がまったく違います。

気付いたらお金がなくなっているということは往々にしてあるので注意が必要です。
関連記事:家計簿の作り方~家計簿を続け、収支を管理する~

一見これらの能力はできて当然だし誰でもできるものと誤解されがちですが、実際に一人暮らしをしてみると中々難しいことが分かります。

いつでも友達を家に呼ぶことができる

一人暮らしのメリットの1つは友達を好きな時に家に呼ぶことができます。

実家暮らしと違って家の家主は自分になる訳ですから好きなときに呼べる訳です。

また、男子大学生で門限がある人は少ないかと思いますが帰宅する時間も自由になります。

飲み会などで夜遅くなり酔っ払って帰ってきたとしても、家族に何を言われることもありません。

一人暮らしのデメリット

時折はげしい寂しさに襲われる

一人暮らしのデメリットの1つは時折はげしい寂しさに襲われることです。

普段は自由を感じることの多い一人暮らしですが、一定周期でさびしさを感じる時期があるのが困ったところです。

なにかとお金がかかる

一人暮らしは何かとお金がかかります。

以下がその代表格です。

●家賃
●光熱費
●携帯利用料
●生活雑貨全般

これらの支出があることを念頭に置きながら毎日暮らしていかなければならないところがあります。

風邪の時に看病をしてくれる人がいない

一人暮らしのデメリットの1つは風邪や病気になった時に看病してくれる人がいないということです。

実家暮らしであれば、兄弟姉妹やお母さんが看病してくれることもありますが、一人暮らしでは家には自分しかいないので家の誰かに助けを求めることはできないのです。

もちろん、友達や彼女に助けを求めることもできるのですが来てくれるかどうかは彼らの予定にかかっているところがあります。

自分で家事全般をしなくてはならない

当然のことですが一人暮らしではご飯が食べたければ、外食をするかコンビニでお弁当を買うか自分で料理をするしか方法はありません。

実家暮らしで待っていればお母さんが料理を作ってくれるということはありません。

お腹がすけば自分でどうにかしなければならない訳です。

実家暮らしのメリット

毎日料理を作ってくれる人がいる

実家暮らしではお母さんが料理を作ってくれるおうちが多いのではないでしょうか?

お腹が空いても待っていれば料理が出てくるというのは、これ以上の贅沢はありません。

実家暮らしのデメリット

プライベートスペースが少ない

実家暮らしのデメリットの1つがプライベートスペースが少ないことになります。

実家暮らしでは完全に1人の空間というものがないのです。

自分の部屋にいたとしても部屋の外には家族の共有空間がありますし、家族が自分の部屋に入ってくることも簡単にできます。

極端に言えば、家族がみな留守のときでなければ1人になる時間というのはないのです。

最後に

一人暮らしのメリット・デメリット、実家暮らしのメリット・デメリットをまとめました。

まだまだ色々なポイントはありそうなので逐一更新します。

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨