【ジブリ映画 / 興行収入ランキング】歴代ジブリ映画全21作品をマルっと振り返り



ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

ジブリ映画って、いいですよね。

ジブリ映画を見て育った男子・女子は多いはず。

今回は、ジブリ映画興行収入ランキングをお伝えします。





目次を開く/閉じる

【第1位】千と千尋の神隠し(11作目・2001年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第1位は、2001年公開の千と千尋の神隠しです。

概要

●興行収入:304億円

●宮崎駿監督作品

日本の歴代映画興行収入ランキングでも堂々の第1位に輝いています。

ベスト5には以下4作品が続きます。

2位:タイタニック(1998年)
・・・262億円 ※配給収入160億円)
3位:アナと雪の女王(2014年)
・・・254.8億円
4位:君の名は。(2016年)
・・・250.3億円
5位:ハリーポッターと賢者の石(2001年)
・・・203億円

興行収入とは

映画館の入場料金収入のこと。映画のチケット代×動員人数となる。

配給収入とは

興行収入から映画館(興行側)の取り分を差し引いた金額。実際の配給会社の取り分になる。

 

【第2位】ハウルの動く城(13作目・2004年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第2位は、2001年公開のハウルの動く城です。

概要

●興行収入:196億円

●宮崎駿監督作品

日本の歴代映画興行収入ランキングでも堂々の第6位に輝いています。

ベスト7~10には以下4作品が続きます。

7位:もののけ姫(1997年)
・・・193億円 ※配給収入113億円
8位:踊る大捜査線THE MOVIE2レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年)
・・・173.5億円
9位:ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年)
・・・173億円
10位:アバター(2010年)
・・・156億円

 

【第3位】もののけ姫(9作目・1997年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第3位は、2001年公開のもののけ姫です。

概要

興行収入:193億円

●宮崎駿監督作品

日本の歴代映画興行収入ランキングでも堂々の第7位に輝いています。

 

【第4位】崖の上のポニョ(15作目・2008年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第4位は、2001年公開の崖の上のポニョです。

概要

興行収入:155億円

●宮崎駿監督作品

 

【第5位】風立ちぬ(18作目・2013年)

ジブリ映画興行収入ランキング第5位は、2001年公開の風立ちぬです。

概要

●興行収入116.1億円

宮崎駿監督作品

●キャスト:庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、大竹しのぶ、志田未来

●主題歌:「ひこうき雲」松任谷由実

実在する人物である堀越二郎の半生を描いた話。飛行機技師である主人公の飛行機開発における葛藤と、その妻・菜穂子との恋愛模様を描いた作品です。

おすすめポイント

●菜穂子さんの生き様に感動

●主題歌が映画のために作ったのではないかというくらいぴったり

前半1時間が悪夢

風立ちぬ、最終的にすごくいい映画だと思うのですが、最初の1時間がとにかく地獄。

ひたすら1時間眠気と戦う耐久戦を強いられます。

僕は映画館で見た2回とも、わざわざお金を払って見に来ているのにも関わらず寝てしまいました。

はじめの1時間は睡眠の時間と捉えた方がよさそうです。

菜穂子さんが出てきてからが勝負

前半の1時間とは打って変わって、菜穂子さんとの恋の模様が描かれるようになってからはいままでの眠気が嘘のように目が覚めます。

こういった理由から「やっぱり映画は恋愛が面白いんだなあ」と思った映画でもあります。

宮崎駿監督としては、恋愛の要素も大事だけど、それと同じくらい堀越二郎の人生にも注目してほしいのだと思いましたが、見事に恋愛の部分しか真剣に見ることができませんでした。

「自分の美しい姿だけ見てもらいたかったのだろう」というセリフに感動

このセリフが「風立ちぬ」の中で1番心に刺さったセリフでした。

飛行機開発に没頭する次郎を支え、自分の死期を悟ると次郎の前から姿を消してしまう。

なんだか猫のような女性だなと思います。儚い、儚すぎる。

主題歌がよすぎる

主題歌のユーミンの「ひこうき雲」が映画にピッタリすぎるし、いい曲すぎます。

しかも、この曲もともとはこの映画のために作った曲ではないというのが驚きです。

この記事を書くついでにもう一度「ひこうき雲」聴いていますが、なんだか「風立ちぬ」が見たい気持ちになってきてしまいました。

それくらい映画に合致しているし、聴くだけで映画を呼び起こす曲だと思います。

 

【6位】借りぐらしのアリエッティ(16作目・2010年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第6位は、2001年公開の借りぐらしのアリエッティです。

概要

興行収入:92.5億円

●米林宏昌監督作品

 

【7位】ゲド戦記(14作目・2006年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第7位は、2001年公開のゲド戦記です。

概要

●興行収入:76.5億円

●宮崎吾朗監督作品(宮崎駿の息子さんの作品)

 

【第8位】猫の恩返し(12作目・2002年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第8位は、2001年公開の猫の恩返しです。

概要

●興行収入:64.6億円

森田宏幸監督作品

 

【第9位】紅の豚(6作目・1992年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第9位は、2001年公開の紅の豚です。

概要

興行収入:47.6億円(配給収入28億円

●宮崎駿監督作品

 

【第10位】平成狸合戦ぽんぽこ(7作目・1994年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第10位は、2001年公開の平成狸合戦ぽんぽこです。

概要

●興行収入:44.7億円(配給収入26.5億円

●高畑勲監督作品

 

【第11位】コクリコ坂から(17作目・2011年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第11位は、2001年公開のコクリコ坂からです。

概要

●興行収入44.6億円

●宮崎吾朗監督作品

 

【第12位】魔女の宅急便(4作目・1989年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第12位は、2001年公開の魔女の宅急便です。

概要

●興行収入36.5億円(配給収入21.5億円

●宮崎駿監督作品

 

【第13位】思い出のマーニー(20作目・2014年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第13位は、2001年公開の思い出のマーニーです。

概要

興行収入:35.3億円

●米林宏昌監督作品

 

【第14位】おもひでぽろぽろ(5作目・1991年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第14位は、2001年公開のおもひでぽろぽろです。

概要

興行収入:31.8億円(配給収入18.7億円

●高畑勲監督作品

 

【第15位】耳をすませば(8作目・1995年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第15位は、2001年公開の耳をすませばです。

概要

興行収入:31.5憶円(配給収入18.5億円

●近藤喜文監督作品(宮崎駿は脚本を担当)

 

【第16位】かぐや姫の物語(19作目・2013年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第16位は、2001年公開のかぐや姫の物語です。

概要

●興行収入:24.7億円

●高畑勲監督作品

 

【第17位】ホーホケキョ となりの山田くん(10作目・1999年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第17位は、2001年公開のホーホケキョ となりの山田くんです。

概要

●興行収入:15.6憶円(配給収入7.9億円

●高畑勲監督作品

 

【第18位】風の谷のナウシカ(0作目・1984年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第18位は、2001年公開の風の谷のナウシカです。

概要

興行収入:14.8億円(配給収入7.6億円

●宮崎駿監督作品

正確にはスタジオジブリの作品ではなくトップクラフト制作の映画になります。

 

【第19位】となりのトトロ(2作目・1988年)/ 火垂るの墓(3作目・1988年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第19位は、2001年公開のとなりのトトロ & 火垂るの墓です。

概要

●興行収入:5.9億円

●宮崎駿監督作品

実はトトロと火垂るの墓は同時上映の映画でした。

2作ともかなりボリュームのある映画なので今では驚きですが、当時は2本同時で観るというのは当たり前のことでした。

 

【第20位】天空の城ラピュタ(1作目・1986年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第20位は、2001年公開の天空の城ラピュタです。

概要

●興行収入:5.8億円

●宮崎駿監督作品

【第21位】レッドタートル ある島の物語(21作目・2016年)

 

ジブリ映画興行収入ランキング第21位は、2001年公開のレッドタートル ある島の物語です。

概要

●興行収入:9600万円

●マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督作品(スタジオジブリにとっては初の国外との共同製作による作品)

 

最後に

ジブリ映画興行収入ランキングをお伝えしました。

興行収入ランキング一覧

【第1位】千と千尋の神隠し:304億円

【第2位】ハウルの動く城:196億円

【第3位】もののけ姫:193億円

【第4位】崖の上のポニョ:155億円

【第5位】風立ちぬ:116.1億円

【第6位】借りぐらしのアリエッティ:92.5億円

【第7位】ゲド戦記:76.5億円

【第8位】猫の恩返し:64.6億円

【第9位】紅の豚:47.6億円

【第10位】平成狸合戦ぽんぽこ:44.7億円

【第11位】コクリコ坂から:44.6億円

【第12位】魔女の宅急便:36.5億円

【第13位】思い出のマーニー:35.3億円

【第14位】おもひでぽろぽろ:31.8億円

【第15位】耳をすませば:31.5億円

【第16位】かぐや姫の物語:24.7億円

【第17位】ホーホケキョ となりの山田くん:15.6億円

【第18位】風の谷のナウシカ:14.8億円

【第19位】となりのトトロ & 火垂るの墓:5.9億円

【第20位】天空の城ラピュタ:5.8億円

【第21位】レッドタートル ある島の物語:0.9億円

いかがだったでしょうか。

ジブリ映画、どの作品も面白いですよね。

ジブリ映画を個別で観るならAmazon Primeがおすすめですが、イッキ見するならTSUTAYA DISCASがおすすめです。

TSUTAYA DISCASとは

TSUTAYAのDVD宅配サービス。わざわざ店舗までいかなくてもネット上でレンタルすれば翌々日に自宅のポストに投函されてます。

さらに、いまなら30日間の無料トライアル付きです。

関連記事

【ポケモン映画 / 興行収入ランキング】歴代20作品の動員数・売り上げを徹底比較、1位に輝くのは?

2018.07.15

【コナン映画 / 興行収入ランキング】歴代21作の動員数・売り上げを徹底比較、1位に輝くのは?

2018.03.08

【ジブリ映画 / 興行収入ランキング】歴代ジブリ映画全21作品をマルっと振り返り

2018.03.05

【ドラえもん映画 / 興行収入ランキング】旧ドラ・新ドラ全38作品を徹底比較、ドラえもん好き必見

2018.03.03