プログラミングを勉強できるおすすめのサイト~文系大学生がプログラミングを本気で身につける方法~

▼投稿をシェアする▼

どうも、4月からITのシステムの会社に就職しますウィルです。
僕は法学部に所属しているので、大学の授業ではパソコン関係の勉強はしたことがないのですが、自力でAndroidアプリを1つ作ってみたり、こうしてブログサイトを立ち上げてみたり、パソコン関係には弱くはないと自負しています。
Androidアプリにしても、ブログにしても度々プログラミングのスキルが必要な場面があるのですが、苦学生な僕はプログラミングスクールに通える程お金に余裕がないので、どうにか自力で勉強する方法はないかと考えました。
そこで今回は、僕が実践したプログラミングの勉強についてお伝えします。
※自力での勉強はぶっつけ本番なところが大きいので、プログラミングスクールに通って一から勉強したいという方はこちらの記事がオススメです。
また、プログラミングスクールに通うための学生ローンの組み方についてはこちらの記事を参照下さい。

 まず何から勉強すればいいかと言うと、勉強する必要はありません。

ドットインストールというサイトがオススメ

プログラミングの基礎を学ぶには『ドットインストール』というサイトが非常にオススメです。

ホームページ作成の基本となるHTML、CSS、Java Scriptも網羅されていますし、ローカル開発環境の構築の仕方からandroid / iOSアプリの作り方、SQLの使い方までカバーしています。

また、各項目について単元別に短い3分ほどのレッスンになっているのでコツコツ進めることができます。

動画形式で講師の方と仕組みを作ってみるというスタイルなので動画を見終わったときには自分のパソコン上にも同じものができることになります。

習うより慣れろ」のスタンスでスキルをつけることができるのが強みです。

レッスンを見ながら、いきなり何かを作ってみる

プログラミングを身に着けたい時に最も有効な方法は『いきなり何かを作ってみること』です。

かなりぶっつけ本番な気がしますが、なぜいきなり作るのが良いかと言えば『実践が最も成長する』からです。

正直プログラミングというのは全てを理解しようとしたら、非常に奥が深い世界です。

プログラミングの真髄を極めることはかなり難しいことになります。

それは勉強すれば勉強するほどわかってくるのですが「プログラミングは難しいものなんだ。」と思えば思う程、何かを作ってみるというチャレンジ精神はなくなってしまうのかなと思います。

まして、スキルが身に付けば身に付くほど足りない部分も見えてきます。

これがけっこうマイナスな循環のはじまりで、勉強して満足してしまうことにもなりかねないんですよね。

ここまで理解することができたんだからいいだろう。」という気持ちになりかねない。

しかし、大事なのは何か形あるものを作ることだと思うんです。

プロダクトを作ってみないことには、なぜプログラミングを勉強したのか分かりませんから。

そこで、いきなりなにか形に残してみるということをオススメします。

ぶっつけ本番ならミスをすることが当然なので、多少の困難に直面しても自力でなんとかできるような気がします。

それに、何もわからない状態なのでハードルの高いものは作ろうとはしないはずです。

ドットインストールには簡単なアプリの作り方やWEBページの作り方が網羅されているので、これを見ながら実際に自分でも作ってみることをオススメします。

関連記事

Androidアプリを開発する

これからはもう英数国の時代じゃないでしょ?

エンジニアって、どれだけ種類あるの!?

文系大学生が未経験でIT企業に就職するため志望動機。

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。

→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨