1ヶ月でTOEFL iBT59点→88点に上げる方法①

▼投稿をシェアする▼

こんにちは、先輩の期待を裏切って社畜脱出中のきしんです。

TOEFL iBT、受けたことありますか?

私は大学2年生のとき留学を目指して受験しました。

TOEICしか受けたことない人からしたら同じようなものかもしれませんが、

あれほどテストを地獄と思ったことはありません。

特に辛いのがSpeakingですよね。

何度ことばに詰まってよく分からないことを行ったことでしょうか。

もう「I live in Tokyo.」が周囲から聞こえてくると動悸が激しくなりますよ。

そのTOEFL、120点満点で大学での留学の目安は68点、大学院進学は100点と言われています。

私は最初に受けたときほぼ何の対策もして行きませんでした。

そして59点と撃沈

周囲の友人は私より私より英語が苦手だったはずなのにどんどん60点台、70点台を叩き出していきます。

留学センターの職員にも「今からこのスコアを伸ばすのは厳しいですね…」とダメ出しされました。

あれほど悔しいと思ったことはありません。

その後1ヶ月正に昼夜を問わず、24時間TOEFLのために尽くした1ヶ月を送りました。

そのときの生活記録をここに記したいと思います。

勉強法①Reading 長文全文和訳

私の勉強の要となったのが長文和訳でした。

当時私は短期間でしたがトフルゼミナールに通い始めていました。

(◯TOFL、✕TOEFL)

そこのReadingの女先生が魔女のような感じで、英語を自在に操る鬼でした。

その先生の最も特徴的な教授法が、

宿題の長文問題を授業中に生徒に和訳させるというものです。

長文もただの長文ではありません。

アメリカの歴史学やら細胞学やら植物学やらやたら専門的でアカデミックです。

それを訳せというのだからたまったもんじゃありません。

当初の私は詰まりまくりでした。

そんな私を横目に優等生然とした女子高生がサラサラ和訳していきます。

なんだか周りが全員ネイティブに見えたあのとき、

確実に私は教室の底辺でした。

文章も一文が長いので、一目見てまとめて訳すのは先生ですら不可能です。

文章を分節で区切って、少しずつ訳していきます。

「紀元前の人間についての研究をまとめた資料によると、このような説が有力とされています…その説というのは…あることが確実だと言われていて…人間が火を使い始めたのはかなり遅い段階だということです…その事実は永くに渡って否定されていたものにも関わらずです。」

これで一文ですね。

もう同時通訳の気分ですが、

この「日本語的にはキレイな順番ではないけれど、文節のまとまりで少しずつ確実に理解していく」というスキルが絶対にTOEFLには必要です。

これが実はListeningにも大きな効果を発揮するのです。

私はこれを徹底してやりきりました。

もちろん、この一つの考え方でどうこうなるものではなく、はちきれんばかりの単語を覚えながら習得していきました。

当時は長文に出てきた単語でわからない単語は100%全て単語帳アプリに入れてひたすら覚えていました。

この結果、私は発音も超きれいなハーフ系イケメン高校生が手抜き和訳をしている長文を、

魔女から「今のはいい区切り方ですね」とホメられるほどマスターしたのです。

魔女からの栄冠、ハーフに対する勝利

これが私の自身を深めていきました。

ちなみに魔女は日本人でしたが、雰囲気は完全にこんな外見でした

landscape-1456236421-gettyimages-469054206.jpg

魔法使いを本にした人ですね…

続く

コメント

  1. […] TOEFL59点を1ヶ月で88点にする方法、初回は長文全文和訳という勉強法をお伝えしました。 […]

  2. […] TOEFL勉強法①長文全文和訳、②単語帳アプリに続き、第3回は単語帳の穴を埋める秘策をご紹介します。 […]