【ジブリ映画 / 興行収入ランキング】歴代ジブリ映画全21作品をマルっと振り返り

ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

ここで一度過去のジブリ長編アニメーションを振り返ってみましょう。

ちなみに、宮崎映画に負けず劣らずのその他の名作のランキングはこちら。

興行収入ランキングを載せます。





【第1位】千と千尋の神隠し(11作目・2001年)

千と千尋の神隠し [ 柊瑠美 ]

★興行収入304億円
宮崎駿監督作品

日本の歴代映画興行収入ランキングでも堂々の第1位に輝いています。

ベスト5には以下4作品が続きます。

2位:タイタニック(1998年)
・・・262億円 ※配給収入160億円)
3位:アナと雪の女王(2014年)
・・・254.8億円
4位:君の名は。(2016年)
・・・250.3億円
5位:ハリーポッターと賢者の石(2001年)
・・・203億円

興行収入とは

映画館の入場料金収入のこと。映画のチケット代×動員人数となる。

配給収入とは

興行収入から映画館(興行側)の取り分を差し引いた金額。実際の配給会社の取り分になる。

【第2位】ハウルの動く城(13作目・2004年)

ハウルの動く城 [ 倍賞千恵子 ]

★興行収入196億円
宮崎駿監督作品

日本の歴代映画興行収入ランキングでも堂々の第6位に輝いています。

ベスト7~10には以下4作品が続きます。

7位:もののけ姫(1997年)
・・・193億円 ※配給収入113億円
8位:踊る大捜査線THE MOVIE2レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年)
・・・173.5億円
9位:ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年)
・・・173億円
10位:アバター(2010年)
・・・156億円

【第3位】もののけ姫(9作目・1997年)

もののけ姫 [ 松田洋治 ]

★興行収入193億円
宮崎駿監督作品

日本の歴代映画興行収入ランキングでも堂々の第7位に輝いています。

【第4位】崖の上のポニョ(15作目・2008年)

崖の上のポニョ [ 山口智子 ]

★興行収入155億円
宮崎駿監督作品

【第5位】風立ちぬ(18作目・2013年)

風立ちぬ [ 庵野秀明 ]

★興行収入116.1億円
宮崎駿監督作品

【6位】借りぐらしのアリエッティ(16作目・2010年)

借りぐらしのアリエッティ [ 志田未来 ]

★興行収入92.5億円
米林宏昌監督作品

【7位】ゲド戦記(14作目・2006年)

ゲド戦記 [ 岡田准一 ]

★興行収入76.5億円
宮崎吾朗監督作品(宮崎駿の息子さんの作品)

【第8位】猫の恩返し(12作目・2002年)

猫の恩返し/ギブリーズ episode2

★興行収入64.6億円
森田宏幸監督作品

【第9位】紅の豚(6作目・1992年)

紅の豚 [ 森山周一郎 ]

★興行収入47.6億円(配給収入28億円
宮崎駿監督作品

【第10位】平成狸合戦ぽんぽこ(7作目・1994年)

[DVD] 平成狸合戦ぽんぽこ

★興行収入44.7億円(配給収入26.5億円
高畑勲監督作品

【第11位】コクリコ坂から(17作目・2011年)

コクリコ坂から [ 長澤まさみ ]

★興行収入44.6億円
宮崎駿監督作品

【第12位】魔女の宅急便(4作目・1989年)

魔女の宅急便 [ 高山みなみ ]

★興行収入36.5億円(配給収入21.5億円
宮崎駿監督作品

【第13位】思い出のマーニー(20作目・2014年)

思い出のマーニー

★興行収入35.3億円
米林宏昌監督作品

【第14位】おもひでぽろぽろ(5作目・1991年)

おもひでぽろぽろ [ 柳葉敏郎 ]

★興行収入31.8億円(配給収入18.7億円
高畑勲監督作品

【第15位】耳をすませば(8作目・1995年)

耳をすませば [ 本名陽子 ]

★興行収入31.5憶円(配給収入18.5億円
近藤喜文監督作品
宮崎駿は脚本を担当

【第16位】かぐや姫の物語(19作目・2013年)

かぐや姫の物語

★興行収入24.7億円
高畑勲監督作品

【第17位】ホーホケキョ となりの山田くん(10作目・1999年)

ホーホケキョ となりの山田くん [ 朝丘雪路 ]

★興行収入15.6憶円(配給収入7.9億円
高畑勲監督作品

【第18位】風の谷のナウシカ(0作目・1984年)

正確にはスタジオジブリの作品ではなくトップクラフト制作の映画。

風の谷のナウシカ [ 島本須美 ]

興行収入14.8億円(配給収入7.6億円
宮崎駿監督作品

【第19位】となりのトトロ(2作目・1988年)/火垂るの墓(3作目・1988年)

 

となりのトトロ [ 日高のり子 ]

★興行収入5.9億円
宮崎駿監督作品

火垂るの墓 [ 辰巳努 ]

★興行収入5.9億円
高畑勲監督作品

実はトトロと火垂るの墓は同時上映の映画でした。

2作ともかなりボリュームのある映画なので今では驚きですが、当時は2本同時で観るというのは当たり前のことでした。

【第20位】天空の城ラピュタ(1作目・1986年)

天空の城ラピュタ [ 田中真弓 ]

★興行収入5.8億円
宮崎駿監督作品

【第21位】レッドタートル ある島の物語(21作目・2016年)

レッドタートル ある島の物語 [ マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット ]

★興行収入9600万円
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督作品
★スタジオジブリにとっては初の国外との共同製作による作品

最後に

いかがだったでしょうか。

以上、一覧にするとこんな感じです。

興行収入ランキング一覧

【第1位】千と千尋の神隠し:76.0億円

【第2位】:64.0億円

【第3位】ディアルガVSパルキアVSダークライ:50.2億円

【第4位】結晶塔の帝王 エンテイ:48.5億円

【第5位】ギラティナと氷空の花束 シェイミ:48.0億円

【第6位】アルセウス 超克の時空へ:46.7億円

【第7位】七夜の願い星 ジラーチ:45.0億円

【第8位】裂空の訪問者 デオキシス:43.8億円

【第9位】ビクティニと黒き英雄 ゼクロム/白き英雄 レシラム:43.3億円

【第10位】ミュウと波導の勇者 ルカリオ:43.0億円

【第11位】幻影の覇者 ゾロアーク:41.6億円

【第12位】セレビィ 時を超えた遭遇:39.0億円

【第13位】キュレムVS聖剣士 ケルディオ:36.1億円

【第14位】キミにきめた!:35.5億円

【第15位】ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ:34.0億円

【第16位】神速のゲノセクト ミュウツー覚醒:31.7億円

【第17位】破壊の繭とディアンシー:29.1億円

【第18位】水の都の護神 ラティアスとラティオス:26.7億円

【第19位】光輪の超魔神 フーパ:26.1億円

【第20位】ボルケニオンと機巧のマギアナ:21.5億円

ジブリ映画、どの作品も面白いですよね。

ジブリ映画を個別で観るならAmazon Primeがおすすめですが、イッキ見するならTSUTAYA DISCASがおすすめです。

TSUTAYA DISCASとは

TSUTAYAのDVD宅配サービス。わざわざ店舗までいかなくてもネット上でレンタルすれば翌々日に自宅のポストに投函されてます。

さらに、いまなら30日間の無料トライアル付きです。

関連記事

【ポケモン映画 / 興行収入ランキング】歴代全20作品を徹底比較!?ポケモン好き必見

2018.07.15

【コナン映画 / 興行収入ランキング】ルパン三世 vs コナンを除く歴代全21作を徹底比較!?コナン好き必見

2018.03.08

【ジブリ映画 / 興行収入ランキング】歴代ジブリ映画全21作品をマルっと振り返り

2018.03.05

【ドラえもん映画 / 興行収入ランキング】旧ドラ・新ドラ全38作品を徹底比較、ドラえもん好き必見

2018.03.03

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨